勇貴さんの映画レビュー・感想・評価

勇貴

勇貴

映画(64)
ドラマ(0)

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

5.0

映画において、内容に比べると軽視されがちな音についてここまで誰にでもわかりやすく解説してくれる映画はなかなかない。音楽家の端くれとして学ぶ点も多かった。あと映画の楽しみ方が増えるかも。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

まさかこの作品を映画館で観れる日が来るとは思ってなかった。
そういえば、こんなシーンあったな…って懐かしさを感じながら楽しめた。
この作品で特に優れている点は映像と音楽の組み合わせが完成されすぎている
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.9

観終わってから特典の小説を読むとさらにグッとくる。劇場版にさらに期待。映像と音楽の密接な関係を感じ取れるのもヴァイオレット・エヴァーガーデンの魅力だと改めて思った。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.8

実話を元にした渡り鳥についての映画。余った時間で何となく選んで観た映画だったけど、大きなスクリーンで観て正解だった。隠れた良作。

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.7

シンプルにドラマのスケールを大きくした感じ。安定の福田監督テイストで面白かった。

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

5.0

まるで樹形図のように展開していく物語が美しかった。
人は大きすぎる変化を恐れることがある。
自分がした行動によってそれが思うようにいったり、いかなかったり…
人々は自分の思い描いた結果に期待することが
>>続きを読む

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

3.6

幼い頃何回も観た。単なる娯楽作品だろうと思ったけど、大人になって改めて観ると終盤の台詞が少し響いた。というか子どもの頃はそんな台詞があることすら自覚してなかった気がする。あと忌野清志郎さんが出演かつ主>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.8

人生で初めて原作の内容を把握した上で映画を観た。自分が初めて読み切った小説が元の映画だからこんな内容あったなみたいな答え合わせをしてる感覚で観ることができた。本当に大切なものを見落とさないように、誰か>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

オチがよくわからなかったけど、電車の中で展開していくストーリーは好きだった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

ただひたすら劇中で流れる奥田民生の曲が良い。民生さん要素がこの映画に必要かどうかは人それぞれ思うところがあるかもしれないけど、個人的には好きな映画だった。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.9

単純に考えれば答えは1つなのかもしれないけど、この映画を観てる間は何もかも疑心暗鬼になった。

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.7

たまには笑える映画が観たいと思ったときにオススメ。展開が早かったので気楽に観れました。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

カットシーンがほとんどなかったから常に緊迫感のある映画だった。三人称視点のゲームをプレイしてるときの没入感に近いものを感じた。あっ…と思ったときには遅い、現実はそう上手くいかないリアルさもあって良かっ>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.5

斬新な設定でどう展開していくのか気になってたけど、最後まで飽きさせることなく笑いどころも多くてバランスの良い作品だった。

音楽映画はやっぱり観終わるとスッキリして幸せな気持ちになるのがいいな。
好き
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.9

過去作を観ていると、あっ!となるシーンが多々あるのが良かった。
ただ展開を急ぎすぎてる印象があって、そこが勿体ないと思った。

8からここまで繋げたのは本当に凄い、スターウォーズの重要な要素であるフォ
>>続きを読む

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション(2019年製作の映画)

4.0

アクションシーンは文句なしにかっこよかった!
今回は人間ドラマにもかなり力が入ってて観ててグッとくる場面もあった。キャストが豪華なのも劇場版ならでは。近年の仮面ライダー映画と比べても見応えのある作品で
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

ホラーとして怖いシーンはあったけど、所々ストーリーやキャラクターの扱いに納得できない部分があった…。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.9

この時代にまた新しいターミネーターを観れたってことだけで満足。過去作を知ってる人も知らない人も楽しめる作品でした。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

久しぶりに凄いもの観れた。ジョーカーというキャラクター性だけでなく、ここまで自然に悪に堕ちる様を描き、同情してはいけないとわかっているのにどこか少し同情してしまいそうになるような映画はなかなかない。>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.7

アクション、アクション、アクション。こっちまでスッキリするくらいアクションが詰まってる映画でよかった。ジェイソン・ステイサムがかっこよすぎた。

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019年製作の映画)

4.0

これでもかってぐらい平成ライダーを味わえた、この映画に関する宣伝文句に偽りなし。
このタイミングだからこそできた作品。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

今のところ2回観た。
友だちと予想した通りな展開だったけど、ちょっとしたサプライズ演出もあってよかった。スパイダーマンといえばこれだよねって感じの作品でした。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

講義で観た作品。
自分の中で夢中になれるものがあるっていいことだな。最後にそう思わされる映画でした。

劇中で使用されている曲が時代背景に沿ったもので良かった。

息子(1991年製作の映画)

4.0

講義で観た作品。
当時の日本の風景とともに家族愛が分かりやすく描かれていて良かった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

今の自分と重なるところがあった、音楽映画ってやっぱいいね…。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

久しぶりに観直した作品。
純粋なSFものとしてかなり好き。SFのジャンルの中だったらベスト3には入る。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.7

あのときあんなことをしていなければ…

そんな誰もが感じたことがある気持ちを客観的にいろんな角度から観れる映画だった。面白かった。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.0

懐かしさを強く感じた…当たり前なことかもしれないけど思ったよりポケモン要素強くて楽しめた。

ポケモンらしさを活かした大人でも子どもでも楽しめる作品でした。続編とかあったら観たい。

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

4.5

今まで観てきた仮面ライダー映画の中でベスト3に入るレベルで凄い仮面ライダーしてる作品だった…

仮面ライダーはいつ観ても最高だな。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

格言…。

登場人物がとにかく印象に残る演出が多くて好きです。

ふふっと笑えるシーンもあり感動シーンもあり社会問題になってることにもフォーカスしている。

純粋に感動できる作品でした。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

たまにはこういう愉快な映画もいいな。ピーターラビットってタイトルだけ知ってた。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.9

プーさんの人形感が凄い。
観ていて力が抜ける映画だったなぁ…

>|