カメチーさんの映画レビュー・感想・評価

カメチー

カメチー

  • List view
  • Grid view

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.7

ダンスで泣くとは思いもせず…いやはや感動しました。
ビリーの父親の複雑な感情も、言葉少なに描いていたのがよかったです。時代を彷彿とさせる炭鉱ストの様子も同時に描かれていて、ビリーに感情移入しやすかった
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

2.6

小説で読んでいただけに、期待してしまいましたが、これは小説の方が面白かったなあー。コリンファースはステキでした!

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.5

あんな奴いるわー。
と、主人公のジョシュタイプのわたしとしてはとても腹立たしかった。「若いから」ということで片付けてしまっていたけど、あれは若さからくるものなのか?もっと個人的な性格の問題のような気が
>>続きを読む

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

3.0

ショーンペンが…!魅せてくれる映画です。ただ、予想に反してグロいシーンが多く、目を背けたくなる箇所が度々…。またストーリーもコンゴでの人道主義に反した北の搾取が基盤としてあり、少々重苦しい感じが全体に>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.0

人間って汚い生き物だなあ〜。あまりにも浮世離れしたストーリーで、とても実話とは思えなかったよ。現実を忘れさせてくれる良き映画でした。
ステイサム様のアクションはあまりないので、そこは期待しない方が良い
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.9

最後までけだるい感じが心地よかったです。近くにいる人の愛情って見えにくい。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.5

ジェイクギレンホール観たさで鑑賞。

脚本に無駄がなく、初めから最後まで釘付けになりました。

スペースウォーカー(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

長い…!!!

ということはさておき…。クライマックスの救出シーンには大層感動しました。実話というからすごいです。

いくつかとても良いなあ〜と思う映像シーンがありました。一つは宇宙船の中で気を失った
>>続きを読む

マザー・テレサからの手紙(2014年製作の映画)

4.5

いたく感動しました。いやはや、カラカラのコンタクトもあっという間に潤んでいってしまうほどでした。

自伝映画って史実に忠実にならざるをえないから、やたらとタラタラとしていて、盛り上がりどころが掴めぬま
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.7

鑑賞前に想像していたよりもアートで、観るものに多くの解釈を委ねてくれる映画でした。(つまり少しばかり苦手だった)
にもかかわらず、もう一度観たくなっています。(それはおそらく、もう一度じっくり観て、登
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

2.3

緩急のある映画ではないので、一気に観るのが少々辛かったです。しかし、若き日のチェゲバラを知るにはとても良き作品だと思います。

追憶の森(2015年製作の映画)

1.5

映画の中に出てくる日本人のキャラクター設定がハリウッドでした。(つまり雑でした笑)
ストーリーにもあまり共感できず。予想してたよりもサバイバル要素が強くて、とても痛かったです。

ミルカ(2013年製作の映画)

1.5

ちょっと観にくかったなあ…と思ってしまいました。
やたらと大仰なBGMに合わせてスローモーションでみせるので、その分チープな印象を受けました。インド映画だいすきなダンスシーンもしかりで、あまりクオリテ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.4

最後にスカッとするハッピーなロートムービー。ショーでのステキなダンスに声を上げて笑ってしまいました。なのに、家族っていいなあって少しうるっとしてしまったりして。

哲学的な無口男子ポールダノがハマり役
>>続きを読む

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

1.1

本題に入るまでの前置きが長すぎたかな…と感じました。そして性的描写があまり好きにはなれませんでした。

捉えどころのない淡々とした映画でした。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.6

期待せずに観てたのにいつの間にやら前のめりになっていて、気づいたら涙していました…。笑

インドの男尊女卑的な社会背景を描きつつ、恋愛要素も混ぜ混ぜして、最後には屈辱を晴らしてスーパーハッピーエンド!
>>続きを読む

>|