ゆるねばさんの映画レビュー・感想・評価

ゆるねば

ゆるねば

映画(64)
ドラマ(0)
  • 64Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ファイティン!(2018年製作の映画)

3.5

TBSラジオ「たまむすび」内のコーナー「アメリカ流れ者」で映画評論家の町山智浩さんが紹介さていた作品。

新感染ファイナルエクスプレスでの好演が心に残る我らがヒョン(兄貴)マ・ドンソクの主演作!

>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.2

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」で宇多丸さんが絶賛していた「アメリカン・スリープオーバー」をやっとDVDで鑑賞。

「イット・フォローズ」監督の長編デビュー作ということで期
>>続きを読む

緊急検証!THE MOVIE(2019年製作の映画)

5.0

10連休のGW最終日に鑑賞。オカルトをオワコンにしないという気概のもとにオカルト三銃士がネッシー、ノストラダムス、ユリゲラーに挑む!馬鹿馬鹿しいと思いつつも本気の熱量に胸熱!自分の興味がないものを貶す>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.0

子供の頃 周りから伝わる情報が恐ろしすぎて鑑賞できなかった作品。Amazonプライムにあったので勇気を出して観て見たところ…そんなにグロくないのに拍子抜け。

しかし物語の不条理さや不気味さは現代でも
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

宗教観が色濃い作品かな。悪魔云々で考えると面白くないかも。しかし家族間の毒親的な話と考えると面白く感じてくる。親の希望で本人が望まない道を無理やり歩ませようとする話だと考えれば少しは楽しめるかも?でも>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

これは男にとってトラウマ恋愛映画だ!主人公の興梠がとっている行動が一つも当てはまらない男は99%いないのではないだろうか?クライマックスであかりが言うセリフは男性と女性の考え方の違いを端的に表している>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

4.0

#ランボー最後の戦場 鑑賞終了!実は自分にとって初めてのランボー映画だったりする。世界には理不尽な暴力にあふれている。ランボーが劇中「この平和ボケが!」と叱責するシーンがあるが、正に自分が言われている>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

4.0

#メル・ギブソン が自由奔放な娘に悩まされる父親役を熱演!しかも、そうなってしまった原因は自分自身にありという正に現実かという設定。おススメ!

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.5

やはりジェイソン・ステイサムの持つ画力は最高!

前作「#メカニック」の続編だけれども、主人公に関する設定だけ(というか能力)引き継いで全くの別作品といってもいいかも。

前作の感じだと思って鑑賞する
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

#帰ってきたヒトラー 鑑賞終了。最近の日本の状況を見ていると映画で語られている事が遠い異国の出来事でなく、今まさに日本で起きている事とシンクロしている事に恐怖を感じる。劇中で主人公のガールフレンドの祖>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

#コードギアス反逆のルルーシュⅢ皇道 鑑賞終了!理想は同じなのに方法論の違いで対立してしまうのは現実社会でも同じ。だから対話や相手意識を持つことが大事なんだと感じた。ルルーシュの願いが自分の事から最終>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

4.0

#コードギアス反逆のルルーシュⅡ叛道 #Amazonプライムで鑑賞終了。総集編なので端折ってる場所が多くて「どうしてそうなった?」と感じる展開も多々あったが、それは本編を観てみようと言う動機付けになっ>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

4.5

#コードギアス反逆のルルーシュ Ⅰ 興道が #Amazonプライム で解禁されたというので鑑賞。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」で宇垣アナが激推ししていたのも納得の内容。作品内が支配者とされる>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「人間らしさとは何か?」「親子とは何か?」と言った作品は近年、世界中で作られている気がする。「当たり前と思っていたものが果たしてそうなのか?」これを意識して生きて行かねばならないのではないだろうか。し>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミスターガラスの予習として鑑賞。自分自身の存在価値を探し続けた男の苦悩が垣間見えるラストが印象に残る。握手の後の展開が字幕でパッと説明されて終わっちゃうところもシャマランっぽくて好印象。さて、スプリッ>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.5

(500日)のサマー以来 マーク ウェッブの作品は追いかけているので鑑賞。最初に思っていたのとはかなり違う感じの作品だったけれど最後まで楽しく鑑賞させてもらった。自分の両親の事って知っているようでいて>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.5

原作が叙述トリックを駆使して読者を驚かせた作品だったので映画化は不可能なんじゃないかなあと思っていました。

それをあんな方法でクリアするとは!
これなら見事に騙されますね。
映画的方法なので。

>>続きを読む

ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~(2013年製作の映画)

3.0

存在は知っていたんだけれどもなんとなく敬遠していた作品

最近、自分がハマっているフジテレビ系列のザ・ノンフィクションを増補改変した作品という事で慌てて鑑賞。

ラーメン道を描くというよりは大勝軒のマ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

1.0

予告編とジャケットの色鮮やかさと評判の良さを聞いて鑑賞。

しかも最近 映画界で世界の潮流となっている「家族とは何か」を問う作品

しかし鑑賞して後悔しました…
全く感情移入できないし、乗れない…
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

これも最近世界の潮流となっている「家族とは何か」を問いかけてくる作品。

ブリグズビーの完結編を作ることで今までの自分を肯定するとともに、それを肯定した上で新たな世界への旅立ちに成っているのが素晴らし
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.8

ここ最近、世界各国の作品で「家族とは何か?」を問うものが多いように感じる。

子供が生まれたから親になるわけでもないし、血縁があるからといって親になるわけではない。

はたまた全くの他人同士でも家族(
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

オープニングからエンディングまで飽きることの無い作品。

「鈍器で人を殺す作品に駄作なし」はこの作品でもやはり当てはまっていました。

タイトルが「悪女」なので主人公が本当にゲスい女なのかと思ったら全
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.5

完全にナメててごめんなさいな作品!

違うスクールカースト(フラタニティ)に所属する高校生達が罰として校舎の地下室の清掃を命じられたことから話しが展開するあたりはブレックファーストクラブを思い起こして
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

いやぁいい意味で裏切られた。

ホラー?

サスペンス?

いや!コメディでしょ。

終盤の展開は正直 ドリフを思い出した。
Blu-rayに収録されていた別のエンディングだと救いがなくサスペンスとも
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

5.0

現時点で今年鑑賞した作品の中でベスト!

登場人物は最低な奴しか出てこない。
しかしその最低さが最高!

ここまで登場人物に共感できないのも気持ちがいいです。

「酷い!最低!」なんて思ったりしながら
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

久々に映画のCMや予告編の罪について思い知った作品。

CMで映画のあらすじというかネタバレしちゃってますよね。

そのせいで予想以上でも予想以下でもない、「鑑賞した意味はあるのか?」と思ってしまいま
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

2.0

評判がすごく良かったので鑑賞した1本

自分は実録犯罪物は大好物で、近年は「冷たい熱帯魚」から「日本で1番悪い奴ら」など傑作が多かったので期待しておりました。

しかし…

テイストが合わなかったので
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.5

最高!王の中の王たるバーフバリが自分の出自を認識するまでの話なのだが、続編へに繋ぐ展開が「ええぇ!」という感じで最高!

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

鑑賞前とイメージといい意味で違う作品だった!一言で言うならば「韓国版そして父になる」

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

「自分の人生は自分で決める」この事は誰にとっても普遍的なテーマ。全体的に抑えたトーンで展開されるので、鑑賞後にボディブロウのようにジワジワ効いてくる。こういう風に観客に語りかけてくるのは監督の技量なの>>続きを読む

>|