Anmaさんの映画レビュー・感想・評価

Anma

Anma

B級スレスレコメディー好きです。邦画あまり見ません。

映画(167)
ドラマ(3)

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.0

クロエモレッツが若い!それよりもサシャバロンコーエンでてるなんて驚かされた。

ブライト(2017年製作の映画)

2.7

敵キャラに魅力がなかったから面白くなかったのかも。

ロッキー(1976年製作の映画)

4.5

有名な作品なので結末を知っているから面白くないかなと思っていたが、全体のストーリー構成もよくて中判だれず後半一気に盛り上げる模範的な映画。ちなみに日本語吹き替えで見ないことをお勧めする。この映画をきっ>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.2

過去作がいまいちだった一方で、ファーストジェネレイションはとてもよかった。その設定をうまく利用し二つのxmenがうまく混ざっていた。xmen映画の傑作かなと。この映画でこれまであまりピックアップされな>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.7

菅田将暉のオーバーな演技がちょっとイラついてしまった。終わり方もこんなもんかと。見ても見なくてもどっちでも良い感じ。

リアル・スティール(2011年製作の映画)

4.2

ヒュージャックマンの演技が素晴らしく、彼はすごい俳優だと再認識した。終盤の盛り上げ方もよくて全く飽きない良い作品。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

ヒュージャックマンのローガンの集大成。今までにないダークでシリアスなタッチで描かれていて、初期のxmenからは想像できないくらいの傑作。敵にあまり魅力はないがローガンと少女を目立たせるには十分で、スト>>続きを読む

宇宙兄弟(2012年製作の映画)

2.7

予告編はワクワクさせてくれるいいものだったのに、本編見るとちょっと残念。まぁ漫画見たほうが圧倒的にマシ。

少林サッカー(2001年製作の映画)

4.0

子供の頃何度も見た作品。チャウシンチーのこういう映画は好きなのに、なんでその路線でもっと作らなかったんだろ。

西遊記(2007年製作の映画)

3.1

香取慎吾の西遊記は子供だった自分にとってとても思い出深い作品だった。ドラマの完成度も高く、キャラの個性が大好きだった。一方で映画はなんだかいまいちしっくりこなかった。

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

4.1

三谷幸喜を知った作品で、この映画が彼の中で1番好き。日本のコメディ映画の中でも面白い方で見て損はしない。ちなみに自分が初めて買ったDVDはこれでした。

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.2

設定が面白く、俳優の演技もすばらしいためおもしろかった。ネトフリ制作の映画特有のポップなタッチがよく合っている。

ロラックスおじさんの秘密の種(2012年製作の映画)

3.0

この映画の公開前にカートゥンネットワークでリメイク前のアニメが放送されていてとても考えさせられる内容だった。あの重いトーンと作画がよかったのになと。

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

2.5

明るいファンタジー作品と思わせてなんだか重たい作品だった。子供向けに見えるが大人が見ても面白い作品。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.8

ふとBSでやっていたから見て、暇つぶし以上の価値があった。こういう古い映画は自らレンタルなどはしにくいが、古き良き名作はやはり名作だなと思わされました。この映画はジーンケリーよりもデビーレイノルズが輝>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.4

冒頭が結構グロい。主人公は女の人なのに、なんか途中から変わっちゃった気がする。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ストーリーは大したことないんだけど、音楽がよくて広い年代で楽しめる。見終わった後もすっきりしててストレスがない

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.2

ストーリー自体はそんなに面白くはないけど、カラフルな服装やリズミカルな音楽で見てて楽しい。

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

ウィルスミスが主演じゃないの?ってなっるくらいウィルスミスだった。彼がこの作品を良くした。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

終始ハラハラさせる演出がよかった。けど、結局シャイニングを使う場面もあまりなく、行間を読ませるような説明不足と内容不足が見られた。

サウスポー(2015年製作の映画)

3.7

一見ロッキーの二番煎じかなと思ってしまうがそうではない。最愛の人を亡くして変わってしまった主人公と娘の心境の変化に心が打たれる。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.5

ジェイクギレンホールを知るきっかけになった作品。報道の過激化の問題をテーマにしている。報道側にモラルがなくなったときこうなるんだろうなと。

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

4.0

テロにより両足を失った主人公の心境の変化をうまく表現したジェイクギレンホールはさすが。彼が演じるだけで作品の質が高いものになる。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.4

これまであまり有名な作品のないルッソ兄弟が覚醒した作品。この作品でMCUにはルッソ兄弟が必要不可欠だなと。超能力だよりだったマーベルではあまり見られない肉弾戦はかっこいい。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

序盤からワクワクさせる演出で、劇場で見た時には興奮してたまらなかった。ルッソ兄弟の采配は素晴らしく、キャラの出し方にも無駄がない。印象的なシーンはこれまで無敵だったハルクがサノスに序盤こてんぱんにされ>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

この映画が公開されるまでMCU作品にはコミカルなものがありませんでした。しかし、この映画はそんな真面目なイメージから抜け出し、ポップで楽しい作品。SF作品ではストーリーが薄くなりがちなのですが、これは>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

設定負けしない良いストーリーと主人公のキャラクターに惹かれます。記憶がなくなってしまうっていうことがどれほど恐ろしいことかと。

フリッパー(1996年製作の映画)

2.5

なんか家にあったから見た。イルカかわいいね。

ブラック・ハッカー(2014年製作の映画)

2.5

序盤よかったけど。ストーリーがきちんとしてたらよかったのに。設定負けしてしまった作品。