YudaiMatsunamiさんの映画レビュー・感想・評価

YudaiMatsunami

YudaiMatsunami

新聞記者(2019年製作の映画)

3.6

松坂桃李は本当に最高の俳優

日本はどんどんおかしな方に行っている。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

2.9

あんま、よくわからない
ただ、この中のキャストは未来に絶対有名になる気がする

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.2

期待通り
トムホランドのスパイダーが確固たるものになった気がする

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.2

日本の伝統芸能
ドタバタコメディサスペンス?

分かりやすく、目立つけど
あんまり感情の揺れはない映画

アラジン(2019年製作の映画)

3.3

踊れる、歌える
ディズニーの実写では成功ではないかな?

とにかくキャストの強さで、それぞれの良さも表現してるし
そこから、今の時代の世界観を伝えてる

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.0

家でみても、わからないかも

ただ、映画館でこれをみれて本当によかった

映像と音

アニメーションでこんな新しい世界観を見せてもらえて感謝

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.3

やばいおじさんこと
リーアムニーソン

雪の上でのヤバさはもっと怖い感じを
見たかった

プロメア(2019年製作の映画)

3.6

アニメの新境地!
新しい作家性と映像表現

アニメ好きは必見

バイス(2018年製作の映画)

3.3

アメリカの闇を分かりやすーく教えてくれる感じ

ただ、もっとドロドロしてていいかなーと思う

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.5

最高!
音楽、テンポ、映画のテーマ性
どれもクセが強くて面白かった

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

予想外!!

潜水艦の中の緊張感と戦闘の緩急が最高

どんな戦いをしてるのか、どんな危険があるのか
わかりやすくスマートに教えてくれる

絶対想定してない人ほど、見てほしい

キングダム(2019年製作の映画)

3.3

漫画が好きなだけに
実現できるのかなー?って思ってた

ジャパンクオリティではあるけど
満足!

ダンボ(2019年製作の映画)

3.0

ダンボが実写

ディズニーの実写の中では、うーん、どうだろって感じ。

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.3

トランスフォーマーからのスピンオフ

いい感じのテンポ
いい感じの戦い

午後のロードショーで見たい黄色い車が頑張る映画

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.3

マーベルムービーの新しいステップ

時代に合わせて、女性のヒーローでもありながら
なんせ、チート級の強さ

これ、今後誰がこの人に勝てるの?(笑)

運び屋(2018年製作の映画)

3.4

クリントイーストウッドが薬の運び屋?
まさかっていう展開にドキドキしますが

物語の底にはアメリカの不平等や
チャンスを掴むためのリスク

そして、その選択によっての運命とも呼べる未来

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

白人のボディーガードと、黒人のピアニスト
当時の世界の中で絶対に相容れない中で
ロードトリップの中でだんだんと縮まる二人の距離が

今の時代においても感じる差別、そしてその変化

フライドチキンを車で
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.3

予想してたより映像も迫力あるし
ストーリーの盛り上がりもあるナーメテーター映画

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

予想より面白い!

漫画が原作なだけあって、ストーリーはビックリする展開ばかりで
そんな馬鹿な!みたいなのが多いけど

キャストもわかりやすく
なんなら、気軽に見逃しながらみても何の悔いもない映画です
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

最高!!

映画とアニメの新次元を見せてもらった!

映画としてのアニメというよりは

コミックが本当の意味で劇場になったようなイメージ
コミック独特の空間演出や2次元ならではの吹き出しの良さが
こん
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

若手俳優勢揃い!

それぞれの演技の違いやキャラクターに沿った演技が好印象の人もいれば

こいつはないなー、って人もいる

ストーリー自体も2時間ドラマ感のある雰囲気だし、堤監督の映像の加工の仕方とか
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.1

池井戸潤原作の映画化

いわゆる半沢直樹的映画

野村萬斎が最後まで野村萬斎

物語はいいけど、なんだかなーって感じ。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

DCユニバースから登場

ニューヒーローになるか!と思ってたけど
物語や映画としては残念ながらダメだった

ジェイソンモモアは最高で存在が素晴らしい!

DCはマーベルには勝てないのか、、、

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.5

最恐
映画館でこんなに怖いと感じたのは初めてかもしれない

あの、ポンッ
という音や、最後のシーンへのカタルシスはもう映画館で横の知らない人の腕を掴みたいくらいに怖かった(笑)

人生No. 1のホラ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.7

キムタクは何があってもキムタク

長澤まさみも何があっても長澤まさみ

残念。

>|