yuanさんの映画レビュー・感想・評価

yuan

yuan

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.1

吹き替えで見ました。生瀬さんの声のキャラクター、生瀬さんに似てるなあ笑
元の作品を見たことないけど、楽しめました。シュールで、少し不気味
色々しながら息抜きに干渉

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.1

ずっと気になってたので見ました
いい映画でも悪い映画でもなかった
ただただ悲しいし、この世の中で彼だけが?こうなってしまったのか…?
最後の方の施設の人や、近所の人が国にしらせて、どこかの研究施設に連
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

4.0

これ以上の闘いってあるのか?!
ほんと最終回と言っても過言ではない
幼馴染の2人がアツい!
全てのA組のキャラに見せ場があって
学生だからこその青春も感じさせる設定
かっちゃんがカッコよかった~!
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.4

アニメを4期まで見てからの鑑賞
この作品が好きな人なら期待通りに楽しめるものになっていると思う
オールマイトとの夢の共演、本編では見られないシーンが見ることができて満足。
かっちゃんもとどろきくんも見
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

テーマはこれからの近未来にありそうなかんじもしてよいのかもしれないけど
思ったより面白くなかった。
おばさんあっさり死んでしまったな…
仮想現実の作品はこれから増えそうだな~
メッセージが説教ぽいとい
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.5

MIBの世界観を壊さず、勢いもあって見応えもあった
ストーリーは複雑ではなく、コミカルなシーンもありさすがMIB!
でも過去作の2人が少しでも出てきてくれたらもっと面白かったな(^^)
ポーニーがいい
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

2.9

タイトル通りスターになっていく話
男性との出会い、そこが縁で舞台にあげてもらい、歌を聞いてもらい…。
男性に見染められ、きっかけを作ってもらえたおかげでアリーはスターへの切符を手に入れることができた。
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.1

噂通り、主役のビヨンセじゃなくて脇役のぽっちゃりした子が主役!って感じだった。
成功は必ずしも幸せになるわけではないとこういうスターの話をみると思う
ボヘミアンラプソディとかね。
成功者に孤独はつきも
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.5

タイトル通りのストーリー
若草物語などこういう雰囲気の話は結構好き
ダーシーさんのプロポーズ素敵だった
初めは嫌っていた相手と紆余曲折あり
惹かれあっていく話はありがちだけどわかりやすい。
キーラナイ
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.1

鑑賞
藤原啓治の声が聞けてよかった
ストーリーはまあまあ
洋画らしいかんじ。没頭できる感じではなかったかな

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.8

殺し屋が1年間普通の生活をするようボスに言われて一般人のふりをするものの
危険なことに巻き込まれていく話…と言った感じ
バイオレンスなものが好きではないですが
どんどん撃ち殺してくし(こういうストーリ
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く2(2021年製作の映画)

3.0

たまたま最近見た映画が
なぜかアマゾンプライムで続編がでていたのでみてみた。
やはり1よりは劣るけれど、世界観を崩さない2になっていてよかったと思う。
ラストは海外の映画にありがちなダンスで終わった。

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

4.0

何度も見てる。みるたび穏やかな気持ちになる。雰囲気がとても好き

めがね(2007年製作の映画)

3.3

主人公の気持ちがなんとなくわかる
そしてだんだん馴染んでいく
かもめ食堂とかもそうだけど
小林さんともたいさんはこういった雰囲気によく似合っている
主人公は先生って呼ばれていたし、探しに来られていたか
>>続きを読む

奥様は魔女(1942年製作の映画)

3.9

魔女狩りにあい、突き出した相手の男に末代まで(結婚相手とうまくいかない)呪いをかけた魔女
何百年も経って父親と共に蘇るが
その子孫の男を懲らしめてやろうとしたところ、惚れ薬を自分で飲んでしまい…
ドタ
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

2.9

エディマーフィーはアフリカの王子
21歳の誕生日当日からストーリーは始まる。王子は一人でトイレもさせてもらえず拭く係がいたり、歯磨きも一人ではさせてもらえない、靴紐も自分で結ばせてもらえない、胸を出し
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

展開は予想していた感じで
前半の二人で歌ってるシーンとかは
こちらが恥ずかしくなる感じだったけど
こういう、思い合っていた恋人の死をの乗り越えるって簡単ではないよなあ
お別れをする時間をもらうことがで
>>続きを読む

風立ちぬ(1976年製作の映画)

3.3

宮崎駿の風立ちぬのモデルの一つになった作品なので、見れてよかった
病魔に侵される儚い姿が山口百恵にすごくあっていた気がする。この時代の人は演技がかっているところがまた作品らしくて良かったんだろうなあ。
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

