ゆきんこさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきんこ

ゆきんこ

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.0

夫婦ってそばにいるのが当たり前だから気づいたら一緒に住んでるおばさん、おじさんになってしまうことがあると思う。
でも、その状況に抗うケイは健気で勇気がある!自分が一生添い遂げようって決めた相手なんだか
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

2.5

設定がおもしろそうという理由で見始めたがあまりのグロテスクさに途中怖くなってしまい、日中明るい時間帯にしか見れなかった。

物語の特性上どうしても殺人のシーンが出てくるので思わず「ウワッ」と声が漏れた
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

2.5

初めてのインド映画。

突然歌い踊る!煌びやかな衣装!大人数で圧巻のダンス!というのがインド映画のイメージだったんだけど、この映画はそこまでド派手ではなく、違和感なく見られた。もともとミュージカル映画
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

1.0

大泉さん大好きなのに最後まで見れなかった…
うすら寒い感じがずーっとあって、「何を見せられてるんだ、私は…」と思って中盤でやめてしまった。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

明るくてサラッと見れる映画。
このお話は極端だけど、ノーノーばっかり言ってたらチャンスを逃してばっかりだよっていうのは誰の人生にも言えるはず。

ジムキャリーが出てるとやっぱり吹き替えで見たくなるな。
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

4.0

圧巻のダンスシーン、歌唱シーン!それだけで見る価値あり!

「こんなとんとん拍子で進むわけないでしょ」とも思うけど、今の私たちが未来を作っていくってテーマにはこの明るさが嬉しかったな。希望が持てる。
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.0

週末北欧倶楽部のchikaさんがきっかけで気になっていた作品。

同じ釜の飯を食うって言葉があるけど、食卓を囲むと連帯感や絆みたいなものが生まれやすいのを感じる。人もニョロニョロも何かを食べなくては生
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

2.5

OLがヤンキーさながら徒党を組んで、昼休みや終業後に殴り合い。血みどろの抗争!飛び交う罵声!かと思えば傷だらけの顔でコピー取ったり、書類整理したり、給湯室片付けたり……なんだこのギャップは!
突然勇ま
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.5

重たくならず、悲観的になりすぎず、かと言って無理やり明るくもせず。ただ淡々と日々を積み重ねていく様子が描かれていて、抵抗なく見れた。未読だけど、原作もそんな感じなのかな。

夫婦って元は他人なんだよね
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

2回目。
一回目なぜか出産直後に産院で見ていた思い出の映画。

劇中に度々登場する「家族」という言葉。フレディはずっと自分の中の孤独感を忘れたくて、自分の家族を探してもがいてるように見えたな。
何度か
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

2.5

デクが落下の時に抱き抱えてる子をグッと力を入れて守る動作にちょっとキュンとした。

グレムリン(1984年製作の映画)

2.5

たまに目にするあの不思議な生き物。グレムリン?モグワイ?ギズモ?有名だから一度みておきたいなー…とファミリー映画のつもりで見始めたらわりとスリラー要素強めでびっくりした。
ビリーのママが殺し屋並みの殺
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

化学考証?辻褄?細けえことはいいんだよ!かっこいいもんが作りたいんだ!っていう熱がビシビシ伝わってくる。
彩度の高い炎のエフェクトかっこよかったなー!メカもロボもかっこよかった!

そして、堺雅人は悪
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

オマージュ、小ネタ、クロスオーバー満載!
ただ、長い…!

いつか仮想世界が現実以上に日常になるようなこんな未来が来るのかもなー

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.0

劇団四季でミュージカルをやると聞いて鑑賞。

粗暴で傍若無人な熊徹が久太との関わり合いで変わっていくのが感動的。自分の居場所がわからずもがく久太の様子を見ているとこっちも苦しくなる。

多々良の声が大
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

人の夢の中を覗き見てるような不思議な映画。
お酒を飲む様子とか、辛いものを食べる様子とかコミカルな表現でとても楽しい。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

忘れてたのでもう一度鑑賞。

ニフラーがかわいい!魔法動物全般かわいい!

私はエディ・レッドメインがする不器用な感じの表情がとても好きなので、ニュートのことがとても好きになってしまった!

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.5

まず歌唱シーンのすばらしさよ!極彩色の映像と相まって自分の中に流れ込んでくる。これぞディズニーの十八番って感じ。
ミラベルの歌もすばらしかったけど、お姉さん二人が自分自身の苦悩を歌い上げるシーンがすて
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

2.5

前作に引き続きファッションがステキ。

吹き替えで見ちゃったけど、字幕の方が良かったかな…

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

4.5

思春期の女の子が持つ葛藤、親へのモヤモヤした気持ち、独立心…いろんなものを体現したのがあのレッサーパンダなんだね!
メイメイのお母さんは極端な例だけど、親からしてみると「娘はいつまでもかわいい子ども」
>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

2.5

メリーポピンズを見た直後に見た。
あれはたくさんの大人の救済のために作られた映画だったんだなあ。

運転手のラルフとトラヴァースが二人で座り込んで話すシーン
「凧をあげよう」で踊り出すシーンが好き。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

2.5

音楽がいい。軽やかで聴いてると気分が明るくなる。

個人的にはファッションもかわいくて好き!子どもたちの衣装とか特に!

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

2.5

もっと音楽に合わせてノリノリで殺りあうシーンあるかなと思ってたから、ちょっと肩透かし。
ラスプーチンとの戦いでロシア舞踊が出てきたことが印象に残ってる。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作に引き続き、戦闘シーンの音楽が最高。いい表現かわからないけど、リズムに乗ってサクサク人が死ぬ。
カントリーロードからエルトンジョンになる流れ最高だった!

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.5

大泉洋目当てで鑑賞。

見終わって真っ先に思ったのは「本当にこの人(劇団ひとり)はたけしが好きなんだなー!」コントでも取り入れてたりするから好きなんだろうなとは思ってたけど、もうそれは敬愛に近いだろう
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

5.0

なんかもう胸がいっぱいだった…!
作画も音楽も…映像の全てが素晴らしくて。
戦闘シーンなんてアトラクションに乗せられてるみたいな迫力だった!絶対劇場でもう一度見たい!
推しがどんどん増える映画。
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

2.0

マレフィセントに感情移入させるためなんだろうけど、ステファンがクズすぎるのと妖精3人にイライラして映像の美しさ以外あまり印象に残らなかったな。
だれか悪に極振りしてる奴がいればストーリー進めやすいもん
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.0

設定がおもしろい!今の時代だからこそ設定もすんなり受け入れやすいのかな。

でも、ディズニーが最近やるセルフオマージュ?というか、小ネタ?別作品なのにマーベルやスターウォーズがちらちら出てくるの…なん
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

大泉洋目当てで見始めた。

同じ出版業界を舞台にした「重版出来!」とはまた違う毛色の作品。足の引っ張り合い、意地の張り合い、騙し合い、権力争い…

速水さんの生き方は「おもしろい」んだろうけど、疲れそ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

スーツは鎧、傘は剣。
テーラーから出てきた英国紳士が、秘密兵器で武装しまくってるスパイなんてめちゃくちゃかっこいい!

アクションシーンは音楽もいいし、カメラがガンガン切り替わってくのもかっこよくて見
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

相変わらずメタ発言満載。下ネタ満載。

飛行機から飛び降りるシーンが好き。車輌強奪シーンのアクションは見応えあった!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

音楽がとにかくいい!

有名なのはthis is meだと思うんだけど、私はフィリップをスカウトするシーンの「the other side」がこれぞミュージカルって感じで好きだったな。
お話としてはイ
>>続きを読む

>|