あきらむさんの映画レビュー・感想・評価

あきらむ

あきらむ

最近は映画に癒しをもとめがちになった。

映画(524)
ドラマ(0)

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.8

見終わったあとなんやこのB級映画は!このオチは!?と若干キレかけたんですが、今思うととても良かったような気がしている。じわじわもう一度見たくなってきてなんでパンフレット買わなかったんだ!ってキレ始めて>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

コミュニケーション下手な人間が必死な当たり前になろうと努力する感じに勇気を貰える。コミュニケーションが全部誤解されたりとかよくあることだ。いやぁ、愛ってすごい原動力になる。
主人公の女性はおそらく発達
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

半魚人がどんどん可愛く見えてくる。
セットがレトロで可愛い。
中年女性が可愛い。
猫が可愛い。
とにかく可愛い映画である。そして、みんなが優しい。とても癒され時に泣いてしまった。
半魚人が人間と動物の
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.9

ハネケにしてはパンチが足りない気がしてならなかった。笑えるシーンは何度かあったけども。
狂気ポイント1位はじいさんと孫の真顔での会話シーン。会話の内容さえわからなければなんだか和むシーン見えたかも。と
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

一寸先で人が簡単に消えていく様子に身体が寒くなる。一瞬の判断と運で、、
そこから響くような音楽が、見終わってからもしばらく頭から離れなかった。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

事実も嘘も何もかも揺らいでいる。
全画面油絵仕様は圧倒される。山田孝之の吹き替えがなにげによかった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

他人のことを人間とか表現しちゃう系の人間の話。めちゃわかる、わかる、わかるわかる普通の人と普通に会話できないの。遺体の自分でもわかってて頭をかきむしるよね。コンプレックスをこっコンプレックスじゃねーし>>続きを読む

デヴィッド・リンチ:アートライフ(2016年製作の映画)

3.7

リンチの過去のエピソードが不気味で全然オチがなくてそのまま娘と微笑ましく怖い作品つくって楽しそうに生活して不思議でした。制作風景ずっと見ていたいしリンチの絵をもっと見たいと思いました。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

ミステリーというより狂気的な面で宣伝すべき作品だと思う。なるほど面白い展開!と楽しむより、愛と狂気の狭間で苦しんでるんだなーと見る方が面白い気がする。
原作読了済だが記憶が曖昧な状態で鑑賞。こんなだっ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

やっぱりあんたじゃなきゃだめなんだよ!!なんでだよ!!……って苦しくなる映画です
堕ちて再生してその繰り返す様子がたまらなく不器用ですき
おおともくん、みたいなタイプはいつも2番手になっちゃうな、カラ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

ジャンル:ジョンウィック

冒頭からギャグ映画かなと思える急展開だがしかしアクションは猛烈にカッコよく不思議な感じだ。アクション、カッコイイはずなのにシュールさを感じる場面が多く笑っていいんか?笑って
>>続きを読む

スリ(掏摸)(1960年製作の映画)

4.3

スリに魅せられた男の気持ちが無表情の下で激しく変わっていくのが目に見えるように感じられた
後半のスリの手口は芸術の域で何度か巻き戻して見てしまった

処刑人(1999年製作の映画)

3.9

返り血で全身真っ赤にしながら、純粋な瞳で死体を見守る兄弟のキャラクター映画。
キリスト教と殺しとマフィアが絡むのでまぁ誰が見てもそれなりに面白いんじゃないか。
キャラクターがわかり易すぎてリアリティが
>>続きを読む

ぼくの伯父さん(1958年製作の映画)

4.9

着飾った人々の暮らしが滑稽で痛々しい。機械の音とお世辞と見栄まみれで、話を聞かない。
気ままに生きてるおじさんと犬と子供たちは規則に縛られて入るもののとても自由で可愛い。
映像が可愛くお洒落。あの馬鹿
>>続きを読む

71フラグメンツ(1994年製作の映画)

4.3

ニュースや雑事や趣味に埋もれて曖昧になっている我々の生活は、死によってハッキリさせられる。
人と人の間には雑音が多すぎて気持ちなんか伝わらない。

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

4.0

どんなものかと思って

……という殺人の動機
何かを経験する時の動機ってそういえばなんだろうね。

少年は現実と乖離、親や友人との乖離、自分自身との乖離、なにをやっているのだか良くわからず、適当に言い
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

