やっさんさんの映画レビュー・感想・評価

やっさん

やっさん

大学一回 映画製作サークル

映画(142)
ドラマ(0)

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.5

散々擦られてきた様なネタで既視感は否めない。
ただ邦画で覚醒剤の売人を主人公にしているのはなかなか無いのでは
冒涜のくだりとか、カーチェイス?のくだりは新しいかもと少し思ったけどわざと違うことをしよう
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

4.1

単純にコメディとしてもサスペンスとしても面白い
機関銃投げる下りとか、必死に補強した床が意味なかったりとか単体で観たらあまり笑えないのかも知れないが、映画のリズムと会話のテンポで全てが合わせ技になって
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

4.2

前半3つの物語は設定がありがちだし、人物描写が蔑ろにされてた印象。
この映画を薦める時に、4つ目から見ることを薦めようと思っていたが、全ての物語が終わった時に、4つ目以降のカタルシスや、単純な物語の
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.8

見方によって、満足度が180度変わる映画。
ただスマホを落とした事によるサスペンスとしてみたら、高校のSNSは怖いので気をつけましょうの教材並みのつまらなさかも知れない
とにかく本筋に関わる部分でも粗
>>続きを読む

消えた16mmフィルム(2018年製作の映画)

4.2

怖くないようで、怖いような不思議な緊張感が続く映画。
10代の時に撮った映画が完成する前に盗まれる事ってきっとめっちゃくちゃショックだったんだよなあ
シェイカーズは本当に見てみたくなるほど全てのカット
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

4.1

公開した時から気になっていてやっと観れた
期待以上に面白くてビックリした笑
ティーンの女の子にはなんでも自分に飲み込んでしまう若さと勢いがあることと、b級映画は相性がとてもよかったと思う
敵の話を聞い
>>続きを読む

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

3.7

不快
ピアノの上の動物の死体は理性が崩壊するメタファーかな

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.3

ザレイドの主人公俳優がサムネになってたので迷わず鑑賞。
ストーリーはあってないようなもの。
ザレイドぐらい気合いが入ったアクションと、ジョン・ウィックの50倍はカッコいい構図と美術で大満足
悪役のビジ
>>続きを読む

エレクション(2005年製作の映画)

3.8

コントラストの演出とか動物のメタファーとかがどことなく、仁義なき闘いっぽい
テンポは悪いけど、最後まで緊迫感のあるカットで飽きなかった

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.1

個人的にダニーボイルの作品でトレインスポッティング2が本作よりフィルムワークスの評価高いのは納得出来ない笑
誰の立場を考えても悪いのはスラムの現状である事を明確にしているので、生まれるカタルシスを増幅
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

4.2

カットの繋げ方大好き
校長がかわいそう過ぎるけどそれ以外は脚本も好き
中学生とかにみてたらもっとハマってたんだろうなあ
服がとにかくオシャレで真似したくなった
たくさんの映画にオマージュされてるから見
>>続きを読む

ブリーダー(1999年製作の映画)

3.4

どうしても俳優陣がプッシャーと同じだから比べてしまって今ひとつに感じた。
ちょくちょくカッコいい構図あり。
あとマッツミケルセン最高
ママに捧げるってどこをどう捧げたのかな

ラスベガスをやっつけろ(1998年製作の映画)

3.7

難しい。けどなんとなく当時のアメリカでベトコンの報道が毎日の様にあって、不安に怯えるが故にドラックに溺れるヒッピーで溢れかえっていた時代背景を描きたかったのかなとなんとなく解釈
構成自体は幻覚が視覚的
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

オタクに媚びてる感じが嫌いであえて公開時は観に行ってなかったけど、いざ観る機会があってみてみたら最高でしたと。
つまり僕はガッツリオタクになってしまっていましたと。

ウォッチメン(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

約3時間?ぐらいだったから重い腰をあげて見てみたら面白かった
ただラストになるにつれて展開自体は規模がどんどん大きくなるのに、主人公達の葛藤や意思はどんどん私的になるのがちょっと乗り切れなかったかもし
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

僕の周りでは評判悪かったけど、普通にカッコ良かったです
ただゲームのキャラクター選択画面みたいなあの演出は蛇足だしクソださい
そこは残念

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

昔見た時より最高の映画
自分が作った映画に全く同じようなカットがあったからいつの間にかすり込まれていたのかな

DJファントム・イン・ザ・ハウス(2016年製作の映画)

