hさんの映画レビュー・感想・評価

h

h

帰ってきたパスワードヒッピー

映画(84)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

あっけねえ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!という感じではあるが、インフレの結末としては妥当

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

一生懸命で真剣な笑いは誰にでも響くな、嫌味のないドッキリみたいでとてもよかった

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

全員いいやつで誰も傷つかない、史上最高の飲み会アニメ

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

原作の抜粋というかんじなので映像を楽しむことに集中したほうがよさそう

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

たとえ恋人に匙を投げられてもハイやめますとはいかないのが本物の野心だと思いました

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

おなじ血が人を守るのは危機が訪れたときだけ 暮らしが幸せかどうかに血は関与しない

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

組織図が難しくてよくわからないまま終わった
作中ですごい丁寧に説明してくれて、わかったかもって思うんだけどやっぱりわからなくて、わからないことにウケた
おもしろかったので無事執行 🐘

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

頭割れるくらい泣いた
子どもの頃のこと 家族のこと もうない家のこと
いていいんだよって言ってみて 誰か

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

泣いた おばあちゃんっ子なので
「忘れないで」ってつらいな

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

よかった〜〜〜〜〜〜〜〜
ドラマチックな馴れ初めもない、言葉でする約束もない
それでも大好きだと思えるのは幸せなことです それだけのこと

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

レプリカントもののSFが好きなので
ストーリーにはまったくついていけなかった(説明がなさすぎる)けど面白かった

スナッチ(2000年製作の映画)

3.5

パルプフィクションとトレインスポッティングを足して2で割った感じ

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

個人的なフェチにクるものがあった
人魚姉妹は超音波みたいな言語で会話したり、大げんかしたり、泣いたりするんだけど
それは人間にはわからなくて、当然私もわからない でもそのほとんどに字幕ついてないから結
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.0

まず私が無類のクマ好きということをお伝えしておきたい part2
👨‍🍳「腹のあたりがむずむずしてきた」
🐻「それは自尊心ですよ」
ホォ〜〜〜〜〜〜〜〜

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.0

LGBTの描写に無駄なエロさやダークさがないとこがよかったね
何かにつけてセックスしたり、周囲から過剰に辱しめられたりするところばかり描かれるのは本当につまらない
愛情を表現するためにパッケージ化され
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

ありえんほどガバガバで最高
アクション フゥ〜〜〜〜!!!!!
と なる

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

5.0

最高にかっこいい大好きな名作
音楽 人間性 ジョークのセンス、これから起こることは全部ノリです、みたいな展開でもリズムがある それがこなれてて気持ちいい
はぁ〜〜〜〜〜〜 作為的無作為

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.0

フツ〜〜〜〜〜の恋愛映画
男とか女とかではなくヒトなんだよな
それだけ ハイ〜〜

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

最後 100点!!!
出会うために別れるなら
それは泣くようなことじゃない

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

みんな どうしようもな〜〜!!!
私の黄金時代は常に今現在なので
まったく共感できなかった
ただ小心は愛のなさからっていうのは
首もげるくらい 同意

レオン/完全版(1994年製作の映画)

3.5

私は「大人っぽさ」も「大人であろうとすること」も幼児性の1つだと思っていて、そういう精神性と肉体の乖離のエモさみたいなのが こう
まったくハマってこない性分なので…
そこら辺にやや胸焼けするというか
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.5

中盤 ま〜〜〜〜あ 胸糞悪い
シリアスとギャグのバランスはよくなってたけど
けど にしても 胸糞悪い
3観るの躊躇するレベルだな、、

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5

階段は一段とばす大泉くん 良い
高嶋政伸の舌ピ 良い
松田龍平のセーター姿 良い
想像の30000000倍シリアスな映画で悲しくなってしまったけど 良い

亜人(2017年製作の映画)

3.5

序盤から直視できませんでしたがCGもアクションもわりと好みだった
佐藤健くんの痛がる演技 あれすごいな
目を逸らしても聴覚に訴えかけてくる
怖かった〜〜

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.5

前半は大都市 後半は雪の田舎
ハデさとシブさ シリーズ盛り合わせ!
キングスマンでも「いまどきスパイ映画も昔と違うから」ってあるけど
戦う理由もその設定づくりも、難しくなるのは仕方ないと思う 現代社会

パンダ・コパンダ(1972年製作の映画)

4.0

可愛すぎ①
パパは会社に行くものだけど行かなくていい

パーク アンド ラブホテル(2007年製作の映画)

4.0

捨て話ナシ
みんな暮らしに呪われてるから人生はしんどい
けど恋と愛 精子と卵子 全部で人間!
ご飯食べて帰って寝て生きてく

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.5

ショートストーリー好きだな
1番はビル・マーレイの編
親戚のおじさんと火の点け方同じで笑った
豪華キャストだね ☕️ 乾杯

>|