ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

映画(95)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

とにかくまずは、ホアキン・フェニックスの演技に脱帽。
ジョーカーの誕生を描いた本作。1人の心を病んだ孤独な男が、史上最狂の怪物に変身してゆくその過程を見事なまでに演じ切っていた。
表情、動き、その全て
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

2.6

前半はリアリティがあり、テンポもよかった。映像の色合い、雰囲気、不穏な空気感が最後まで出ていたのは◎。
ただ、長い。とにかく長い。無駄なシーン多すぎ。中盤〜後半はダラダラして、ラストもなんだかダラダラ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.0

スポンサーへの気遣いと細々とした演出にこだわりすぎて、ストーリーが薄っぺらくなってしまった印象。
伏線の回収もできていない、何が言いたいのかわからない。

音楽はよいし、映像はきれいでした。

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

1.0

黒沢清さんはあっちゃんのことが大好きなんだなぁということが、よくわかる2時間だった。

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

ジーニー=ウィルスミスな作品。アニメ版にはない彼ならではのアレンジもうまくマッチしていて、それだけでも見応えあり。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

良作。
「喜び」が中心になって、ライリーが幸せになるように脳内の感情たちが日々それぞれの役割をもって奮闘する。その感情のうちの「悲しみ」はまるで厄介者のように扱われ、実際にライリーが元気をなくしていく
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

映画館が女子(女性)で埋め尽くされていた。
主人公に共感できる人が多いのだろう。
かくいうわたしも「あるある…」と思いながら、観ていた。

好きすぎるあまり、客観的に見るとイタイを通り越して、コワイ発
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの戦いでバラバラになってしまったアベンジャーズ。
その彼らが恐ろしい野望を抱えたサロスに立ち向かうため、1つになる。
サノスに勝利する可能性は1400万分の1。
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

素晴らしいの一言。MCUの世界は果たしてどこまで広がっていくのか…。アイアンマンからはじまり、多数の作品を生み出してきたMARVEL。本作を観終わると「あの作品のあの場面はこのシーンの伏線だったのか」>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.7

アベンジャーズの続編であり、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの前日譚である本作。
本来ならば、つなぎの役割を果たすはずが、むしろ1つの映画作品として完成しているように感じた。

今まで明かされて
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.0

皮肉満載の本作。
史上最悪と言われているブッシュ政権。その理由はなんとなくは知っていたけど、本作にてその経過や理由がよく描かれていて「そりゃ最悪って言われるわ」と笑ってしまった。
しかし、もちろん全て
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

まだ人種差別が色濃く残る1970年代のアメリカ。コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用された主人公と同僚の白人刑事2人がKKKへ潜入捜査を行うことに。

KKKに入会するため
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.8

最高!
やっぱり映画館で観る映画は、こうじゃなきゃ!と思わせてくれる、最高にスカッとする作品。

昨今のフェミニズム運動を意識していることは明白だが、男=悪としたり、女がいかに優れているかを過剰表現し
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.1

クリントイーストウッドの作品は正直苦手。
その理由をずっとラストが暗いから、鬱々としているから…と思っていたけど、もしかして彼の作品を楽しめるには私がまだ(人間的にも年齢的にも)若すぎるから?と考えさ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

大好きな作品です。
まずは、役作りなのはわかっているけど、ヴィゴモーテンセンの変わりようにびっくり。しかもなんか作中でもどんどん肥えていく。

人種差別という重い問題を題材にしているにも関わらず、終始
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

1.6

???
うーん…わたしは、村上春樹作品はやっぱり苦手なのかなぁ…。
若干イライラしながら映画館を出ました。
田舎の美しい夕焼けを背景にヒロインが半裸で踊るシーンはキレイだった。

>|