yukkafilmさんの映画レビュー・感想・評価

yukkafilm

yukkafilm

映画大好き人間。UK在住のため最近は洋画中心ですが邦画もたまに。素敵なイギリス映画発掘したい。鑑賞ジャンルは幅広く、爽やかな青春・カミングエイジものからB級ホラー(ゾンビ大好き)まで。デビッド・リンチ、ダリオ・アルジェント、80年代コメディ、アートハウス系、ピンク映画も好きです。

映画(227)
ドラマ(1)

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.2

痛快フェミニズムクライムロードムービー。
まぁ二人ともお綺麗でグラマラスですが、いいトシした普通のおばさん二人が主役の映画なんて面白くなるかね?って観る前は正直思ってたけど、どんどん深みにハマっていく
>>続きを読む

スキャナー・ダークリー(2006年製作の映画)

3.9

実写から更にそれをブレブレのアニメにするっていうめっちゃめちゃ労力かかってそうな映画。
他にこういう映像ってあまり見たことなかったし、スクランブルスーツとかかなりトリッピーだし、現実と非現実どっちでも
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

Once upon a time...ってタイトル通り、なるほどこれはタランティーノのお伽話。彼なりの解釈で皮肉・ユーモアを含め1969年ハリウッドを描いた物語。さて1969年と言えば有名なウッドスト>>続きを読む

アビス/完全版(1993年製作の映画)

4.2

未知との遭遇、海版。
劇場公開版は重要な部分(深海生物のイデオロギー)がカットされ、メイクセンスしないので完全版を観るべき。
莫大な資金といくらかの人命リスク(監督本人含め何人か死にかけたそうです笑)
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

さぁ、やっと心の準備をして鑑賞!ベルリンのユダヤ博物館にも行ったし、アンネの日記も読んだし家にも実際行ったし、ドイツ在住時代は色々ホロコーストについて触れたり考えたりもして、その度に心が折れそうになる>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.3

公開当時、一家総出で映画館に行って皆んなで興奮しまくった思い出の映画。久しぶりに鑑賞。
ティラノサウルスとの最初の遭遇や子供二人がキッチンに隠れてラプトルから逃げるシーンなど、今でもすごい記憶に残って
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.2

長いんで2日に分けてやっとこ笑
この作品自体も1930年代の映画がベースらしいですが、デパルマらしい派手さ・キザさ・ギラギラさがトニーモンタナの人生にぴったりハマっているし、アルパチーノの見事な演技
>>続きを読む

アフター・アワーズ(1985年製作の映画)

4.3

スコセッシ作品の中ではちょっと異色な隠れた名作。

普通の男のちょっとした下心から始まった一夜の悪夢。カフェで会ったオンナに夜中に電話をかけて、じゃあ今から会いましょうとちょっぴり胸を膨らませながら家
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

4.2

妻殺しという無罪の罪に問われたドクターの圧巻の逃走劇。

しかし、ただの逃走劇ではなく追われる者がある時点で追うものになっていくというひねりの効いた展開。ノンストップでどんどん進んでいくので2時間ずっ
>>続きを読む

愛しのロクサーヌ(1987年製作の映画)

3.7

シラノ・ド・ベルジュラックを元にしたラブコメ。
これちょっと日本人には馴染み辛いコメディかなと思いました。欧米人にとって、"鼻が大きい"ってもの凄いコンプレックスなんですよね。結構気にしている人は多い
>>続きを読む

バッド・ルーテナント(2009年製作の映画)

3.9

またもやキチ●イ役のニコラスケイジ。
表向きはやり手に見えて、じつは職権乱用しまくるわるーい警官でギャンブルやるわ、コカインから処方系薬物なぞのドラッグ漬け。

そういう映画なら意外とありそうだが、そ
>>続きを読む

デンジャラス・プリズン ー牢獄の処刑人ー(2017年製作の映画)

3.8

クラい、グロい、痛い監獄モノ。
主人公がとてつもなく頑固一徹ハードボイルド野郎です。
腕へし折り殴る蹴る、目潰しに頭潰し笑 残酷すぎるー!最近頭が潰れる映画を立て続けに見てちょっとシック気味です。しば
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

4.1

マフィアとして生きる男のサガ。
カリートはアルパチーノと言えばなキャラクターで、超ワルなのにピュア。ダンディズムとオトコの哀愁漂う演技が素晴らしかった。他にもショーンペン、若きヴィゴモーテンセン、癖の
>>続きを読む

Midsommar(原題)(2019年製作の映画)

4.0

予告編見てなんかWicker manみたいだなと思って見てみました。ヘレディタリーよりは好きだったかなー。スウェーデンの田舎の映像は美しく、美術面はなかなかこっていたし。でもやっぱこの監督は最後オチに>>続きを読む

憎しみ(1995年製作の映画)

4.2

90年代Youth映画特集にて映画館で。
フレンチのスラングって独特。ポエティックな感じね。白黒でゴダール映画みてるような雰囲気だが、90年代のストリート感もあって、あれ、これちょっとスパイクリー?
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

4.0

プロデューサーにピータージャクソン、監督にスティーブンスピルバーグ。ベルギーの国民的漫画タンタンのアニメ映画。とくればハズレはなさそう。
タンタンの顔は原作と全然違ってて、子供顔の大人みたいな(えなり
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.1

ある事件で問題を起こした事をキッカケに、一時的にエマージェンシーコールの受付の仕事を回された刑事のお話。

凄いのは映画に出てくるのがコールセンターの2部屋のみという。超低予算。観る側の想像力に委ねて
>>続きを読む

暴走機関車(1985年製作の映画)

