Yudaiさんの映画レビュー・感想・評価

Yudai

Yudai

とある学校で将来CG業界での活躍を目指し
CGの勉強してる学生です

演出などにも興味があり
特にアクション系が好きです

好みのジャンルはアクションですが
映画は幅広く様々なものを見てます

映画(264)
ドラマ(0)

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

この時代のことは
全く知らないが

観ていて自分の高校時代を思い出した

今思えばバカやってたなって
つくづく思って大人になっても
仲良いって素敵だなって感じた

色々な感情が渦巻いて
泣けた作品だっ
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.8

そうゆうオチかと思いつつも
総じて2人の想いが甘くも
切ないもので胸がすごい締め付けられた

能力系なのに恋愛要素も
強く描かれていて
すごく良かった

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.0

CGのクオリティがとにかく
リアルだがアニメ寄りで
惹かれるものだった

ストーリーやアニメーションも
とてもカッコ良さを感じて
良かったです

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

原作を見てないが
いまいち面白さが足りなかった

でもCGのクオリティは
とても良かったと思う
そこにはカッコよさはあった

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.8

CGのクオリティが高く
1匹1匹の個性がたっていた

ストーリーも忠実で
面白かった

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.2

CGのクオリティが
とにかく高過ぎる

もはや実写と見違えるほど
アニマルプラネットを
観てるかと思いました

描き方もアニメーションも
よくて感動しました

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

4.0

オールスターという感じで
とにかく豪華な感じだった

それゆえストーリー性は
薄く感じたものの迫力は
ものすごかったので満足だった

あとはなんだかんだで
漫画とのリンクもあったので
理解しやすかった
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.5

やっと見たが昔ながらの
描かれ方で好感を持てた

当時に見ていたら多少
感じ方は違ったのかもだが
自分は面白く感じた

映画の尺的に一気に
淡々と死ぬところは
あったが大事なところは
描かれていたよう
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.6

絶対面白くないやろ思ったら
予想以上に心動かされるもので
驚いた

主人公がメンヘラで
周りの男も女も最低で

でもそれが人間関係なんだって

極端に描かれてるけど
それが人間関係であり
難しいものだ
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.8

タイプの真逆なタイプが
惹かれ合いくっつく展開は良い!

土屋アンナも深田恭子も
ぴったりのキャラクター性で

面白い世界観とシナリオでした!!

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.0

なんというかガッツリ見える
時間があり過ぎ長いため

もはやその存在に人間っぼさを感じ
怖さを感じなかった

見えるとは言え映し方を
もっと考えたら怖い存在として
映せたのになと感じました

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

4.0

アンドロイドが日常に
溶け込んでいる世界での
描かれ方がリアルで

なおかつその中での
それぞれのキャラクターの
背景事情にとても惹かれた

アンドロイドと人間という
テーマは終わりのないテーマ
だと
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

窪田正孝がホンマにカッコいいし
金木研を綺麗に演じれている

CGの完成度も高く
迫力がとても高いものだった

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

王道の展開やセリフまわしですが
キャストなどの演技がとても
力が入っていたため
面白くみることができました

家族の絆など
本当に響きました

好きになるその瞬間を。 告白実行委員会(2016年製作の映画)

3.5

やっぱハニワの世界観は
胸キュンばかりで癒されます

全てがキラキラしてる
世界観や演出、シナリオで
青春だなって感じです

最低。(2017年製作の映画)

3.3

つまらない日常やAVが絡んできての
日常など本当にリアルに描かれていて
引き込まれたし感情を動かされた

何より女優さんの表情がリアルでした

ラブライブ!The School Idol Movie(2015年製作の映画)

3.8

もう少し2Dと3Dの変わり目を
自然にしてほしいなと
思いながらも海未ちゃんが
可愛かった

帝一の國(2017年製作の映画)

3.3

菅田将暉の演技が上手い

原作を知らないが
自分は面白く感じた

菊間へのイラつき
とその後のスカッとが
いい歩合であった

ずっと前から好きでした。告白実行委員会(2016年製作の映画)

3.5

ハニワの世界観が
本当に微笑ましい

高校生らしい空気感や青春の感じ
なんとも言えないくらい好き

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.5

キリストとブッダの
やり取りがなんとも面白い

漫画が原作ゆえだが
2人の声優さんの演技も
あっていて良かった(^^)

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

3.8

たまに見たくなる面白さの
ある作品

主人公のなんとも言えない
ギャップが面白く
引き込まれる

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.5

予想より面白くて
良かった

間や空気感が秀逸でつい笑ってしまった

ペット(2016年製作の映画)

3.7

キャラクターそれぞれに
個性があって良い!!

そして性格があるものの
可愛さが失われておらず
ストーリーも分かりやすくて良かった

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.8

3話構成でどの話も切なくも
甘いストーリー

新海誠監督の描くシナリオは
リアルな日常模様を描いており
そこらへんに惹かれます

今回もそんなリアルも切ない
恋愛模様が描かれていました

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

登場人物の抱えてるものを
全て描いてないことで
その裏側にあるものを
想像することができ
引き込まれた

確かにしてる行いは最低で
あっても人間の弱さを知ってる
もの同士

支えられるんだなと感じた

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

さすが新海誠監督の描く世界って感じ
1時間もないから観やすいしその中での
描かれるストーリーも描写も惹かれた

なんで今まで観なかったんやろ🤔笑

カラフル(2010年製作の映画)

3.6

ヒューマンドラマ系のシナリオは
引き込まれるので良かった!

難しい親子関係、友人関係など
なんとも言えない心の痛さが
ありながらも

その中で早乙女との友情の芽生えなど
よかった

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0(2008年製作の映画)

3.5

前回のものに1部3Dシーンを
足したものだが

やるなら全て3Dシーンに
フルリメイクしてほしかった

中途半端なため2Dと3Dの
織り合いに違和感を感じました

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.5

自分の産まれる前にこれほどの
クオリティのアニメがあることに感動

シナリオも演出もキャラクターも
全てに惹かれ、思わずすぐに2度目
を観ました

また3度目も観て勉強したいです

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.2

まだ20代ながらもボロ泣きして
人生に関して見直せた

自分が出会いの大切さを
知ってるゆえにめちゃくちゃ響いた

違う人生を歩んできたからこそ
分かり合えない部分はあるものの
逆に足りないものを補え
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.0

戦争の恐ろしさと
ユダヤを迫害する人間の愚かさなど
色々と昔を見直せ学べる映画

ユダヤに人権はなく
おもちゃを壊す要領で
簡単に殺す

本当に昔はこんな感じだったんだなと
認識できる

>|