Makyuさんの映画レビュー・感想・評価

Makyu

Makyu

ジャンルや年代を問わず、いろんな映画を観ます。

映画(3520)
ドラマ(0)

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

良き原作、良き脚本、良き映画。
原作読んでたけど、それにしてもしっかり楽しめた。そして、この作品の映像化には驚かされたが、よく練られていると思う。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

予告で見て抱いた期待とは違った満足をもたらしてくれました。
個人的にはウィロビー署長の手紙と、ラストがお気に入り。
面白くて感動的。アカデミー賞にも相応しいであろう作品であると感じました。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

とにかく松岡茉優がすべて。松岡茉優ムービー。前々から注目してて、歌い出したときには鳥肌モノだった。
あと、二がウザすぎる。あいつ嫌いだ。よく知らないが、そこまで嫌悪感を抱かせるのはあの役者の演技力か。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

期待を裏切らないギレルモファンタジー。
不思議な世界の優しい話に、心が暖かくなる。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.9

シリーズ作品、どんどんつまらなくなってたけど、これは久々に面白かった。
そうくるか!って感じでした。
時間軸の見せ方も良かったんでしょう。すごく楽しめた。

火花(2017年製作の映画)

3.7

原作は原作でわざわざ難解な言い回しとかしてるなぁと思ってたけど、映画は映画で板尾創路らしいシュールさが出てるなぁって感じ。
役者の巧さは否定できない。
木村文乃の茶髪が新鮮で、変顔がかわいい。
原作で
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子役の子がかわいいなぁ。
子育てには正解がない難しさを感じてるけど、こんな天才だったらなおさらだろうな。
家族愛を感じられる作品でした。

(2016年製作の映画)

2.8

原作読み終わった直後の鑑賞。
いきなり音楽からしてイメージと違ってて、好みではなかった。
井浦新、瑛太の演技が良かったので、それが楽しめたポイント。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

見入ったよ。
小説と現実が同時進行する構造ながらもストーリーはシンプルで、こんがらがることもなく楽しめた。
現実の過去を隠喩しているであろう小説の内容が主人公の生活を狂わせていく様、それ自体が何を隠喩
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

4.2

すごくリアリティを感じる作品。特に浅野忠信さんの演技にどんどん引き込まれて素晴らしかったと思う。
幸せの基準は人それぞれだと思うし、ちょっとしたことで人生は好転したりする。そうゆうことを感じられた作品
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

かっこよくて、かなり好きな映画です。
「ラ・ラ・ランド」よりこっちが好きですね。
家族、仲間を大切にする素敵なストーリーでした。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

トム・クルーズらしさもありながら、なかなか面白いストーリーとバリーの人柄を楽しめました。
やっぱり史実を描いた作品は興味の湧き方か違います。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.1

原作未読。
同じ沼田まほかるさん原作の映画ですが、「彼女がその名を知らない鳥たち」の方が、映画は好きでした。

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.3

これがすべてではないけど、こういう現実もあるということを痛感した。
人々の感情描写が良い映画だと思う。

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

3.1

相棒は劇場版しかほとんど見てないけど、シリーズならではの良さがあると思う。
もし、最初に戻れるならドラマも見てみたいが、今さら全部見るのは途方もない。
黒幕は最初から黒幕感が出ている。
が、その裏のス
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.6

結構好きでした。
子供向けではないダークファンタジー。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

これは、ホラーなのだろうか。
変な怖さと可笑しさがあって、でもジワジワと引き込まれていく。すごく不思議な感覚で、しかも楽しめました。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

ロビイストって職業がどんなものなのかから入って、最後にはかなり引き込まれてました。
先が読めない展開もすごく良かったし、何よりカッコいいじゃないか。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.6

共感はできないけど、これも愛なのだと理解はできる。演技がいいということはとても大事なことだと思う。
原作でも、沼田まほかる作品に興味を持った作品でもあり、ユリゴコロも見てみたいと思う。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.7

エマ・ワトソン、美人だなぁ。
スノーデンショック みたいな話かと思ったらちょっと違ってたみたい。

亜人(2017年製作の映画)

3.0

冒頭の入り方が良かったからハマるかと思ったけど、途中からもう少しだった。
佐藤健と綾野剛はどちらも良かった。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

見ててすごく気分が乗ってくるのを感じた。
自分達の実力で、次々と新たな「前例」を作っていく姿が爽快。

エル ELLE(2016年製作の映画)

1.8

期待してたけど、全然思ったほどじゃなかった。評価からしたらもう少しは楽しめるかと思ってたんですけどね。非常に残念です。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

宇宙人が侵略目的で地球へやってきて、人類に紛れ込んで、人間の概念を奪っていきながら地球の事を知ろうとする。
これまでに見てきた宇宙人が侵略してくる映画とは違う、不思議な面白さがあってすごく魅力的に感じ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

物語に引き込まれました。
是枝監督ってやっぱりすごいんだなぁ。

真実に行き着かないもどかしさと、それを自分で想像する楽しさが、ちょうどいいバランスで共存してます。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.4

安定の劇場版コナン。
ちはやふるとあわせて、百人一首を楽しませてくれる作品でしたね。
この次が楽しみ。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

圧倒的な人気を集めた前作の世界観を壊すことなく、しかし新たな視点でも描かれていて楽しめた。今の人類に、ヒトとしての本質を問いかけられているようにも感じた。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

シャーリーズ・セロン見れればいいかなと思って観賞。やっぱ美しい。
音楽は好きだったけど、ストーリーとアクションはあまり好みではなかった。

忍びの国(2017年製作の映画)

2.4

原作からしたらかなり落ちてる。
こんなに漫画っぽくしてしまうなんて。
キャスティングは全体的に良かっただけに、脚本に疑問を感じる。リアリティーの無さが不満でした。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.1

原作未読。
小説読んだ方が面白そうだと感じたのは、キャストが好みじゃなかったからか、それともキャストの演技が問題か。
もっと感動作かと思ってた。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.1

もっと激しいカーアクションがあるのかと思ったけど、クラシックカーを楽しむという要素の方が強かったかも。

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.3

マシュー・マコノヒーの役作りと演技が最大の見どころ。
実話とは思えないようなストーリー。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.3

前2作の方が好みだったので少し残念でした。
大杉漣さんがもう見れないと思うと、また寂しさが込み上げてきました。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

非常にアメリカ映画的で既視感すごいな。
予定調和といってもいいぐらい、想像通りに進んでいく。
まぁ、でもそれわかってて観てしまうんですけどね。

>|