ゆきだるさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきだる

ゆきだる

個人的な鑑賞記録用。
好みは人それぞれって思います。

映画(676)
ドラマ(8)

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

5.0

自分のことを言われている様だった。
全て自分が正しくて、周りが間違っていると考えている。
さらに完璧主義者でそれを周りに求める。
「強迫性人格障害」
流石にここまででは無いと思うが、思い当たる節がある
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.1

丁寧な映画だった。
人物描写にしろなんにしろ。

駆け出し、積み重ね、成功を収める。
その過程に幸せな事もあれば辛い事もある。

一人の人間としての思い、グループのメンバーとしての思い、それを見守って
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.7

アンハサウェイが出てて明るい感じの映画かと思ってみたらめちゃ暗い映画だった。

重い映画なので知ってる人は知ってるザギフトってのに似てる。
逃げたいけども逃げられない。
まあこっちは最終的にハッピーと
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

んー、期待値が高すぎた。
まずロック様と憧れのジェイソンステイサムって時点で見るのは確定してたから良いものの、何か物足りなさが残る出来。

最初のアメリカとイギリスの対比もめっちゃ興奮。
2人の皮肉た
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.4

君の名はのような疾走感を求めると見ているのが辛くなるのでそれとは全くの別物だと思って見てください。
最初はその気持ちでいたのだが、友人に言われた最後に全部持ってかれるという言葉を信じて鑑賞したら全くそ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

5.0

え、めちゃくちゃ面白い。
最高にかっこよく、渋く、美しく、醜く綺麗。
何から書けば良いのかわからない。
音楽も良い、演出も良い、役者陣も良い、脚本も良い、良さしかない。
あと80年代の音楽も所々かかっ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

演出が熱い。
メインの役者陣も豪華でカッコ良い。

でも売り文句の「たった12人〜」てのは最後の戦闘に対する心づもりや意気込みや良しってだけで殆ど将軍たちと行動を共にしてたのでまたなんか別の売り文句あ
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.8

やっぱり軽口が面白いよね。

記憶を消されたKが戻ってくる。
1と3は印象に残ってるけど2はあんまりだったので楽しめたのもあるかも。

今回はワームとかワンちゃんとかも活躍するし、魅力がさらに上がった
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

4.1

いやー、続きものを続けてみるっていいよね。
2作目が一番好きやったかなぁ。

最後の3作目はやっぱりまとめるところはまとめていかないといけないので、ハッチャケ具合もそんなに、、、って言いたいところだけ
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.3

1作目より2作目の方が面白いってある!?
正直言って期待してなかった。
でもめっちゃ面白い。

前作よりもより洗練されていて最高にくだらなくなってる。(褒め言葉)
前の作品を見たことによって登場人物た
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.6

イタリア版ハングオーバー+オーシャンズシリーズ。

頭の賢い冴えない大学教授や研究員、学者たちが職を追いやられ、なんとか仕事をしている状況から合法薬物を売って儲けまくり、敵対組織のギャングにいいように
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ3(2010年製作の映画)

3.8

順番に見ていくにつれ、この家族たちが好きになった。
好きになったしそれにより笑えるようにもなった。
グレッグとパムの双子の子達も加わりよりわちゃわちゃがパワーアップしている。

家族って色々あるけど楽
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004年製作の映画)

3.6

フォッカー流で俺も子を育てたい。
多少他の人たちと変わってるのはもう既に分かっているのでそれならこの親みたいに愛情いっぱいの家族が良い。
それとの対比でジャックのひねくれ感がより際立ってる。
今度は不
>>続きを読む

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

3.3

主人公が気の毒過ぎて。
お芝居だとは分かっていながらもそう思わせるのは役者のすごいところ。
配役もバッチリ。

最後の帰り際の空港での質問シーンは良かったぁと思うけど、それ以外は全て悪い方へ進んでいく
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.8

面白かった。
壮大なスケールだった。

スミーグルが何故指輪の虜になりゴラムを生んだのか。
ピンチの時に駆けつける仲間たち。
そして指輪の最期。

これだけは絶対に言えるのはサムがいなければフロドはこ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.5

優しい世界。
ちょっと厳しい病院の先生もいるが。
こういうお話では途中で悪い展開があるのだが、終始良い雰囲気のまま物語が続いていく。

ブリグズリーベアーの物語の映画と自分に起こったことを重ねて作って
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

5.0

子供の頃にめちゃくちゃ見てたなぁ。
めっちゃ面白すぎ、ジムキャリーの顔動きすぎ、色んな声出てきすぎ、懐かしい。
あんな顔動いてダンス踊れてが出来る男になりたい、憧れる。

冴えないが真面目で優しい銀行
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

4.3

義。
正義、大義、仁義、忠義、道義。
大一大万大吉。

前半の会話劇からの後半の戦さ場。
静からの動。

知識がないと追いつかない。
2時間強では勿体ないな。
あと字幕は必須。
それぞれの武将の特徴で
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

