yuanさんの映画レビュー・感想・評価

yuan

yuan

3.5以上は高評価。平均3
興味ある映画とそうでないものとの差が激しいです。好きなのはジブリ、オードリーヘプバーン、80から90年代の映画、ドラえもん、などなど
好き勝手書いてますのでご容赦ください。
Amazonプライム加入してます
自分用に記録。

映画(505)
ドラマ(66)

ルーキー・ハウス・ガール(2011年製作の映画)

3.2

ゴシップガールのチャックが出てたのでみてみた。
ラブコメってかんじのラブコメ。でも挫折した女の子が夢をまた追いかける…というのがメインなのかな
スケボーをやってた天才少女がははのじこをきっかけにその世
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

3.8

細田守の代表作にして最高に近い傑作ではなかろうか。いやもちろんサマーウォーズが最高なんだけど。やりたいことがここに詰まってたんだなあとわかるかんじ

太一とヤマトと、こうしろーと
懐かしいキャラ。ワク
>>続きを読む

アトランティス/失われた帝国(2001年製作の映画)

3.5

テーマが壮大だけど上手くまとまってて見やすかった。キャラクターもストーリーのテーマも結構好きでした。
悪者は見た途端にこいつ悪者だな、とわかる。こういう話好きです

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年製作の映画)

3.6

しずかちゃんがキャピついてる。
初代後期、最後のドラえもんです。映像は違和感がありますが声が初期なので安心して見ていられます。
色々メッセージ性もあるかな。
動物の世界かドラえもんで何度か絵が変えてい
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

3.9

話が全体的にまとまっていて見やすい。
少年探偵団が活躍するストーリーは基本的にすきです。
殺人の動機は相変わらず、え?!ってかんじだけど。それもまたコナン。
あいちゃんを救う元太のセリフが印象的。
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

年末にしてたのを見ました。
オラフが残念だけどそこが愛くるしい。
クリスマスには家族の思い出が詰まってる。
安定のディズニーでした。

白雪姫(1937年製作の映画)

3.5

白雪姫といえばこれです。この時代にこんなものを作れること、魔女の程よい恐ろしさ、7人の小人のキャラクターがそれぞれ際立ってる。ワクワクする音楽もみみにのこる。お皿洗ってる時の曲、学校の掃除の時間これだ>>続きを読む

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

3.2

ここまで奇妙だったっけ?子供の時の方が素直に見れていた気がする。子供の時に見る夢見たい。本当に。
大人になるとこういう夢も見なくなるものね。不思議な世界観、まさに不思議の国のアリス。原作の小説も読みま
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.3

子供の頃はピノキオがロバになるシーンや、ピノキオの声のトーンが何だか不安になってなかなか見られませんでした。いいイメージがないまま、大人になってから鑑賞。
柔らかいタッチに、子供の無垢さや愚かさなど描
>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!(2014年製作の映画)

3.0

ゲームプレイしました。
内容はほぼゲームと同じ。それがコンパクトにまとめられてて、子供でもあきずに見られると思います。
ジバニャンやフユニャンが可愛いのでほっこり。もう死んでしまった自分のおじいちゃん
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.0

ジブリ色が強く、その中に中二病感もあったかんじ。作画は見始めは馴染めなかったけど途中から気にならなくなった
初めはナウシカだなあとおもい、次はもののけ姫、途中でラピュタ、全体的にはゲド戦記だった。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

青春!音楽!
80年代の音楽が良かった。
名前忘れたけどうさぎ買ってる彼
かっこすぎでしょ笑
小さいプロデューサーの彼もなんか最初弱っちそうと思ったら強いやつ丸め込んでるし。バンドが様になっててかっこ
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.4

体は小さいけど心は大きい人。
体は大きあのに心は小さい人。
どっちがいい?
リアーナのお父さんの障害をきにするお母さんに言った
君は心に障害があるようだ、と言う言葉が刺さった。
皆、小さい頃に植え付け
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

人生ってこういうことなのかな、と思わされる作品。心がまっすぐで綺麗なフォレスト・ガンプ。彼はベンチに座りながら来る人来る人に自分の人生を話してきかせる。
コミカルな部分とシリアスな部分の塩梅が絶妙で、
>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.2

きつねうどんのCM、忘れられなくなる笑
妻夫木くんが、トヨタのドラえもんのCMののび太くんって感じで、情けなくて冴えないけど嘘がつけない優しい人。
CMが好きっていうまっすぐな思いが周りを変えていく。
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.8

漫画未読。ありきたりなストーリーで先が見えてしまっているので
驚きや感動はなかった。
ストーリーも駆け足なので気持ちの変化にもついていけないし、なかなか映画にするには難しかったのかな?
2人で買った便
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

2.9

前作の方がよかった。
ストーリーは前回のが単純でわくわくしたけれど、ラストシーンは、おーそうかーとなった。
感想とすれば
まさかのダニエルラドクリフだった
ということ

