さよなら僕のマクガフィンたちさんの映画レビュー・感想・評価

さよなら僕のマクガフィンたち

さよなら僕のマクガフィンたち

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

4.3

『アメリカン・ユートピア』を観て、デヴィッド・バーンにメロメロになった。
『アメリカン・ユートピア』のSpecial Thanksに捧げられたジョナサン・デミの文字を観て、やはりこのライヴ映像の金字塔
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「まぁ、頑張りましょう」
「死ぬか、気が違うか、それでなければ宗教に入るか。僕の前途にはこの3つのものしかない」(夏目漱石『行人』)

映画序盤~中盤は、現代日本版の『異端の鳥』でも見ているかのようで
>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

いらない。私は幸福になるから。

ペトルーニャ自身の問題もゼロではない気がしますが、
何者でもない、
言うなれば、「女性であること」や「容姿」、「大学の専攻」などをを理由に、
社会から存在を否定すらさ
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

デヴィッド・バーンは、最初の曲『Here』の演奏後に、
赤ん坊の方が神経細胞のつながりが多いことがわかったらしい。つまり年をとるごとにバカになるということか?
的なことを言う。

演奏される曲は、トー
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.0

「私も一人の女よ。好きな男の人に愛してほしいと願ってる。」
「シュールだけど楽しかった」

サービス満点の名作ラブコメ。
悪い人は出てこないし、演出は多少定番化されている感は否めないが、打ち上げ花火の
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「人間は2度死ぬ」
「ヘラヘラしながら付き合っていこうぜ」

この映画は、始まりの印象と終わった後の印象がかなり違う。
それでいて、ストーリーの進み方にストレスを感じないのは、まず1つは手際の良さであ
>>続きを読む

Mank/マンク(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「脚本と書いたときと同じ状態でオスカーを受賞できたことを心からうれしく思っています。つまりオーソン不在でという意味です」
「2時間で男の一生は描けないが、一生を見たように思わせる」

名作『市民ケーン
>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.7

「彼は全て手に入れ、そして失った。だがそれは手に入らなかった。たった一言で人の人生は語れないのさ。バラのつぼみとは人生というジグソーの1ピースだ。」

「アメリカ映画ベスト100」などでも1位に選出さ
>>続きを読む

カトマンズの男(1965年製作の映画)

3.4

ジャンポールベルモンド傑作選 vol.2より

恥ずかしながら、ジャンポールベルモンド作品を初めて見ました。
本作は、脚本の起承転結を楽しむというより、ハプニングやアクションが休む間もなく怒涛のように
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

4.5

大傑作だ。平成ガメラシリーズ大団円だ。

渋谷や京都駅上空に広がったのは、真っ黒な夜空に炎のコントラスト。
瞼を閉じると真っ暗になる演出も、ドルビーだと映える!
京都駅内の室内戦というのも、怪獣シリー
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「あなたはいつまで私たちを苛立たせるつもりですか?」

ストーリーとアンソニーの演技にくらっくらしてまともに文章なんて書ける自信がない。

アンソニー目線で語られるため、認知症はホラーだ。娘のアンが言
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

3.8

「これは初めて口にする言葉だ。この先も言うことはない。この愛は生涯にたった一度の確かな愛だ。」

「お前にはお前の夢があったことは知っている。それを与えてやれずに済まない。でも、お前をとても愛している
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

監督ステファノ・ソリマ、脚本テイラー・シェリダン、主演マイケル・B・ジョーダンと聞いて、期待しないわけがない。
しかし結論から言うと期待は外れて、ソコソコの映画にとどまってしまった。
終始頭をよぎった
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.8

気持ち悪い。僕に娘がいたなら途中で席を立たずに鑑賞できただろうか。(エンドロールにあったたように、息子ともちゃんと会話します)
耳に残るSkype着信音の不快さたるや。よ。

映画としての意義をどうし
>>続きを読む

愛のコリーダ 修復版(1976年製作の映画)

3.4

僕は思いますけれど、センセーショナルな結末は待っているものの、誰もが知っているお話じゃないですか。この映画って定と吉蔵が出会ってからだから、定の壮絶な人生に触れているわけではないし。じゃあなぜ飽きさせ>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.3

この時間は尊い。僕も10年以上前の学生の頃、下北沢ではないが、僕もとある街の上にいて、青くんのようにフラフラしていた。
文化にも女の子にも色々なことに興味があった。何もできないのに、只々時間があったあ
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

3.8

世界は動き続けていて残酷な場所にもなる
だが、私にとってはその静寂こそ心の平穏を得られる場所だ

難聴はハンデではなく治すものではない

この愛は私を殺す 愛する人よまた私は死んだ


聞こえないとい
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.0

夢は必ずしも叶うとは限らない
好きなものが得意とは限らない

でも、それでも損得抜きに、「好き」に動かされる。瓜ちゃんには感情を動かずにはいられない。

この映画にカタルシスはない。物語もリアルであれ
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

4.4

月並みの感想になりますが、子を持つ親として見て、涙が止まらない。
色んな思いがあって、多くの大切な時間があって、それがきっと続いていくはずだったのに。
星条旗をバックに鳴り響いた銃声の虚しさよ。