宇宙人(ヘプタポッド)に癒される。
彼らとのコンタクトを図る時は妙な寒気と感動がある怖いけれど美しいような、、混乱した人間の煩雑さとゆったりとした彼らのコンタクト方法が正反対。博士と一緒に呼ばれるのを
>>続きを読む

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

4.0

シボが歩く度に素敵な機械音。
霧亥、シボ、サナカンの人間味の無い動きが再現されている。
劇場で大迫力で世界観に浸れて幸せ。爆音で再度見たい。既にパンフレット売り切れていて残念。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

ライオネルとその家族にひたすら癒されて始まり癒されて終わる。いい家族にいい仕事で王族とまるで逆。脚色なのだろうが、逆すぎる。
王家には王家の良さもあるが、ライオネルの家からは堅苦しさが一切排除されまる
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.1

とんでもない話ですね。キャロルを見た後なのでこの終わり方は辛すぎる。
ギレンホールもヒース・レジャーも苦しみと愛しさが滲み出る演技で、しばらく忘れられそうもない。

性格やライフスタイルが全く違う2人
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

カンバーバッチの演技力が最高だった。変人の役がとても多い彼、今回の天才数学者役もよくはまっていた。独特のどもり方やはにかんだ表情がたまらなくリアルだ。憎めない、しかし明らかに生きにくそうな人物、こんな>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

怪しい、怪しい、と思いつつ信じてしまう。愛を信じることは美しいよね。美しい場面があまりに美しすぎて現実が入ってこない。
見終わってから様々な場面を思い返しては辛くなったり楽しくなったりできて、まるで自
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.6

登場人物全員になんともいえない違和感がある。香川照之演じる隣人のずば抜けた違和感が、それを感じなくさせているというか、薄めている。
が、西島と竹内夫妻は被害者役だが、本当によく見なくても気持ちが悪いぞ
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

信仰心が揺らぐ、自分の核が揺らぐ。信じたものは惨く殺され、裏切るものはひたすら生き延びていく。残酷描写はとことん容赦なく酷くて驚いた。

神とは何なのか、無なのか。
前半に登場する雄大な自然が後半から
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.5

ヒッチコックを久しぶりにみたくなった。ヒッチコック映画の夢感を懐古するトリュフォー&名監督たちが、愉しそうに語り、解説。本も買って読みたい。
ヒッチコックはただのエンタメ監督か?否否否……。

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.0

美しい悪夢。
眠気に襲われながら前半数分を覚醒してから後半を観たこともあり、まさに悪夢体験をした。
美しいものもあればグロテスクなものもあり、価値観がかき乱される。
時間やエピソードが飛んだり、モチー
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.1

ジェイクギレンホールが愉しそうに捜査している。刺青も入っていて暴力も行使する不良刑事に惹かれる人は多いだろう。
一方、父親の切羽の詰まり方には息を呑む。イカれた行動が目立ち過ぎて少し笑ってしまう。
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

4.2

あなたってサディスト
これが俺の愛し方
婚約者とニキータと上司の関係性がむず痒い。上司の風格は、審判者や神父のように見えて、父性や支配を感じる。婚約者は、女性的で優しく口説き方はイタリア男のようで、母
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.5

ミニマリストに俺はなる。
モノによって心が豊かになるのではなく心が豊かになって必要なものが出てくる、というのが良き生活だろう。
面白い企画。洗濯機が壊れて絶望する場面で何故か死ぬほど笑った。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.8

ついてくる奴らは、童貞の怨霊か。屋根の上に全裸で仁王立ちするおじさんからは「許さんぞこの××××め絶対××してぶっ殺してやるから待ってろよ」という気迫を感じて笑っていいのか怖がっていいのかよくわからな>>続きを読む

美術館を手玉にとった男(2014年製作の映画)

3.7

時間と金に余裕があれば私も趣味で偽札だとか贋作だとかを作って生活したい。
美術館側の審査がガバガバ過ぎる。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.7

リリーが綺麗すぎる。ホルモン注射や投薬なしで女装が綺麗すぎる。
あまり感動できる要素がない。男の部分も女の部分も自分自身なんじゃないのか。なんで手術したらゲルダへの愛の形が変わってしまうのか理解に苦し
>>続きを読む

>|