祐吉

祐吉

  • List view
  • Grid view

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

これまで疑似家族的なものだとか、孤独な人間を描いてきた
ジム・ジャームッシュ監督が、家庭を持った男の日常を描く。
そして日常の中にある発見や交流、あと盗み聞き(?)を通し、
主人公のパターソンが、“パ
>>続きを読む

たたら侍(2017年製作の映画)

1.2

宣伝では“黒澤”を引き合いに出してたけど、物語の軸は村を守る『七人の侍』。けど、物語にアレンジを加えたため…意味不明な展開の数々のうえ、大真面目に撮ってしまった結果、エンタテインメント性を失うことに。>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.0

血のつながりか、育てのつながりか、という最近の映画で
多く扱われている題材だけど、人間の生理的な部分をエグって
くるあたり、『ブルーバレンタイン』を撮ったデレク・
シアンフランス監督らしい。恐らく観る
>>続きを読む

トリプル9 裏切りのコード(2015年製作の映画)

3.6

ロッテントマトのそこそこな評価を見て鑑賞したのですが、これは拾いものと言える作品。二つ折りチラシにある「シンクロする!」名作群と比べず、そして相関関係のみを把握したうえでに鑑賞すべし。
緊急コード〈ト
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.5

事実だからなのか、各所に配慮した結果なのか…
もちろんオスカー作品賞を獲った作品だし一定の見応えはあるけど、映画的ハッタリ、特にサスペンス要素が乏しく物足りない。顕著なのは子持記者の近所に神父が住んで
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

1.5

この青春映画を上下に分け、4時間近くもかけて描くなんて、脚本(小泉徳宏)の怠慢であり敗北以外の何者でもない。原作を読まずとも、語るべきは3人の物語でしょう?
冒頭2、30分の酷さには目をつぶるとしても
>>続きを読む

の・ようなもの のようなもの(2015年製作の映画)

4.0

森田芳光監督への敬愛の念が感じられる素敵な作品。
志ん田演じる松ケンは狂言回し的役まわりで、ユーモアの中に志ん魚の悲哀が描かれる。フォーカスし切れていない部分はあるけど“寄り道”映画ゆえ。なにげないけ
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.0

1979年に『マッドマックス』を発表したジョージ・ミラー監督が原点回帰をした翌年、1980年に『狂い咲きサンダーロード』を発表した石井岳龍監督が選んだのは老い(死)とエロスをテーマにした小説の映画化。>>続きを読む

ドローン・オブ・ウォー(2014年製作の映画)

4.0

原題は“Good Kill”。
アメリカ・ネバダ州の基地ではドローンを操縦する兵士が、家族のもとからからカジノ・シティを通り抜け、毎日基地に通勤。モニターに映るターゲットに向かってミサイルを発射し、テ
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

スキーリゾートで起こる事件をきっかけに、歯車が狂っていく夫婦を描く…ほとんどブラック・コメディ。保身に走る夫に、価値観が崩れていく妻。俯瞰でとらえた人工雪崩誘発のための爆発音が不気味に話を盛り上げる。>>続きを読む

悪党に粛清を(2014年製作の映画)

3.3

原題は“The Salvation”、“救済”みたいな意味合いでいいのかな?邦題の方が映画の内容を反映しているかも。
物語はシンプルな復讐もので、セリフも最小限に抑えられたマカロニ的西部劇。丁寧に撮ら
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

2.5

“北野武”というより、“ビートたけし”の芸人としての“性”なんだろう。何を撮れば批評家や観客に受け入れられるのかを解った上でのコメディ・テイスト。
出来上がった作品はベタなコント集の体となっていて、1
>>続きを読む