4.0

黒澤明の脚本を元に作られた列車モノ。
ジョンボイトとジュリアロバーツ兄の迫真の演技がすごい。刑務所長のネチッこさに、暴走する列車の外でのハラハラなアクションも見もの。
ムショを出た人間は夢を抱いちゃい
>>続きを読む

ビルとテッドの大冒険(1989年製作の映画)

3.9

キアヌリーブスを有名にしたコメディ映画。おバカなティーンエイジャーがタイムマシーンに乗って色んな時代の超偉人を旅のお供にしていくっていう、どんちゃん騒ぎの楽しい珍道中。

短いのと、ボーっと気軽にみれ
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

4.0

スパイダーマンがマーベル系ヒーローで一番好き。アクロバティックでスピード感あって楽しいし、サム・ライミのスパイダーマンシリーズはお気に入り。

3作目はちょいと色んなことが起こりすぎてまとまりがない感
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

4.3

映画館でドラッグクィーンのコメンタリー付きで鑑賞笑 この映画、ゲイの方に大変人気な映画なんですが、それも超納得。美しさに執着するLAのプチセレブのマデレーンとヘレン。二人の掛け合いがエクストラバガンザ>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.2

これって本当に子供向け?と思っちゃうほど、すごく哲学的で洗練された内容。人間の頭の中をJoy, worry, sad, anger, disgust, fearがそれぞれ支配しているっていう設定で、そ>>続きを読む

ダークマン(1990年製作の映画)

4.0

弁護士の恋人の仕事がらみである不正事件の重要な証拠を握ってしまった科学者のペイトンはギャングに襲われ、顔を薬品でドロドロにされたうえ爆発事故で全身火傷をおう。皮膚感覚を失った代わりにスーパーパワーを手>>続きを読む

ラビリンス/魔王の迷宮(1986年製作の映画)

4.2

大好きなラビリンスを映画館で。ジムヘンソン監督、脚本はモンティパイソンのテリージョーンズ。そしてボウイ。キモかわな妖精やモンスターが沢山出てくる楽しいファンタジーマペット映画。DIY感のあるセットも良>>続きを読む

三人の女(1977年製作の映画)

4.1

三人の"とんでもない"女たち。
どの女も他者と全くコミュニケーション取れてないんだよね、なんか孤立してるっていうか。イタくて切なくて悲しすぎる笑

シェリーデュバルにシシースペーセックという個性派大物
>>続きを読む

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

近所に映画館ができたので1日目ホヤホヤのシネマへ。
うーん、、、結局なんだったの?という感想。最初、死体を捨てるとこまではミステリアスで良かったんですが、正直言って面白くなかった。1時間50分が倍くら
>>続きを読む

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(2011年製作の映画)

4.2

ビートルズのスピリチュアリストであり外交官、私的にはオシャレ番長であるジョージハリソンにフォーカスしたスコセッシのドキュメンタリー。ジョージのセンス、テイストがビートルズに与えた影響は大きい!彼のスタ>>続きを読む

一条さゆり 濡れた欲情(1972年製作の映画)

4.0

伝説のストリッパー一条さゆりが主役のピンク映画。神代辰巳の他のピンク映画もいくつか見ましたが、その中でも郡を抜いて内容があるというか、エロじゃない方にもちゃんと芯があるっていうか、、、笑 ふつうに面白>>続きを読む

狼たちの午後(1975年製作の映画)

4.4

アルパチーノxジョンカザールの銀行強盗のお話。面白い!結構笑いました。
初っ端から強盗仲間が裏切るわ、銀行の金庫に金はほぼないわ、人質はわがまま言うわで、全く上手い方向へ進みません笑
それもこれも人が
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.1

やっと見れました、長いんでこの映画。荒野の七人的なものだと思ってたんですが、レザボアドッグス系ですね。ティムロス、マイケルマドセンも出てるしなんか被り感。じれったーいと思える会話だらけの前半はやはり必>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.8

スコセッシがNYを描くプロだとしたら、マイケルマンはLA専門家。夜のハイウェイ、デッドストリート、周りに干渉しない冷たい感じとか、、、行った事ないんですけどね。笑 イメージ通りですね。LAってやっぱ見>>続きを読む

エンティティー/霊体(1982年製作の映画)

4.1

得体の知れない稲妻?みたいな何か(Entity)に突然レイプされたシングルマザーのカーラ。
友人に勧められ精神病院に行くも、カーラは自分が病んでいないことを確信する。そこで超常現象を研究する教授たちと
>>続きを読む

アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物(2016年製作の映画)

4.1

ジャケがものすごい安っぽいな笑 でもこれなかなか良かったです。
心理的なじわじわ系ホラーですが、イランならではの悪霊の話が入ってきて中々ユニーク。主役は母親であり、大学にも通うインテリなので、戦時下と
>>続きを読む

赤い天使(1966年製作の映画)

4.0

戦場病院の切ない性事情。
戦場の看護婦は大変だ。慰安婦がコレラにかかれば代わりに兵士に襲われたり、軍医のお慰みに呼ばれたり、患者には襲われる。なかなかエグいとこを映画にしてるなとおもった。
戦争映画と
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

スタイリッシュな映像と相変わらずのシャープでブルータルなアクションでしたが、若干飽きたなぁ。。。今回は強者が多く、流石のジョンウィックも苦戦気味でしたね。序盤の図書館と、The raidの人が出てくる>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.4

ザ・アメリカなマイケルベイ。この人アメリカ国旗と軍モノが大好きですね。スペクタキュラーでダイナミックな映像が撮れるのは、アメリカンアーミーが彼の映画を大好きで大変協力的だからだそうです。その関係ちょっ>>続きを読む

>|