ユピルバーグさんの映画レビュー・感想・評価

ユピルバーグ

ユピルバーグ

映画(535)
ドラマ(0)

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

-

出来事を滑稽に描く。
血を美しく描く。
死を過程のように描く。
太宰治というヒントを得た蜷川実花さんの芸術を見せられたように思います。

Red(2020年製作の映画)

-

出演者の皆さんの表現力が凄い。
圧倒的でした。
映画が伝えんとする内容はちょっと意味分かんなかったです。

スモーク(1995年製作の映画)

-

写真っていいね。
タバコの煙がとても美味しそうです。
吸わないけど。この映画大好き。

透明人間(2019年製作の映画)

-

人を好きになるのもなられるのも本来素敵なことと思いたいですけどねぇ。
間違い探しとか騙し絵とか好きな人も楽しめそうな演出。この景色さっきと今とでちょっと違う?みたいなね。

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

-

現代への、ヒリヒリとしたメッセージ。
この映画の、個人的に受け取らせてもらった本質というのがあって、それが誰かの芯まで届く世の中ならいいなぁと思う次第でした。
公開初日に観に行ったらまさかの出演陣から
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

画がずっと綺麗。
2時間半に感じなかった。
シーン毎のトピックがしっかりしててとても観やすいです。
変な人がいっぱいだとワクワクします。
まともな人がいっぱいだとウンザリ。
細部まで変さが満載。行って
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

-

その気持ちを知らないままの安泰と、
その気持ちを知ったがための喪失。
個人的に泣けたシーンがあったので、観た人と答え合わせしたくなりました。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

-

変なものに思考が慣れると常識的なものが余計に思えてくる。
実に変だ。とても好き。

パターソン(2016年製作の映画)

-

もう少し観ていたい。
それくらいのところが、きっといい。
愛おしい。


鑑賞2回目
この映画を何度も観たいと思った。
演者お一人おひとりの表現が好き。
言葉の裏側、表情の裏側が広大に広がってる。

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

-

絵画のような情景描写。
醜いほど暴走する好意、それを補う美しい旋律。
こんな結末とても好き。

キルトに綴る愛(1995年製作の映画)

-

この視点を忘れずにいたい。
とても良い映画だと思う。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

-

こうなったら自分ならどうしようって色々考えさせられました。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

-

もう何度観たことか。
海のシーンの上に乗るセリフがとても好きです。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

-

いろんな角度から迫りくる人生への危機感。
見方によってはグサッと来る。
奥が深い優しさ。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

怒りややるせなさが降り積もった山を掘り起こしたら、手も足も血塗れ泥まみれだけれど、奥の奥からほんの少しの優しさが顔を出します

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

ダメなことを堂々とやられると逞しく見える不思議。窃盗はダメよ。とてもお洒落な映画。

>|