夢野猫さんの映画レビュー・感想・評価

夢野猫

夢野猫

映画(1081)
ドラマ(3)

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

5.0

エログロスプラッタゾンビネタホラーが跳梁跋扈する昨今、正統派ゴシックホラーを現代的なアレンジで仕上げた秀作。

アレやコレや、名作ホラーのオマージュが散りばめられている感じもありますよね。『シャイニン
>>続きを読む

愛の嵐(1973年製作の映画)

2.5

元SSの過去を隠しホテルで深夜勤務のポーターとして働く男。
ある夜、ユダヤ人収容所で弄んだ少女が、アメリカ人指揮者の妻となって現れて……

変態的な純愛物語?

ナチ絡みの作品ですが、内容はエロでもグ
>>続きを読む

ストライクウィッチーズ 劇場版(2012年製作の映画)

4.0

TVアニメシリーズ第2期の続編になる映画。
その為、TVシリーズを観ていないと愉しめない部分が多々有る。
更にTVシリーズ第2期と、この映画を繋げるOVAも有るので……(笑)

はなればなれに(2012年製作の映画)

3.0

パン職人を夢見る少女。恋人と喧嘩したカメラマン。チャラい劇作家。偶然巡り会った三人が海辺の廃ホテルで過ごす数日間の物語。

劇奏を極力廃止、セリフもあまり無く、淡々とした感じで綴られる不思議な話し。
>>続きを読む

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

2.0

長崎五島列島に流れ着いた訳あり男。弁当屋で働く顔に痣の有る女と無理矢理関係を持ち。やがて所持金が無くなって強盗でもするのかと思ったら、犯した女に助けられ………

“愛”とは何か。“性”とは何か。“生”
>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

2.5

『超高速参勤交代』や『引越し大名』の土橋氏が原作なので、コミカルな作品になるはずだったのが、監督の選択を間違えて豪華キャストを揃えた中途半端な凡作になってしまった感じの映画(笑)

日本のマラソンの発
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

2.5

スズキによるスズキのためのスズキの映画。

妻に浮気された旦那が復讐の為、自分も浮気する。等となればごく普通の話しだが、そこをひと捻りして財産分与で取られる1000万を使ってしまう為に、風俗にはしるコ
>>続きを読む

こどもしょくどう(2017年製作の映画)

4.0

施設や組織としての「子供食堂」を舞台にした作品では無く、普通の大衆食堂を営む家の子供を中心にして描かれる、子供達の物語。

大人達の行動が殆ど描かれ無いのはわざとなのでしょうね。
その分、子供達の演技
>>続きを読む

八月の濡れた砂(1971年製作の映画)

3.5

日活青春映画の終末期作品。
この後日活は主路線をロマンポルノにシフトして行く。

若者達のモヤモヤとした行き場の無いリピドーを、性と暴力で描いた群像劇。
と言う解釈で良いのかなぁ、よく判らん(笑)
>>続きを読む

海底軍艦(1963年製作の映画)

5.0

初代轟天。デザインがシンプルで格好良いですよね。

何故○○技師を誘拐するのか。何故地上征服を目指すのか等、ストーリーがかなり端折られている感じがします。
是非、そこら辺りを盛込んでリメイクして欲しい
>>続きを読む

きばいやんせ!私(2019年製作の映画)

2.0

いわゆる町おこし村おこしを狙った地方創生映画。

継承者の高齢化や若者層の減少に依る人手不足によって、廃れ行く伝統有る祭を昔ながらの形に戻そうとする、この手の作品によく有る話しに、不倫騒動で閑職に追い
>>続きを読む

宇宙戦争(1953年製作の映画)

4.0

侵略SF小説の古典、H.G.ウェルズの『宇宙戦争』の映画化作品。

原作ではイギリスが舞台だったのをアメリカに。時代設定も第二次世界大戦後に変えています。更に、襲って来るのが「3本足の給水タンク」から
>>続きを読む

宇宙で1番ワガママな星(2010年製作の映画)

3.0

吉本興業が映画産業に手を出した初期の作品だったと思う。

脚本も役者も演出も、総て悪くは無い感じだが、何故か評判は悪い(笑)

低予算B級作品としては良く出来ていると思うのだが……。

惑星ミズサ(2014年製作の映画)

3.0

地球を救う風俗嬢。

SFと言われればSFなのかも知れない(笑)青春ドラマ。

アレやコレやは暗喩表現なんでしょうね。

惑星「犬」。(2003年製作の映画)

3.0

ファミリー向けSFコメディ。

“犬”が実は地球征服に来た異星人の子孫で、新たに現地調査にやって来た異星犬と少年が巻き起こす物語。

邦題が邦題だけにお馬鹿系C級作品かと思いきや、意外とまともな映画で
>>続きを読む

ブラザー・フロム・アナザー・プラネット(1984年製作の映画)

2.5

人種差別を風刺しているのかな?