>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.4

人生で一番と言っていいほど幸せな朝にやってくる悲劇から抜け出せない。最悪のタイムリープもの。何度も何度も泣きそうになる。
俺が彼の立場なら、本当に恐怖だ。こういう時に頼りにしたい警官が敵なのだ。
2人
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.0

午前10時の映画祭にて

90年代の古臭い空気あり、しかもこの手のアクション映画は苦手な僕でさえ、「面白かった!」と興奮気味に言える作品。

テンポが良いのに、脚本は緻密。前半、アルカトラズ島に行く前
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.7

Whole world watching!

裁判劇なのに、万人にわかりやすいように製作されている。それはテンポもいいし、キャスティングが良くて「シカゴ7」だけでなく、弁護士、検察官側全員のキャラがた
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.6

クリスチャン以外の人や、アメリカの移民文化に縁遠い人にはなかなか理解しにくい作品であることは間違いない。
僕にとっては、宗教的要素が散りばめられていることはすぐに理解できたが、どんな意味をもっているの
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.1

「お前誰だよ!?」
確かに笑

吉田大八監督の最新作ともなれば、映画館に足を運びますよね。
『美しい星』や『羊の木』のようやポカーンとする映画ではなく、『桐島〜』や『紙の月』のようないやむしろそれ以上
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

チャドウィックボーズマンの警官役は良かったです本当に。ご冥福をお祈りします。

冒頭見てたら、「ハズレかな?」と思っていましたが、何となく着地は予想がついていたものの、面白かったです。

よくある「本
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.4

まず、この世界観である。
是非、プログラムを手にとってほしい。地下やらマリガンやら反乱やら生殖機能やら、意味がわからない。
今まで触れてきたストップモーション映画は、どこか温かみがあった。この映画は、
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「ホームレスじゃなくてハウスレスなの」

この映画の面白いところは、ファーンが家を捨てたのは、職を失ったことが理由の1つではあるが、基本的には自ら望んでノマドをしていること。
また、「身軽」そうなファ
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.3

「映画やドラマに出てこない文化だってあるのよ」

日本は何だかんだいって昔から格差社会である。と。
僕は浪人を田舎から上京して都内の予備校でに通い、大学は京都の私大に通ったのでよくわかる。ついでにいう
>>続きを読む

スタイルウォーズ(1983年製作の映画)

3.5

70年代ニューヨーク。ヒップホップの黎明期。それはクリエイティブで刺激的な空気だった。

ヒップホップの4大要素は、ラップ、DJ、ブレイキン、そしてグラフィティである。この中で逮捕のリスクが最も高いの
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

エヴァンゲリオンに別れを告げ、リアルな描写世界に描かれた愛すべきキャラクターたちに、祝福を!
そしてほんの少しの寂しさを。


感極まって、感無量である。
鑑賞した皆がそれぞれのエヴァンゲリオンと別れ
>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

熱血スポ魂を想像していましたが、良い意味で裏切られて冷静にガラスの天井を破る物語でした。

主人公の行動が変にフェミニズムな意味を込めるのではなく、「好きなこと」を性別のせいで続けられない。そのために
>>続きを読む

DAU. ナターシャ(2020年製作の映画)

2.4

映画.comからの引用ですが

“ソ連全体主義”の社会を前代未聞のスケールで完全再現し、独裁政権による圧政の実態と、その圧倒的な力に翻弄されながらも逞しく生きる人々を描いた作品。オーディション人数約4
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

2.8

共感できそうなポイントは多い。例えば、僕は同じ時期に関西の大学に進学し、軽音サークルに入っている。もちろん赤犬は知っているし、ライブハウスの空気もわかる。
序盤の、松浦亜弥に恋に落ちるシーンは100点
>>続きを読む

地獄の警備員(1992年製作の映画)

3.4

劇場激混みでしたが、スクリーンで鑑賞できて幸せでした。

我が子を喰らうサトゥルヌスがテーマとして出てくるが、同じ話なのだろうかとは疑問に思う。富士丸は猜疑心や恐怖から殺人をしているのではなく、単に殺
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「これからは社会でヤクザを裁くのは法や警察だけじゃない。世の中全体に排除されるようになります。時代は変わっていくんですよ」

時代は連鎖する。いや、良くも悪くも恩返しをすることで世の中は継承されると表
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

3.8

「ガメラはレギオンを許さないから」
「ガメラを敵に回したくないね」

ドルビーシネマで鑑賞しました。

面白かった!札幌の地下鉄での描写はホラー味が出ていて楽しめたし、仙台以外の札幌編と利根川編はナイ
>>続きを読む

>|