オサリバンさんの映画レビュー・感想・評価

オサリバン

オサリバン

空白(2021年製作の映画)

4.6

余韻でエンドロール動けない系映画

もう一回見たい。
もう一回見たいけど、あのシーンはもう2度と見たくない、、。

障害なのか性格なのか。
人よりも少し飲み込みが遅くて、意思表示も苦手で、仲の良い友達
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.8

前作より格段に面白い!

入り乱れる人々
細かくスムーズに移るピント

ホテルに居る人々を深追いし過ぎず、それぞれのストーリーを観客に想像させる演出が、まるで自分がその場に居るような感覚を味合わせてく
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

もれなく記憶みられるんかーい

個室とかないの?俺絶対ここ利用したくないわぁ〜…とか
拙いアクションとか
唯の痴話物語なとことかが続いてさ

水が押し寄せた映画の世界の様に、俺の頭には雑念が押し寄せて
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.8

ひかりがクズになるのお母さんやだなー!

馬鹿と遊ぶの楽しいぞー!


ずーっとシリアスコントを見ている気分だった。

土屋太鳳って性格めちゃくちゃ良いのに、なんであんなに性悪の役上手いんだろう?
>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.5

んー もう少し現代のスポーツを戦場に生かすというワクワクする展開が見たかった。

とにかくアメフト部が不憫でならなかった。

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

3.8

演出が上手いからなのか脚本が良いからなのかわからないけど、どこに向かっているのかわからない序盤のストーリー展開にも関わらず飽きずに見ることが出来た。

読解力のある人ならばきっともっと評価は高くなって
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

4.3

ちんこ見せられ、裸を要求され、万が一送ってしまった時それを拡散される危険。

様々なリスクを扱っているこの作品はドキュメンタリーと銘打った興味本位の実験映画ではなく、きちんと社会に警笛を鳴らそうという
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.2

ガイ
俺はさ、ずっと君のことを待ってたよ。

度重なる延期でもう映画館でみれないんじゃないかとさえ思ってた。

8月にやっと公開されると知ってからずっと楽しみにしていたけど、待たされた事で勝手に膨らん
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.8

細田守監督は"家族"にとても関心があるんだろうな。

でも関心があるからこそ、世の中暖かい家族だけではないという現実に直面する。
その現実に、表現者として自分には何が出来るのか?を葛藤しながら模索して
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

5.0

えげつねぇぇぇ
もうね、星5じゃ足りない。

鬼滅の煉獄さんの様に、ナターシャが一番好きだって人増えるんじゃないかしら。
俺も彼女をかなり好きになった。
ただその功罪としてエンドゲームのあのシーンは辛
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.5

声質、雰囲気、演技力
小松菜奈が役者をする為に生まれてきた天才だって事を確信した。

18歳にしてこの狂気じみた役柄をこなせる女優が他に思いつかない。
キャスティングの勝利。

役所広司との絡みがもっ
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

5.0

すげー作品
伸ばそうと思えばいくらでも2時間の映画に出来るのに、30分にまとめたセンスもすごい。

はらわた煮えくり返る様な怒りが込み上げたけど、でも白人警官を見境なく恨むのもまた違うよな。

警官も
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

心にお布団を掛けてもらったかの様な…
とても温まりました。

映画の終盤、とてもよいタイミングで主題歌が流れエンディングを迎えたものだから明転まで余韻で離席出来なかった。

なんならあと3時間はこの物
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.7

楽しさと使命感

このどちらかがあれば人間は困難に立ち向かえると思っている。

スキージャンプを軽々こなす選手達を見ていると簡単そうに見えるけど「これ、実はとんでもない事してない?」と前々から感じてい
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.9

全ての女性への応援歌

男女平等思想が浸透しつつある現代でも未だ"女性たるもの"を押し付けてくる社会に苦しむ人は多いんだろうな。

でも"男たるもの"を押し付けられて辛い思いをしてる人がいる事も理解し
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.1

テーマ、評判の高さ、日本アカデミー賞受賞
これらを鑑みて非の打ち所がないものを期待してたけど、正直期待をほんの少し下回る作品だった。

登場人物達が葛藤に苦しむその感情の起因となる部分をもう少し詳細に
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.6

アニメ版の記憶が程よく薄れてるこのタイミングで観たお陰で、ストーリーは楽しめた。

にしても滑舌…
英語吹き替え日本語字幕で見ればよかった。

キャラクター(2021年製作の映画)

4.2

画もストーリーもとても重厚。
オリジナル作品でここまで面白いものを作る日本人監督がいる事に少し嬉しくなる。

監督の過去作を調べてみた

帝一の國
恋は雨上がりのように
世界から猫が消えたなら

んー
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

5.0

パターソン
君の名前で僕を呼んで
この2作にどこか似た、とても詩的な映画だった。

軽薄な愛に戸惑い、本物の愛で強くなる

一つの出会い
一つの経験
一つの言葉

そんなものによって、今目の前に居る人
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.6

予告編がかっこよくてずっと楽しみにしていた作品。
公開延期を経て、緊急事態宣言禍の中上映してくれた事に感謝🙏

ただ期待値を超えてきたかと聞かれると…少し微妙

所々差し込まれる独特で印象的な構図。
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.9

この映画がアカデミー賞受賞作という事に、日本との文化の違いをとても感じる。

"孤独はあっても孤立はしない。日本にはない精神"とレビューした人が居た。

この映画を遠い国のお話しと捉えていた理由がこの
>>続きを読む

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

-

初監督作であること。
そして吉岡里帆のラジオに監督がゲスト出演した際、作品に真摯に向き合った事が伺える想いなどを聞き、ずっと見たいと思っていた映画。

やっと見れて、良い映画なのは理解できたけど心が動
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アクションのこだわり凄い。邦画実写最高峰では?
ただダラダラ殴り合うだけのアクションは、早く本編行けよと思ってしまうけど、突飛で多様な演出に全く飽きがこなかった。

アクションが好きな人は絶対映画館で
>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.5

坂本龍一 CODA
映画音響の世界

音の持つ力に気づかせてくれたこれらの作品。
カテゴリー分けするなら、自分の中で今作はこの2つと同じかも。

目を瞑っても情景が想像できる素晴らしい音響でした。
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.9

全不器用人類に見てほしい。

楓の気持ちがわかりすぎるって事は、俺は今でも青痛街道突っ走ってるんだろうな。
わかるわかると首を振りすぎてムチウチ気味

自己顕示欲
自意識過剰
無知に承認欲

こういっ
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

「昔は良かった」「俺たちの時代は…」そんな言葉を口にする奴が嫌い。
いつまで取り残されてんだよ。昔がよかった訳じゃなくて、お前はただ現代についてこれてないだけだろ!と毒を吐きたくなってしまう。

でも
>>続きを読む

>|