クリスさんの映画レビュー・感想・評価

クリス

クリス

映画(414)
ドラマ(0)

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.3

イラク戦争を食い止めようと政府の極秘資料をリークした勇敢な翻訳家の実話だがやっぱり会社の守秘義務を破るってのは、いささか嫌悪感が有るかな~

政府が嘘付いて会見したりするので国の為、市民の為の行動とい
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.0

日米双方からの視点で描くミッドウェイ海戦なはずなのになんとも中途半端な出来⤵️

米軍は、真珠湾攻撃で被害者のように描かれて仇討ちに燃えるというまるでヒーローのような空軍パイロットがいて
日本軍は、日
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.0

話の筋立てや恐怖演出は、まあまあ良かった……
3件目の物件までは❗

実際に事故物件に住んでる芸人をネタにした映画なので雰囲気で恐怖を煽るのは見事だけど瀬戸扮する相方の描写がイマイチなげやりな印象があ
>>続きを読む

モルグ 死霊病棟(2019年製作の映画)

2.8

死体安置所を上手く利用した恐怖演出と81分というタイトな尺でなかなか良かったが主人公のキャラクターがクズなのがちょっとな……

轢き逃げしてそのまま夜間警備に就くとか(後々この部分が肝になるが❗)何か
>>続きを読む

ドリームガールズ ディレクターズカット版(2006年製作の映画)

3.8

ようやく観れたディレクターズカット版❗
印象としては、あまり変わらないかなと思うけど曲の鮮度は全く落ちなかった🎵

野心家の自動車販売屋のカーティスによって素人シンガーだったザ・ドリームスがどんどん輝
>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

3.8

華々しくデビューした欅坂46が如何にして崩壊していったかを赤裸々に写しているまさにドキュメントだった‼️

お披露目会でスピーチに緊張してるてちがまだ健気だったりそんな様子を見て励まし合うずーみんや談
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.1

オーソドックスな作りだったかなー。

映画監督が撮影中に不可思議な出来事に遭遇しその発端が幼少期に有るという展開が生々しく雰囲気も悪く無い❗

貞子の原型と言われる幽霊がぼやけて現れてサイレント高笑い
>>続きを読む

学校の怪談(1995年製作の映画)

2.9

再鑑賞。
当時、なかなかのヒットを記録してたのは覚えてるけどやはり子供向けにしてるから全く怖くない❗

旧校舎の七不思議のルーツとか全く描かずやたらと侵入した子供たちをビビらすだけなので尺が進むにつれ
>>続きを読む

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

3.3

暴力的な刑事コンビと貧しいが為に犯罪グループのパシリになってる黒人コンビを対称的に金塊強盗の争奪戦をかなり脱線しながら描いてたかな✨

ダラダラと会話劇が中心でそこの内容もつまらなくは無いけどやはり長
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.4

イップ・マン 継承でのチョン・ティンチ役で存在感を発揮した次世代カンフースター、マックス・チャン主演の本作。

ストーリーは、実にオーソドックスで息子を守り義理人情に熱いチョンを軸にした展開だけど……
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.7

平成の始まりから終わりまでの漣と葵の純愛叙事詩がかなり観やすかった✨
2人とも相思相愛で互いを想いやって離れたりまた出会い惹かれ合いを繰り返すだけでなくそれぞれ栄光と挫折も描いてるストーリーは、なかな
>>続きを読む

3年目のデビュー(2020年製作の映画)

3.6

今の日向坂の軌跡を分かりやすくまとめられてたとは思う。
欅の二軍的ポジションから改名し自分の色でグループを盛り上げ向上した結果が結び付いてるのだろうし。

映像で伝わるのは、ねるがけやき坂の事を凄く大
>>続きを読む

導火線 FLASH POINT(2007年製作の映画)

3.8

まさに格闘アクション大作‼️
ストーリーは二の次、三の次でとにかくアクションシーンがスゴすぎる🎵

話の主軸は、ルイスの方で潜入捜査パートがインファのような緊張感だけど早々にバレて相棒の暴力刑事が奮闘
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

2.2

予告から感じていた通りのダサい展開の連続……
SWORD地区の縄張り争いにヤクザが絡んで来て~という分かりやすい構図では、有るけどキャストが多すぎて各キャラが誰1人として感情移入しづらい❗

とにかく
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.6

ホームレスの現実的な問題と公共図書館の素晴らしさを描いてる佳作だと思う。

スチュワートが何故、デモに加わってるのかをちゃんと理由が有ったり、刑事の息子を見つける辺りもリアルな感じだし
状況が全く不明
>>続きを読む

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

3.1

原作未見、要はダイビングサークルによるパワハラ&アルハラでまさに犯罪なストーリー❗

主役2人が強制的にダイビングのライセンスを習得させられて海の素晴らしさを感じ始める展開かと思いきや逃げ出す為の試練
>>続きを読む

スケバン刑事(1987年製作の映画)

3.4

第2TVシリーズの劇場版にしてナンノちゃんによる最後の麻宮サキ。

ビバ🎵80年代な景気や展開や映画ならではのスケールアップを図ろうとしてる印象が良い❗

少年兵の育成を企てる組織のボスがまんまターミ
>>続きを読む

ザ・ビースト(2020年製作の映画)