字幕で観たのだが、何故か字幕が付いているのが英語での会話のみで、他の言語には付いていなかった(笑)

アナザー プラネット(2011年製作の映画)

3.0

地球と同じ環境の惑星が見つかった夜。飲酒運転で事故を起こし人を死なせてしまった女子高生。
4年の刑期を終え、社会的には罪を償ったが、本人はそんな気になれず………

一種のパラレルSFを取り入れた、贖罪
>>続きを読む

惑星大戦争(1977年製作の映画)

2.0

時は1977年、劇場版の「宇宙戦艦ヤマト」が一大ブームを引き起こし、米国では「スター・ウォーズ」が公開された頃。
某映画会社が「スター・ウォーズ」の日本公開に先駆けて突貫で制作したSF作品。

当時の
>>続きを読む

ラスト・デイズ・オン・マーズ(2013年製作の映画)

3.0

6ヶ月間の火星資源調査任務最終日。さしたる成果も無く、閉鎖環境で人間関係も悪化してきた滞在最終日。一人の科学者が採掘した土壌から見つけたのは………

ゾンビ系のパニックSF作品。
展開に盛り上がりが感
>>続きを読む

ガルム・ウォーズ(2014年製作の映画)

3.0

実写作品は何かと酷評される押井守監督の、実写SFファンタジー映画。

あらすじで何やら哲学的な事が書かれていますが、そこ迄難しく考えずに気楽に観れば良いと想いますよ(笑)

アニメの『攻殻機動隊』に似
>>続きを読む

ANIARA アニアーラ(2018年製作の映画)

3.5

『2001年宇宙の旅』や『惑星ソラリス』の様な、非エンタメ系のハードSF作品。

度重なる自然災害や環境破壊によって、人類の居住に適さなくなった地球から、火星に移住しようとする人々を乗せて都市型宇宙船
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

2.5

ベッソン監督のお遊びにどれだけついていけるかで評価が大きく変わる作品。

正直、遊びに時間を裂き過ぎて肝心の本筋が見え難くなっている感じがする。

ダーク・スター(1974年製作の映画)

2.5

カーペンター監督のデビュー作で自主制作作品。
低予算で「今出来る事をやりたいだけやりました」感に溢れているカルトSFコメディ映画。

宇宙の何処かを航行する宇宙船ダークスター号。目的は将来的に植民出来
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

国際宇宙ステーションを舞台にしたパニック映画。

『アンドロメダ』に『エイリアン』をプラスした感じのストーリーで、エイリアンの設定や展開に若干疑問点が有るが、全体的にかなりリアルに画かれている。

ひそひそ星(2015年製作の映画)

3.5

エロバイオレンスのイメージが強い園子温に依る、哲学的な文芸SF作品?

6畳1間のボロアパートの様な宇宙船で、絶滅危惧種の人類に荷物を届けるアンドロイド……
松本零士の漫画に「大宇宙の大四畳半物語」と
>>続きを読む

OSIRIS オシリス(2016年製作の映画)

2.5

TVドラマの総集編かプロモーションビデオの様な感じがする作品。

ストーリーは悪くは無いし、CGもそれなりだし、何より女の子が可愛い💞(そこか〜(笑))

可動翼戦闘機のドッグファイトは発想として面白
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スペース(2013年製作の映画)

1.0

C級にもとどかないD級の、お金の無駄遣い作品。

夏休みに羽目を外した大学生達が酷い目にあうホラー映画の定番ストーリーをSFに仕立て上げた(つもり)の映画。

おそらく、一番金をかけたのは兵士のアーマ
>>続きを読む

宇宙空母ギャラクティカ(1978年製作の映画)

2.5

海外TVドラマの映画版。

『宇宙家族ロビンソン』『巨人の惑星』『ムーンベースアルファ』『宇宙船レッドドワーフ』そして『宇宙大作戦(スター・トレック)』……昔はそんな宇宙物の海外ドラマが放映されていた
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

「SW」と「ST」を中国製ミキサーにかけてリュック・ベッソンで仕上げた、SFアクションアドベンチャー作品(笑)

制作費が高額なのか映像は凄いが、ストーリーが単純で長さの割に展開を端折っている感じがあ
>>続きを読む

魔法少女リリカルなのは Detonation(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初「Movie 3rd Reflection」製作が決まった段階では、完全オリジナルストーリーで2ndとTVの「ストライカーズ」を繋ぐ話しになる予定だったと思うが、何処でどう転んだのか結局出来上がっ>>続きを読む

魔法少女リリカルなのは Reflection(2017年製作の映画)

4.0

製作される度に上映時間が長くなる「リリカルなのは劇場版」の3作目。
今回は逆に2時間に届かない長さになった。……と思ったら、後編(Detonation)に続く(笑)

なのでレビューは纏めて「Deto
>>続きを読む

キャプテンハーロック(2013年製作の映画)

3.5

『999』から始まった怒涛のアニメ50作祭(笑)
〆は『999』と同じ松本零士原作の『キャプテンハーロック』

監督は「アップルシード」シリーズやアニメ版の「スターシップ・トゥルーパー」で海外受けの高
>>続きを読む

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

2.5

米国のTVアニメシリーズの劇場版。
絵は幼児向けながら内容は過激な下ネタや差別用語が満載で15-R指定。

「サウスパーク」だから吹替えは関西弁です。………嘘です。多分、標準語で吹替えすると、流石に駄
>>続きを読む

アシュラ(2012年製作の映画)

2.0

先頃他界されたジョージ秋山氏のコミックが原作。
連載されたのが少年誌だったので、内容が内容だけに物議を醸した作品。
それを半世紀近く経ての映像化。

原作自体が難解な所が有るので映画の評価も高低バラバ
>>続きを読む

ルー=ガルー(2010年製作の映画)

2.5

京極夏彦の原作をProductionI.G.でBloodシリーズ等の脚本を書いている藤咲氏が監督した近未来ミステリーアニメ作品。

原作は未読だが、どうせ京極夏彦作品だからきっと無駄に分厚いんだろうな
>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

4.0

ストップモーションアニメ作品。

業界では名を知られている主人公が、高校時代?を過ごした街から講演を依頼されて、数十年ぶりに訪れた故郷での一夜の出来事。

物語としては実写映画でも良い展開なのだが、何
>>続きを読む

>|