3.9

まあまあオモロい。割としっかり作られていた。
ヒロインがトムクルーズに似てた

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.2

タイトルとジャケ写と予告で想像した内容と正直変わらなかったけど、ワクワクしちゃうし、展開に釘付けにされてもうた
キャンピングカーみたいな家を作って移動することでお互いの家族に足りないものを補い合う発想
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

麻薬戦争が世紀末過ぎる…
人道的かはおいといて、CIAもFBIも全員それぞれ自分達なりの根拠や信念のもとで動いていて物語的にも圧倒的な悪を立てない事で正義とは何かを観客に問いかけることに成功してるのか
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.5

世界観で興味を引っ張って終わる映画っぽくて地雷かなと思ってたがそんなことなかった
この監督の作品の籠の中の乙女を観たことがあるのだが、今作も籠の中の乙女も一見我々の常識とかけ離れた思想だったり世界観に
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.3

正直期待してた何倍も面白かった
モンスターのデザインも進化の過程が分かるような合理的で尚且つ禍々しくて上がった
あと愛国心剥き出しの調子に乗った腐れアメ公がボコられてたのが爽快!!!
歴史的背景をがっ
>>続きを読む

凶気の桜(2002年製作の映画)

3.4

期待外れー
こんな映画作れてた事が凄いってだけかなあ
オープニングはワクワクした

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.3

ストーリーが面白くなかったし、たいして構図や美術にも惹かれなかった
最初のデブのおばさんの映像は好き
期待しすぎたかも

スモーク(1995年製作の映画)

4.4

ヒューマンドラマ最高過ぎる。
他人を少し思いやるだけで、その人の人生を大きく変えることになったり、人生を豊かにするって当たり前の事だけど、なかなか出来ないし気づけない

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.2

今まで何度かおすすめのコメディとかで目にしたけどなんとなく避けてきた映画。
面白い上に、感動する良作。
ロードムービーで家族物という事で、リトルミスシャンシャインを観ててニヤニヤしちゃう感じが久し振り
>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

4.3

ジャケ写がダサいから毛嫌いしてけど、めっちゃくちゃハラハラした
やっぱり我らのトム・ハーディ様は、めちゃくちゃ演技上手いし他の役者も役柄にみんなハマってた
話自体はそこまで珍しくない
オープニングがか
>>続きを読む

パッケージ: オレたちの"珍"騒動(2018年製作の映画)

4.3

これは明らかに隠れた名作になると思う!
と思ったけどまだ2018年の作品だからこれからかな
初めサムネ見て、スーパーバットぽいと思ってたけど蓋を開けたらキチガイしか出てこないとんでもない映画だった。
>>続きを読む

アフターパーティー(2018年製作の映画)

3.7

面白い!
けどまあ散々こすられたネタである事は間違いない
最近の映画でこの規模だからこそ、今流行ってるネタとかが出てきてより感情移入できた

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

4.0

シリアルキラーと映像表現の相性バッチリ★
内容はシリアス過ぎて、いい緊張感でずっと見れた
美術の気合いが凄すぎて拍手👏

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

面白かったけど、ヴィランの魅力が圧倒的に足りてなかった。まあその分ヒーロー同士のイチャイチャに時間をかけられていたから結果的にはokだと思うけど、ヴィランの恐ろしさは全くなかった。
あとロシアのある家
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.4

面白い!
今では大御所とされる俳優陣が若さとハングリーな精神でみんなギラギラしてた。
菅原文太に勝てる人間はこの世に一人としていない。

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.2

ドラマ版しか見たことなかったけど、映画の方が最高でした。
青春最高すぎる。
音楽と状況がリンクするのが、ベタだけど心踊った!!!!

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

雰囲気といい、キャストの演技といい、カメラワークといい好きな映画だったけど、長く感じてしまった。
それは多分様々な人物のボイスオーバーが出てきたのが、長く感じる原因かなと思う
物語的にもそうなるのは仕
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.9

確実に日本映画の歴史を変える作品。
あれほど映画で笑って泣いた事はないし、これから先もなかなか出会えないと思う
映画が好きなら好きなほどハマると思う

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.4

3時間なんかほんとにあっという間に過ぎた。
男なら誰でも憧れる、野心にまみれ自分の信念を曲げない主人公に魅了された。
許されない行為も主人公の悲しい背景故の行動でとても切なくなった
左右対称の絵作り
>>続きを読む

>|