2.5

ニコケイ×猛獣×犯罪者×密閉型貨物船となかなかB好みな展開が揃ってるんだけど詰め込み過ぎて中途半端だった……

利益主義者、ニコケイのキャラクターは良い感じだけどメタボっ腹は役作りなのか?
ヒロインの
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

3.2

隕石から放たれる色が一家を肉体的にも精神的にも襲って来る話で80年代に量産されたSFホラーテイスト満載。

ガードナー家は、クセが有るキャラクターになってるらしく父親はアルパカ、母親は、仕事の鬼、長女
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版(2018年製作の映画)

3.5

ナチスに捕まってしまった有能なソ連兵の収容所から脱出するまでの話を戦車を利用している快作だったが流石に3時間は、長いかな。

最強ディレクターズカットって謳ってるから戦車同士のバトルが増えてる訳では無
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.3

女性初の大統領候補と無職になった記者の身分違いの恋愛をちょっとシリアスたつ下ネタで笑わせる快作ではある。

C・セロンの美貌が底知らずで魅力的だしS・ローゲンのイモい記者が振り回される件は、楽しいけど
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.7

改めて鑑賞。
やっぱり傑作中の傑作🎵人間界と自然界の共存の難しさを鋭く描き、なおかつ随所にあるアクションシーンのスピーディーな事と言ったら❗

アシタカを中立キャラにしてサン達もののけの立場、エボシ達
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.4

ドラマ版の延長意識で見たので、それなりに楽しいけど明久VS.北根壊の展開なので主役の三橋・伊藤が蚊帳の外になってしまってるのが不満かな~

確かに原作で人気エピソードらしく明久の'あの'二人は、なかな
>>続きを読む

CAT'S EYE キャッツ・アイ(1997年製作の映画)

2.3

恐らく主演3人にとって完全に黒歴史であろう……

冒頭のキャッツによる盗品暗躍シーンでこの映画の見せ場が終わってしまうし、泥棒目的も中盤で普通に明らかにしてしまう✨

なによりキャッツアイのコスチュー
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.4

前半の見えない恐怖感がなかなか重い雰囲気、ストーリーも捻りが有って良かったけど、設定がご都合主義かな?

セシリアをストーキングする犯人が光学研究者だったり匿ってくれてる友人が刑事とかちょっと出来すぎ
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場 エクステンデッド・カット(2008年製作の映画)

3.6

再編集による最後の戦場は、ランボーが牧師会のメンバーをミャンマーに連れていく理由がより明確にされていた印象。

劇場版でもサラの説得で渋々だったが、このエクステンデッド版でサラのカレン族を救いたいとい
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

3.3

平凡なウエイトレスのルイーズと横暴な夫に不満を持つテルマが気晴らしに旅をしながら友情を深めて行く様は、良かったけど
すぐ男に騙されてしまうテルマにイライラするし過去にテキサスでトラブルに巻き込まれたと
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.4

ドニー版の完結編、シリーズ集大成になるけどイップ・マン自体が老境に入ってる為か前作までの勢いやカタルシスが不足してたように思う。

息子の留学の為に現地で下見に来て欧米人の差別を目の当たりにし中華協会
>>続きを読む

オルゴール(1989年製作の映画)

3.2

とんぼの世界観を継承しているノワールドラマなんだが……
長渕剛による長渕剛のための映画だったかなー

ヤクザながら人情味溢れ、実の子供の為に身を引いて母親に育児を任せてたらその母親がゆきずりの男とイチ
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.8

97年、夏公開のTVシリーズ完結編。
流石の劇場用スケールアップだけどより難解にもなってる✨

初号機を利用してサードインパクトを起こそうと企むゼーレ、それを阻止すべく武力防衛するネルフ❗如何せん前半
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.1

この手の海洋スリラーにハズレは、無いんだが……
ちょっとイマイチだったかなー

深海に潜る為のゲージが如何にもボロいし乗員達もなんかテキトー過ぎる。
まあ深海の恐怖感や息苦しさは、十分伝わるしサメに襲
>>続きを読む

アサシン(1993年製作の映画)

3.3

ニキータのハリウッドリメイク版でほぼほぼオリジナル通りのストーリー展開だった。

オリジナル版のアンヌ・パリローは、強さとか弱き少女のバランスが絶妙だったがブリジットは、序盤のヤク中状態から可愛らしさ
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.6

ソニックと二本立て。

あまり良い評価を獲ていない本作だけど
個人的には、そこまで悪くなかった❗
確かにランボー=戦場マッスルアクション大作ってイメージが先行してしまうし✨
観客が求めてるランボーでは
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.7

ゲーム未体験の人でも十分楽しめる娯楽作だろう🎵
まずソニックがどういうキャラクターなのか序盤で分かりやすく描いてたし相棒となるティムもただの警察官ってだけでなく実直な男として扱うのも好印象❗

Dr.
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.4

スタローン渾身の山岳アクション大作でスケールとか申し分無い、テンポもなかなかスピーディーなんだか………
初見の頃からそこまで面白いとも思わないのが時を経ても変わらなかったかな~

敏腕山岳レスキュー隊
>>続きを読む

スプリガン(1998年製作の映画)

3.3

公開時、大々的なプロモーションしてたのを思い出す😃💡
原作でも人気らしいノアの方舟編を映像化していてなかなかスピーディーな展開だったが

アクションシーンがイマイチ凄くないのと御神苗の過去をクライマッ
>>続きを読む

>|