paoniacoさんの映画レビュー・感想・評価

paoniaco

paoniaco

映画(230)
ドラマ(5)
  • List view
  • Grid view

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.5

2020-55
メイク、髪型、ファッション、など全てが懐かしい。スプリングスティーンのテープはあの頃誰もが持っていたな。音楽が人生を変える。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

2020-53
見たあとの余韻がいい。SFとしては異色。主人公の内面の物語。

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

2.5

2020-52
エジソンズゲームというほどエジソン中心ではなく、原題通りの内容。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2019/2020 ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」(2019年製作の映画)

3.5

2020-51
金子扶生は代役出演だった。とは思えないほど優雅で素晴らしい。マシュー・ボールもさすがカーテンコールでは、一段と大きな拍手で。

マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

2.5

2020-49
う~ん、原曲を切り刻んでいて。それはそれで意味があるのでしょうが。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

2.7

2020-48
ゲラゲラ笑いながら見るのがよい。大人のおもちゃの使い方が、間違ってますけど。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

2020-47
公開当時劇場で見たけど、何も覚えてなかった。
最後まで気が抜けない展開。途中からネオがのけ反るんだったな~と思い出した。やってくれたときには思わず、やったー。
すぐ続編を見たくなったけ
>>続きを読む

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019「ドン・キホーテ」(2019年製作の映画)

3.5

2020-46
技巧、技術のてんこ盛りバレエ。と思う。高田茜の凄さがわかる‼️配役はバランスだからね。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

2020-45
若草物語の設定を借りた監督の「ストーリーオブマイライフ」だった。と思う。
とすると、今も昔も変わらない部分があるということか。
この邦題はアリ。

ティモシー・シャラメの使い方が相変わ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

2.8

2020-42
2時間20分の長さを感じさせないストーリー。なんか天晴れな女性の話、でいいのか??

予期せぬ出来事(1963年製作の映画)

-

2020-41
エリザベス・テイラーの美しさと衣装を鑑賞する映画。「何もないの」という辺りから、あれー?

心の旅(1991年製作の映画)

3.0

2020-38
ハリソン・フォードは、これとワーキングガールも好き。インディアナ・ジョーンズや、ジャック・ライアンもよいが。
アネット・ベニングの衣装もよい。コスチュームを見る映画でもある。

ハスラー2(1986年製作の映画)

2.8

2020-37
スコアはポール・ニューマンに。
オスカーとったしね。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.0

2020-35
これでもか、とオスカー女優を配置して、ジョンFドノヴァンとは?を見せていく。
キット・ハリントンはよく引き算ができている。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.0

2020-34
午前十時の映画祭10にて。
全部回収してくれて、楽しく終了した。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.0

2020-32
午前十時の映画祭10にて。
高校生が似合いすぎのマイケル・J・フォックスを、毎週映画館で見れる幸せ。
連続ドラマを見ているようだが、当時は次作を4年も待ったなんて。

スキャンダル(2019年製作の映画)

2.9

2020-29
見る人の年代や立場によって投影できる人物を揃えている。それだけ幅広いということだが。2016年の出来事を今製作する勇気と意義は大きい。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

2020-28
午前十時の映画祭10にて。
すべてが懐かしい、しかし、古びてない。マイケル・J・フォックス‼️

ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

2.8

2020-27
劇場公演ではなく、ロケで収録したもの。より物語感が出てよかった。
ティボルト:マシュー・ボール

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.0

2020-26
ヘレン・ミレンとイアン・マッケランの演技合戦が凄い。ストーリーもオチも好き。
2人がデートで見た映画が「イングロリアス・バスターズ」。わざわざ題名を字幕でつけるかな~と思ってたら。

母との約束、250通の手紙(2017年製作の映画)

2.9

2020-25
孟母と、それに応えるように必死に生きた息子の話し。
移民であり、ユダヤ人のため、課せられたものは大きかったのだろう。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

2.5

2020-21
豪華メンバーによる、クリスティー風王道ミステリー。トリックを見せるというよりは、豪華共演でストーリーをまわす感じ。こういう系は、スジを知った上で見るのが楽しむコツなんだろうな。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

2.7

2020-20
お互いの中では判決が出る前に決着が着いていた。

>|