ゅぃさんの映画レビュー・感想・評価

ゅぃ

ゅぃ

2018年6月、このアプリを知り登録。映画館で観たものについてFBにメモしてた感想を、1年分くらいコピペ(そこで力尽きた…。笑)。そんな感じなのでレビューとは言い難いかもだし、これから観るものについてもきっと、ただの感想だろうけど、ここに記録していこうと思う。
余裕があったら、TVやDVD等で観たものの感想も書くかも。余裕があったら。。

映画(88)
ドラマ(0)

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

-

原作小説がある映画は、読んでから観たい派。
(先に観ちゃうと、読んだ通りに思い浮かぶはずの自分の映像イメージに影響するから)

でも、彼の小説は何冊かは読んで、私の中では可もなく不可もなくな感じだった
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

泣いた…。
まぁ、泣くだろうとは思っていたけど。
お涙ちょうだい的な印象は受けなくて、私はリアリティあるように思えて、だからこそ泣き続けたのかも。

子供がどんな風に育つか、やっぱり親の考え方は重要だ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

邦題から勝手に想像していたのとは、ちょっと違った。
原題が、色んな意味でそのまんまかな。
すごい大雑把にまとめると、「心が壊れちゃった人が、物を壊しまくるお話」(←ザックリ過ぎるw)。

基本的に主役
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

-

予告観て気になっていた作品。
実話なんだよね。映画になるまで、そんなニュースあったの知らなかった。
なんて言うか。

一番強く心に残ったとこは、ネタバレしない方が良い気がするから書けず。。

他人の人
>>続きを読む

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017年製作の映画)

-

大好きな鷹の爪シリーズ。公開館数少なくて行きそびれるかと思ってたけど、観に行けた♪
皆、相変わらずだったわー。笑
いつもより、笑いポイントは少なめな気もしなくはないが。

さすがに、DCヒーローズには
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

-

面白かった。SNS等を使った、現実にもあるんじゃないか!?と思ってしまうような映画。
さすがに無いと思いつつも、いや、あってもおかしくないかも?とも思えちゃう。

主役の側に入り込んでみたり、周りの観
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

-

正統派ラブストーリーって書いてあったけど、それだけじゃない気がする。
戦争映画でもあったりとか。

マックス(=ブラピ)が優秀であることが納得の設定。
作り物だからこそよくある引っ張る感じ(そんなセリ
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

-

なんとなく”観たいなぁ~”と思っていて、目にした評価は好評が多かったので、観に行ってきた。

基本的に人がいっぱい死ぬ映画は好きじゃないのと、ツッコミ入れたい点はいくつもあったけれど、まぁ普通に楽しめ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

-

映画をアートととらえたら、素晴らしい!と言える所もあるのかなぁ。
でも。ちょっと私にはわからなかった。。
どちらかというと「気持ち悪い」と思える人物&シーンの方が多くて。。

芸術作品って難しい。
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

兄の死をきっかけに、遺された甥のためにも、自分の過去と向き合うというお話。
その過去については、劇中でも“君の、想像を絶する経験”みたいなこと言われる場面があって、本当に想像を絶する経験で…。
向き合
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

何で邦題は複数形にしなかったんだろ?と思ってたら、前あったね。「パッセンジャーズ」って映画。だからかな。
そしたら、何で原題は同じのにしたんだろ?と思い始めてきたけど、まぁいいか。

私、こういう宇宙
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

2回目。今度は吹替にて。
吹替も字幕も、どっちも良いと思う。
なのでそこは関係なく、ただやっぱり2回目の方がいいんだな~。
次に何が起こるかわかってるのに。
だからこそ?
その前から泣いてみたり。
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

原題は、観て初めて知った。「ARRIVAL」なんだね。そのまんまでも良かった気がする。

PRなのか、誰かが言い出して拡散されたのかわからないけれど、「ばかうけ」で話題になったこの映画w 「ばかうけ」
>>続きを読む

>|