3.5

テレビシリーズは見てないけれど
華やかでそれぞれの人間模様が丁寧に描かれているのがよかったです
ハリポタで見かけた俳優さんたちもちらほらいたので馴染みやすかった。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.2

評価が良かったので鑑賞
途中まで、天才とは孤独だなあ
冒頭はこの間みたイミテーションゲームのようで、誰も想像しなかった人が偉大なことをなしとげる、という言葉が似合うストーリー展開。孤独だけれど素敵なル
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.2

母は強し!ですね!
篠原涼子だから少し強めのお母さんでも柔らか位雰囲気が出ててよかった
あんなに細かいお弁当作るの大変だ
実話とのことで、実際八丈島の方なんですね

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.7

分かりやすくて明るくて
ハッピーな話でした
子供たちが可愛い
少しずつ影響を受け合って、最後は子供達が自分の意思で行動するのも良かった
楽しく見れました

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

3.2

アムロよりシャアに共感しながらみていたので、なんともスッキリしない最後だった。
映像美はすごかったかな。
キャラクターもそれぞれ個性があったけど感情的になって攻撃をしてるわけではない味方を殺したハサウ
>>続きを読む

モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!(2018年製作の映画)

3.4

このシリーズはハッピーな雰囲気で好きです
2よりも、こちらの方が好きでした。
相変わらず愛くるしい家族たち、ちょっとした悪役、でも最後はみんな笑顔になれる。
音楽も聞いたことのある曲ばかり
エンドロー
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.7

名作!音楽は映画を見なくても知っていた
ダンスがすごい、歌も愉快だし、ストーリーも起承転結、悪役やヒロインの立ち位置、オチもしっかりしてて良かった
キャシー役の女優さんとても美しい
リナの女優さんは本
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.3

最後までは良かったのに
結局思っていたような
家族みんなが望んでいた形で、というラストではなかったか残念。
ここまでお父さんに会うために頑張ってたのに、お兄ちゃんがいれば、ってなんだかなあ。兄とのエピ
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ2(1987年製作の映画)

3.2

今回も変わらず勢いがあって、トリオがいい感じだった。フォーリーに影響されて少しずつやばい感じに染まっていってるのが面白い。
ストリップバーでは女性の上半身が露わになってるので子供には刺激強い?
最近の
>>続きを読む

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.3

映像美や世界観は良かった
やっぱ宇宙は怖い
未来の人が現れたりそれで歴史が変わったり…
最後のシーン怖かったな…
主人公が殴られすぎて弱くていまいち好きになれなかったけど、感情的な男と、論理的な男の対
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

3.5

テンポも良く、ストーリーも結構面白かった。休日の午後に見るのにちょうどいい軽さと内容だった。
エディマーフィー若い。
フォーリーについてきた若い警察官、結構じゅうの腕前すごいな!

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.2


人とは違う彼が、自分の信念を貫いて、ときには少し周りに柔軟になって、大久野位の命を救う。
しかし時代は彼に優しくなく、結局悲しい運命を辿ってしまう。
彼らが酒場で気付き、走っていくシーンがよかった。
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.4

久々に見ました。15年ぶりくらい?
トムハンクスはこういう突飛な役が似合う
国がクーデターでなくなりパスポートがつかえなくなり帰ることもアメリカに降り立つこともできなくなった男。
空港の人たちがはじめ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.1

冒頭から話の進み方が少し違和感があった。会話が詩的というか、あまりうまく入り込めない。
中盤はイライラする展開。
ラストも今ひとつ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

前作の方がキャストもよく、ストーリーと時系列でわかりやすく、キャラクターの描き方も好きだった
前作を見ていなければ混乱していたし、若草物語を好きになることもなかったかも?
ジョーとエイミーがギスギスし
>>続きを読む

若草物語(1994年製作の映画)

4.0

若草物語がとてもわかりやすく、時系列で、キャラクターも魅力的に描かれている。主人公のジョーを中心に四姉妹の人生をみることができて、飽きもなく見ていられる。ジョーが美しい。
何回か見たけど、見るたび姉妹
>>続きを読む

トロールズ(2016年製作の映画)

2.8

海外の子供が描いたみたいなカラフルな色合い。歌とダンス
ストーリーはいまひとつ。能天気ゆえにここで歌わないで~、と思ったり、イライラさせられるシーンも多々。
ベルゲンの女の子とポピーの友情は良かった

ハッピー・シェフ! 恋するライバル(2018年製作の映画)

3.0

ピザを作るシーンはあるけれど
ハッピーシェフ、というほどシェフ感はなかった。
幼なじみでライバル店の子供同士の恋愛の話。初めから展開はよめた。
会話の中にすこし下ネタ多め

>|