カメチーさんの映画レビュー・感想・評価

カメチー

カメチー

映画(346)
ドラマ(6)

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

2.5

ありえなさそうな題材なのに生活臭がすごくてむせ返りそうだった。。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

ジェニファーローレンスがただただ美しくて見惚れました・・
ただ暴力的なシーンがグロくて、度々「うっ・・」ってなりました。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.9

決して観ていて愉快な気持ちになれる作品ではありませんが、とてもリアルでした。薬物は、誰にとってもすぐそばにあるもので、簡単に人生を崩壊させてしまえるものなんだということがよくわかりました。。

「心の
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.0

7年前に小説で読んだ時、いたく感動した記憶があったので鑑賞してみました。しかし、正直、映画ではそういった感動は一切ありませんでした。

主人公の心の機微がもうちょっと詳細に描かれていたらよかったのに、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

現実逃避のために映画館に足を運びました。

ヒロインが美しすぎて、誰もわたしの視線なんて追っていないのに目のやり場に困った。アラジンもヒロインに負けず劣らずの文句なしのイケメンで心が洗われた。THE・
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

想像していたよりもストーリーがずっとずっと面白かった!

トレーラーでみたときは、ピカチュウのふわふわの見た目と声のギャップにすごくショックを受けたけどそれにもすぐに馴染んだ。きっとあの見た目で、あの
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.5

あらすじを知らずに観たので、まさかのストーリー展開に「え、そっち?」と何度も驚かされました。

中田秀夫監督だからか、役者さんの演技がよい意味でとてもわかりやすく、とても嫌な言い方をするととてもチープ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.5

会話だけで魅せていくという新しいジャンル・・!

関西弁での軽快なやりとりに昔住んでいた大阪での日々が少し蘇りました。(無論、蘇ったと言っても小生はあんな賢い会話のキャッチボールはできるようになりませ
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.6

『後味が悪い』と散々聞いていたのですごく身構えていましたが、そんなことは全然なかったです。

自分が就活をしていたときのことがまざまざと思い出されて、登場人物たちに自分を重ねて少し苦しくなったくらい。
>>続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年製作の映画)

2.7

想像以上にギャグ寄り映画でした。

「感動のラスト!」とか書いてあるので期待して観たのですが、私としては一ミリも感動できなかったです。ストーリ展開も次が見え見えなのであまりドキドキもできず。これは完全
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何気なく見始めたのですが、鑑賞後には、想像していなかった哲学的問いに直面させられました。

それはつまり、この映画の主人公が抱えていた問いであるところの「なぜ生きるのか?」ないしは、「人との関わりの中
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.3

緻密に計画された完全犯罪の爽快さと、裏世界ならではの余裕っぷりに酔いしれました。

規模の壮大さにも関わらず、割とテンポよく話が進んでいき、最後に観客をも出し抜くどんでん返しも用意されていて2時間があ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

これが実話とは…規模が大きくて自分がちっぽけに思えました。映画の醍醐味!

ものすごいワガママを言うと、トムクルーズが老けているのがちょっと惜しかったな〜。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

2.7

頭を空っぽにして見れました。が、特に謎解きの面白さもないSFちっくな映画でした。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

4.0

二人とも死ぬほどカッコよくて目の保養になりました。

知的好奇心を刺激しつつも、ロバートダウニーJr.のおっちょこちょいでキュートな一面が母性をくすぐりやがる。

最後のチェスのシーン、あんなこと本当
>>続きを読む

マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011年製作の映画)

4.0

鑑賞後に「いい映画観たわ〜〜」って幸せな気分にどっぷり浸かれる映画でした。老後に期待をもてます。

ジョンマッデンの映画は他にもみたけど色彩が美しいな〜。インドの香りがそのまま画面越しにも伝わってきて
>>続きを読む

運命の元カレ(2011年製作の映画)

3.0

いつだか昔に見たけど、わかっていたがらまた見てしまった。クリスエヴァンスの裸に酔いしれるために…。笑

ストーリー設定があまりにバカバカしいので、これは欲求不満が募った時の女の眼福のためだけに作られた
>>続きを読む

あるふたりの情事、28の部屋(2012年製作の映画)

3.0

現実味があり過ぎず、かといって絵空事を追い求め過ぎているわけでもなく、ちょうどいい塩梅なところがとても好きでした。

女性が男性を好きになっていくその過程はあまりに切なかった。無論、男はそれには応えな
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.2

ジェイクギレンホール観たさに…!

なんと猟奇的なストーリーなんでしょう。事前情報なしに鑑賞したのですが、主人公の女性と同じような気持ちをたどることが出来て、途中から苦しいのなんのって…小説は元妻への
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

どこを切り取っても非常に美しい絵でした。

しかし、ストーリーは期待していたほど引き込まれるものではありませんでした。(劇的な展開を期待しすぎたのかもしれません…)

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

2.3

とんでもねえリア充の話だな。

と毒づいていたら、案外そうでもなく割とリアルに忠実な結末だった。

二人のようにドラマティックな経緯はなくとも、長年連れ添ったカップルにはうなづける部分も多いのでは?と
>>続きを読む

リベリアの白い血(2015年製作の映画)

4.0

リベリアの天然ゴム採集者たちの置かれた労働搾取が背景になっている映画でした。

ファストファッションが推し進められた結果、バングラデシュなどの途上国で働く末端の人間が搾取されているのは、True co
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

自分の知っている現実とはかけ離れており、何も期待せずに見たがそれでも想像を超えていた。

天才数学者の身になったつもりで観てみたけど、やっぱりあまりにも現実味がなかった。わたしは考え込みやすい性質があ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

初め30分くらいは退屈してしまったけど、段々と面白くなってくるタイプの映画でした。

ライアン・ゴズリングのアホなのにちょいちょいキレッキレでクールなところを見せる役がカッコよかった。娘役の女の子も美
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

こんなに終始涙しっぱなしだった映画は初めてでした。5分おきくらいに大量の水が出てく…。脱水症状を起こしそうでした。笑

>|