5.0

ディズニーなんで無条件に最高!!と補正がかかってるので評価は気にしないで。

やっぱり小さい時に見ていた気持ちになるので、なんか頭がアホになる(子供になる)。

ストーリーはツッコミどころはあると思う
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

今の時代怖え。
SNSって怖え。

こういう誰かが失踪して捜索する系の映画は全ての登場人物を犯人としてみてしまうのであんまり楽しめずに終わる。
犯人はまぁそうなのねで終わるにしても、父親が必死に探す感
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

3.5

やっと面白くなってきた。
物語も全面戦争へと突入していき、生きるか死ぬかの局面に。

フロドたち主人公組
ピピンたち脇役組
アラゴルンたち物語進める組
3つのパートに分かれつつも上手いことパッパッパと
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.6

こちらも途中の30分過ぎた頃から鑑賞。
2回目なのでなんとなく理解はしていた。

しがない会社員のお話。
ネガを保管する部署に所属している主人公はよく妄想の世界に入ってしまう。
そこから抜け出し、自ら
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.3

最初の20分を見逃しての鑑賞。
なんでヤクの仲介人になろうとしたのかとか導入部分を見てないのでなんとなくの理解しかない。

表のストーリーはヤクのいざこざだが、裏のストーリーは生と死なのかな。
他の人
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.3

長い。
んで長い割に物語進むのめっちゃ遅い。
昔々に見た記憶ではめっちゃ長期間の物語だったっけなぁ、って思ってたけど期間はぎゅっとめっちゃ短い。

でも画面がずっと綺麗なんだよなぁ。
主人公のあの瞳は
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.3

1回目
18/3/13
☆3.5

鑑賞後の総括的な感想はビターで大人の映画だなという印象。
個人的な感想はヘイヘイヘイ、出てくる俳優俳優渋すぎて痺れまくりだな!おい!
といった感じなのですが、一回見
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.0

2回目の鑑賞。

まず思ったのはライアンレイノルズ出てるやん。
一切話さへんけど、カメオ出演らしい。

1回目見たときは斬新なやつやん。思ったけど、2回目はどやろ。って感じ。

テッドを取るか彼女を取
>>続きを読む

泥棒は幸せのはじまり(2013年製作の映画)

3.0

もうね、メリッサマッカーシーの演技が上手すぎる。
前半の1時間ずっとイライラする。
本当にイライラする。
それは脚本が上手に作られてるのもそうだし、サンディが良い人すぎるのもそうだし。
全部が相まって
>>続きを読む

シャフト(2019年製作の映画)

3.4

その赤のジャケットいつ出てくるんすか?
ふーーーー、そこか〜!!!
ってなった。
ギャラの関係でシリーズ化出来るか分からないけど続いて欲しいなぁと思わせる最後でした。
ストーリーは特に深みはないので何
>>続きを読む

シャフト(2000年製作の映画)

3.0

サミュエルLジャクソンを堪能する映画。
マザーファッカーが30秒に一回は出てくる映画。
テーマソングや音楽がカッコいい映画。

内容は黒人が白人金持ち一家の息子のウェイド(クリスチャンベイル)に殺され
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

終始アホだった。
なので何も考えずに見れる。

相方との掛け合いが掛け合ってなさ過ぎて面白かった。
ロック様がカッコ良い面白い映画でした。

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.0

ボーンシリーズの3作目アルティメイタムの裏側で起きていた事。
まあ簡単に言うとスピンオフ。

これも特に必要性を感じないなぁ。
アクションとかバイクチェイスとかは見事。

1回目はジェレミーレナーを知
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

2.5

1回目2017/12/3
星3.4
夜中の2時に見だしたので鮮明な記憶が残っているわけではないが、いつものジェイソンボーンがそこにいた。

記憶を取り戻して色んな後ろめたい感情に苛まれているが、新たな
>>続きを読む

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

期待値が上がり過ぎたか。
ボーンシリーズで印象的な早歩きシーンがあんまりなかった様な気がする。
ダニエルか誰かをインドかどっかでバイクに乗って追いかけて最終的に追いついてトイレで殺すシーンは何となく覚
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.3

えー、前作よりも面白くなってるってあるん?
冒頭の車に乗って橋から落ちるシーンはめっちゃ覚えてる。

そこから2作目としての繋ぎの部分や真理に段々と迫っていく部分のバランスがちょうど良くてくどくなく見
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

4.2

改めて鑑賞。

子供の時に見た記憶。
最後の階段から死体と共に飛び降りて銃撃するシーンは印象的でずっと頭に残っていた。
子供の頃は自分が何者か分かっていないのにめっちゃ強いって「何それカッコいい」と思
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

原作の方は鑑賞せずに見ました。

これ単体でも楽しいし、まず見ていて思うのが色遣いが凄い綺麗。
映像がどうとかではなくて画面に出てくる全てが美しくて輝いている。

それに主人公姉妹たちが綺麗で可愛くて
>>続きを読む

>|