ysakさんの映画レビュー・感想・評価

ysak

ysak

東京。メモです、メモ。

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.7

アーティスト自身にそこまで思い入れなかったし、分かりやすく「物語」に寄ったドキュメンタリーだけど、悲しい話だ。家族や友人がハンディで撮影した映像多いのが時代だな、と。

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.4

タイトル苦手で敬遠してたけど、良くも悪くもコントぽい手法の作家さんなんだろな。エンディングがムーンライダースで、なんか妙な納得感あった。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.7

ドラマ版チラ見し、興味を持ち。なんか好感度高いです。

ぼんとリンちゃん(2014年製作の映画)

2.1

んー。BLとかに寄せないと描けない内容じゃないと思う。自分には、時代や商業の要請というより媚びに見えました。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.3

フィリピンのスラム街が舞台。フォトジェニックだけど、個人的にはお話がシンプル過ぎる。どういう経緯での合作なんだろうか。

セールスマン(2016年製作の映画)

3.8

ファルハディ作。劇中劇が持つニュアンスを理解できてない気がする。それでも充分に巧さは伝わるし、面白い。イランでは今も「文学」が機能しているんだなと。

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

木下恵介の傑作「喜びも悲しみも幾歳月」をどうしても思い出す設定。D.シアンフランス戦略変えたのか、これまでのような歪さやチャレンジを抑えてるのは少し残念。

1984(1984年製作の映画)

3.4

言わずと知れたディストピア小説の古典の映像化。発掘良品で。クオリティ高いけど、とにかく陰鬱。ビッグブラザー。。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

ミュージカルと言われると違う気もする。気軽で面白いけど、そこまではハマらず。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.6

親父が想像以上にうぜぇ。。笑。構成とかもかなり歪だと思うんだけど、企画の勝利。

帝一の國(2017年製作の映画)

2.3

よく言えば、サービス精神旺盛。個人的には、視聴層を低く見積もった演出が、テレビ的過ぎて苦手。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.6

こういう層にまで、日本の古いアニメが広がってるんだな、と改めて。サッカー、ローマ戦がアクションの舞台というのは新鮮。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.4

安定の。ウディ・アレン、この先も撮れるのかなあ。。

ナイル殺人事件(1978年製作の映画)

3.1

こちらもリメイクのようで。豪華キャストだけど、クラシックのオリエント急行と比較されるのは少しかわいそう。

星の旅人たち(2010年製作の映画)

4.3

息子の死に向き合うため巡礼に出るロードムービー。お遍路とかもこんな感じなんかな。ユーモア交えつつ、丁寧につくられた良作。好み。

おもちゃ(1999年製作の映画)

3.2

祇園を舞台にした深作欣二作。丁寧だとは思ったけど、99年公開でバトルロワイヤルの一つ前の作品と後から知って驚いた。もっと古いかと。。

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.3

クオリティ高い。攻めてるとも思うけど、当たるわけないとも思う。

水の声を聞く(2013年製作の映画)

3.8

あまり期待せずに見たけど、面白い。コクソンとも愛のむきだしとも違うバランス感覚。電通には訴えられたら勝てないと思う 笑。

マンガ肉と僕 Kyoto Elegy(2014年製作の映画)

1.0

新年早々に気持ち悪いの見てまった。。勝ち筋を海外の映画祭だと思ってんだろうけど、痛すぎる。稲田朋美的自意識の有り様というか。。最悪。

お嬢さん乾杯!(1949年製作の映画)

3.7

木下恵介による「お見合い」ラブコメ。1949年て。ジャンル的な雛形、もう余裕ででき上がってる。

狙撃(1968年製作の映画)

3.9

少し饒舌だけど、全体的にとてもゴルゴ。漫画の連載開始とほぼ同じ頃の映画というシンクロはとても興味深い。サイケ描写も劇伴も衣装や美術も好みだし、実写ゴルゴより全然おもしろい。裸コンゴシーン謎だけど、名作>>続きを読む

海は燃えている イタリア最南端の小さな島(2016年製作の映画)

3.4

イタリア最南端の島の二つの顔を静謐に描いたドキュメンタリー。なんだけど、特に住民のシーンはかなり仕込み度高めで、フィクションとの狭間。難民というテーマは地政学的にモラトリアム長かった日本だけど、そろそ>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

ノーランのおスピな側面にはとても抵抗があるから、こういう設定のノーラン作品は大歓迎。「体験」を重視する感じが、マッドマックスに近い印象。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

2.4

カメラマン、役者、モデルでコミュ力高そうなのに、ホームレスという人物のドキュメンタリー。いい意味でモヤモヤさせる箇所はあるけど、セルフィッシュ過ぎな人物に見えるからかどうも感情移入しづらい。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

「サボタージュ」のMV思い出す感じ。とても痛快。

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.7

キャスリン・ビグロー気合い入ってる。緊張感とリアルさにぐったりはする。

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.7

Xというか、YOSHIKIはどう考えても生き物として興味深い。かなりクレバーでもあるんだろうけど、尊王な感じとか含めどういうバランスなんだろう。海外にこうやって伝わってんだというのは門外漢的には新鮮。

(2017年製作の映画)

2.0

河瀬作品はフェティッシュな感覚はあるけど、人間のアホな欲望とか、怠惰さとか、お金や地位への執着といった側面を排除する傾向が強い。ので、教育映画=ある種のイデオロギーに映る。人間の業を肯定しないし、説教>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

3.3

現代的なテーマだし、ストーリー自体はいいと思うんですが、ライカとあまり相性良くないのかなあ。。感情移入できず。

>|