KOMEさんの映画レビュー・感想・評価

KOME

KOME

映画(357)
ドラマ(0)

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.5

最初は町田康や〜とか現代を揶揄してるのか〜とか思いながら観てたけど途中から考えるのをやめた

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

安藤サクラはじめ役者が凄くいい!
細野さんはやっぱり天才か。サントラ欲しい。

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

4.0

一部演技が気になったもののベタで楽しかった!
竹中直人ってやっぱおもしろいかも...

八月の狂詩曲(ラプソディー)(1991年製作の映画)

2.5

オーケンのエッセイ読み返してたら面白くない映画コーナーで紹介されてました「たぶん監督がボケたんだと思う」って

そうそう初めて観た黒澤明作品がこれだったんですよ。でもほとんど寝てて覚えてないんです。
>>続きを読む

ジャズ大名(1986年製作の映画)

3.5

思ったよりゆるい。前半もうちょいテンポ良い方がいいな。
あんなめちゃくちゃなセッション楽しいだろーなー。
特別出演情報にあった細野晴臣は出演してないらしい。てかまさかのタモリさん。

デス・レース2000年(1975年製作の映画)

3.5

B級映画好きなら観てみてもいいと思うけどアメリカのブラックユーモアってよく分からんのんよな〜〜。こうゆう話どんな気持ちで観ていいか分からん〜〜
変なBGMの付け方は嫌いじゃない

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

5.0

あの3人が映ってたり、四畳半神話体系のキャラたちとか湯浅監督のファンなので楽しかった。階段のシーンはクレヨンしんちゃんのオマージュかな?
京都が舞台なのも嬉しいし、最高に楽しいアニメーション!京都の夜
>>続きを読む

逆噴射家族(1984年製作の映画)

5.0

個性的なキャラクター、お兄ちゃんの部屋のSF感、工藤夕貴の可愛さ、家族バトロワからラストシーンの爽快さまで最高だった!

石井岳龍が「青春の殺人者」等の映画に救われた、殺人者にならずに済んだ、と言って
>>続きを読む

龍の歯医者 特別版(2017年製作の映画)

4.0

キャラクターは普通かなって思ったけど超面白かった〜
舞城王太郎まだ1冊しか読んでないけどもっと読みたくなった

楽日(2003年製作の映画)

4.0

閉館する映画館を描いてる。

流行りの最新映画だけを上映する大きな映画館には無いものが詰まってた。

セリフがほとんど無くホント静か(退屈とも言える)なんだけどあの観客同士の人間模様が愛おしかったなー
>>続きを読む

黒蜥蜴(1968年製作の映画)

5.0

ずっと観たかったけどDVDになってなかった作品。今日行って良かった!
美輪明宏の色っぽさが凄い合ってたし、会話のテンポが良い映画って好きだな〜〜

鉄輪(かなわ)(1972年製作の映画)

3.5

内容はあんまり無いし眠くなる笑。
能舞台と交差して雰囲気出しててよかった。

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録(1999年製作の映画)

5.0

テレビシリーズの世界観はそのままだけど設定は結構違う。アンシーとウテナが逆。続編って訳じゃないけどテレビシリーズから観たほうがいいと思う!
ただこの世界観は無理な人はホント無理なんだろうなー。でも好き
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.5

めっちゃ凄い遊園地の廃墟での演奏から始まり舞台となる日無し町がすごく素敵だった。

ファンタジー要素多めだけどテーマも盛りだくさんで現実的な部分もあって良かったし、なにより湯浅正明監督のサイケなアニメ
>>続きを読む

ざ・鬼太鼓座(1981年製作の映画)

4.0

和太鼓集団「鬼太鼓座」のPV要素の強いドキュメンタリー。
美術デザインが横尾忠則で和楽器+電子音の組み合わせなんて好きな要素しかない!

思ってたより映像や音の迫力は無くて、ある種のアンビエントミュー
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

5.0

新しくできた出町座にて。4時間の長さは気にならなかった。
映画館は居心地良すぎて少し寝ちゃったけどまたじっくり見直したい。凄く良い。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.5

こうゆう映画久しく観てなかったけどこれはこれでありなのか...ほのぼの。
インドは良いね

恐怖分子(1986年製作の映画)

4.0

ストーリーは分かりにくかったけど映像も良かったし、最後まで楽しめた!

小説家の女の人は普通に身勝手な人だと思う...

トランス/愛の晩餐(1982年製作の映画)

4.0

80年代な雰囲気が好き!意外とあんまりグロくもなく単純な話。好きすぎて食べちゃう話。
字幕なくても楽しめたよ。

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

3.5

カウボーイビバップもサムライチャンプルーもスペースダンディも好きなので、渡辺慎一郎の新作というだけで嬉しい!短編だけど映像気合い入りまくり

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.5

作画、演出、音のこだわり、世界観共に最高。設定の説明ないし情報量多いけど、セリフの良さから割とすんなり入りこめた!

ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985年製作の映画)

4.0

黒沢監督の初期作品だけどこの頃から構図はいい!
突然始まるミュージカルになんだか哲学的な事を話す登場人物たち。ストーリーはそんなになくて、よくわからんしちょっと寝たけど、それでも好き!

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

IMAX3D鑑賞。映像技術すごかったけど話は壮大になりすぎててあんまり好みじゃないかも。街もキレイになってたし、映像や撮り方は前の方が好きーーー
もう一回観たら印象変わるかも!

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5

ギャル可愛い〜けどギャルっぽかったの少しだった。お父さんのキャラはあんまり深みがなかったかなあ。王道な最近の邦画青春映画って感じ。塾長があがた森魚。

遊び(1971年製作の映画)

4.0

2人を見ていて辛かった。59年の増村映画より古く感じる

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

セッションが裏でララランドが表みたいな感じだった。ミュージカルって好き。

君の名は。(2016年製作の映画)

2.5

ちょっと序盤から付いていけなくなってRADWIMPSのPVって印象になってしまった。たぶん新海誠が好きじゃない。言の葉の庭は良かったけど。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

たまにこうゆうの、大きい劇場で観ると迫力あるな。突っ込みどころもあったけどそんなに気にならなかった。ヒューマンドラマ、王道な展開が凄くよかった。もちろんタイトルは「釜山行き」が良いね笑
今の所観た韓国
>>続きを読む

>|