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

クリストファーロビンといっしょに
子供時代の自分に連れ戻された。
大人になって忘れてる気持ち
おばさんなプーといっしょだった小さい頃の自分。最後にティガーの歌を聞いたのはいつだったろう? 最後にぬいぐ
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

王道の展開。先が読めるけどそこがまた安心してみていられていいかも。
完全なるハッピーエンドではないのだけれど、これが人生!かな
真剣なシーンと、クスッと笑えるシーンも絶妙で、よかった
お腹あさんの死ぬ
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

3.2

2人ともそれぞれの美しさがある
小さい頃から一緒、それはリブの両親が亡くなった時も、、プラザホテルで花嫁になるんだと決めた時も、、、
20年来の親友の2人が、同じ時期にプロポーズされ、手違いで同じ日の
>>続きを読む

魔法使いサリー(1990年製作の映画)

3.0

懐かしかったです。24分にうまく収まってたと思います
おともだちって本に、サリーちゃんの紙の着せ替えが付録で付いてて、よく遊んだ記憶がある。
子供も飽きない長さ。ポロンちゃん、、
お母さんまさか闇落
>>続きを読む

世界名作童話 白鳥の湖(1981年製作の映画)

3.0

作画がいがらしゆみこさんでした
白鳥の湖は大筋だけ知ってるといった感じだったけど、なるほど少し勉強になりました。リスが出てきてコミカルな面もあり子供が見やすく楽しく作られていた。
オデットの声が竹下景
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.2

声優が前作のベッキーとカンニング竹山から、ちゃんとした人に変わってた笑
でもヤンキー2人は芸人が吹き替えを担当。キャラも関西弁も今ひとつ。やはり映画は字幕で見るべきかな👀
今回も四兄弟可愛かった〜けど
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

3.6

昔好きだったコミカルなアニメとは違い、原作とも設定が違った。
本当はもっとシリアスなストーリーだったのね、、アニメのイメージ強いよ
ミュータントタートルズは相変わらず個性的なキャラクターたち。怪力具合
>>続きを読む

映画 あたしンち(2003年製作の映画)

3.3

あたしんちはのほほんとしたストーリーのイメージがありましたが映画版はなかなか設定が凝っていました、、って、あれ?
私たち、入れ替わってるー?!
そして入れ替わりには彗星の通過が関係しているー?!
そし
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.0

プラダを着た悪魔みたいな、ガーリーなアンハサウェイが好きなんだけど、ショートヘアのクールな姿も似合う。
喧嘩別れしていた弟が事故で昏睡状態になり、後悔しながら、弟の思い出を辿り始める話、、、あれ?放題
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.6

クリスマスの定番
1に引き続き面白くて可愛いです
子供の頃はワクワクして
大人になると、クリスマスの気持ちの懐かしい気持ち、純粋な子供から勇気をもらえる気がします。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最も苦労するお金に恵まれているものの、過去に縛られてしまった彼、、否定的な意見も多かったというこの作品。
ストーリー全体としては、ルーが最高に可愛くて愉快で、ファッションも素敵だった。ウィルも、どんど
>>続きを読む

恋するモンテカルロ(2011年製作の映画)

3.2

セレーナゴメスが出てる映画は初めて見た


パリ〜〜!
そしてまさかのそっくりさん登場!すぐモンテカルロへ!
こういう映画だったのか
ブレア(レイトン)役名はメグ、、はあいかわらず美しい。笑顔が可愛
>>続きを読む

県庁の星(2006年製作の映画)

3.2

最初は違和感が多かったけど
途中から馴染んできました。
スーパーと県庁職員という異例の組み合わせだけれど、なんだか上手くハマっていく感じ。
どちらの意見も正しく、思い込みから分かり合えなかったりするけ
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.7

久々に見たけど面白かった!
こんなラジオドラマ流れてたら聞かずにはいられないよね!笑 シュールすぎる
唐澤さんの役も最初はきついなと思ったけど1番まともだし笑
トラックの運転手がラジオを聴いてるあの細
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険(2001年製作の映画)

3.2

一度見たきりかなり中身忘れていました。
絵柄もキャラも1番好きな時!
ストーリー全体としては浅く、敵キャラも目立たない感じ、、
武器を持ってからのゾロ、靴を履いてから敵をたおすサンジがカッコいい!
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望(1995年製作の映画)

3.4

名作!と言いたいところですが、、
現代のシーン、いりますか?
時間が足りなかったのかな?
最後だらけちゃうから残念。それまでは最高に面白い映画!!

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007年製作の映画)

-

あまりのバカバカしい、いや言葉が悪い。気の抜ける歌に
はじめて最後まで見られませんでした
だいぶ見た感想は、設定自体は面白いのにな、、といったところ。ひまわり、シロ、と近頃は家族に何か降りかかる設定が
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁(2010年製作の映画)

3.3

現実はこんなもん、、、にはしたくない。しんのすけが未来の花嫁のために奮闘している姿、頑張れ!ってなる
風間くんはこうなりそうだし、、
一部で風間くんはひまわりと?なんて噂が囁かれていますが、、、隕石が
>>続きを読む

>|