ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.5

映画自体はおもしろかったけど、自分の中学時代を思い出してお腹が痛くなった(笑)どこの国でも中学生ってこんな感じなんだな…。

主人公ケイラ役のエルシー・フィッシャーが見た目も演技も絶妙で上手かった。
>>続きを読む

シェイクスピアの庭(2018年製作の映画)

3.6

断筆したシェイクスピアが故郷ストラトフォード・アポン・エイボンで過ごした晩年を描いた物語。

格調高い英国映画。こういう雰囲気大好き!シェイクスピアが題材の作品なだけあって言葉遣いも美しいです。

>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.0

キリアン・マーフィー目当てに鑑賞。スパイ映画らしい騙し騙されのストーリーがホント面白かった!

アクションシーンもカッコよくてモデル業と暗殺業、どちらもポップに進んでいくのが見ていて楽しい。

アナの
>>続きを読む

蒸気船ウィリー(1928年製作の映画)

3.0

ミッキーが凶暴でびっくりする。今だと色んな規制に引っかかりそうな内容😅

冒頭のシーンはどうしても某クソマンガを思い出す(笑)

音楽とミニーちゃんは良かったです。

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

4.5

<あらすじ>
DV夫から2人の娘を連れて逃げ出したサンドラ。しかし公営住宅の入居希望には長蛇の列ができ、ホテルでの仮住まいを余儀なくされる。そんな中、自分で家を建てるアイデアを思いつき、周囲の協力を得
>>続きを読む

ヴァリデーション(原題)(2007年製作の映画)

4.0

オシャレでほっこりするショートムービー。最後うるっとした。笑顔の力ってすごい✨

16分で幸せな気持ちになれます。日本語字幕付きもあるのでぜひ⤴️YouTubeです。

みんな元気(2009年製作の映画)

4.3

素敵なタイトルで以前から気になっていた作品。
ロードムービーと家族愛に弱いので号泣してしまった😢所々入る幼少期の子供達の映像がまた泣ける。父親にとってはいつまでたっても可愛い我が子なんだなぁ。

「お
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督による青春音楽映画。音楽はどちらも素晴らしいけど、ストーリーはこちらの方が好みでした。アイルランドの素朴な風景も素敵。

中盤のダンスナンバー、主人公の理想の世
>>続きを読む

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

3.8

オシャレなパッケージで小難しい内容かと思ったら、ユーモアあり親子愛ありのエンタメ作品で面白かった!ブラックで皮肉たっぷりのジョークも好み。

主人公の天才的な話術は勉強になるし、最後の畳み方も爽快!映
>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

4.2

サイレントからトーキー時代に実在したお笑いコンビ、ローレル&ハーディの晩年を描いたヒューマンドラマ。

地味だけどめっちゃ良い作品。二人の友情にほっこりしたし、イギリスのいろんな地方の景色が見れたのも
>>続きを読む

やっぱり契約破棄していいですか!?(2018年製作の映画)

3.0

イギリスのブラックユーモアは好きだけど、これはいまいちハマれなかったなぁ。
途中までは面白かったけど、一般市民が巻き込まれた辺りからあんまり笑えなくなりました💦ラストも残念。

暗殺者の奥様は素敵でし
>>続きを読む

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

3.8

めっちゃ笑った😂
下ネタとブラックジョーク強めのコメディロードムービー。シリーズ物みたいですが今作だけ観ても問題ない作りになっています。

主人公一家が行く先々でありえない不運に見舞われるのだけど、こ
>>続きを読む

VHSテープを巻き戻せ!(2013年製作の映画)

2.5

VHSテープの歴史を辿るドキュメンタリー映画。

VHSマニア達の部屋一面にズラっと並んだコレクションは見ていて楽しかったし、映画愛も共感できたけど…。
元々ドキュメンタリーが苦手、かつ80年代90年
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.0

ちょっとしたボタンの掛け違いがこんなにもすれ違っていくなんて…。

かなりズシンときました。実話ベースというのが衝撃。前半はイタリア映画らしい陽気でカラフルな雰囲気。それが後半少しずつ不穏な空気になっ
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.8

タイムループ物ってやっぱり面白い!日本のラノベが原作という事で気になっていた本作。原作未読ですが楽しめました。

バリバリのアクション映画かと思ったらコミカルな場面もあり、しょーもない死に方をした時は
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.2

今日当たり前の光景も明日には無くなっているかもしれない。毎日を精一杯大切に生きよう。そう思える映画でした。

オスカーが出会った人達はみんな何かしら傷を抱えていて、自分なりの方法で向き合おうとしている
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

この映画ニューシネマパラダイスの監督の作品なんですね。意外!

ストーリー面白かったしオークションのシーンもスリル満点で楽しかったけど、何か複雑な気持ちになる。ハッピーなのかアンハッピーなのか…。
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

些細な事でケンカになって意地を張り合う母娘にとても共感できた。主人公クリスティンの見栄っ張りな所も等身大の女の子という感じでいい。

空港の場面と母の手紙には涙ぐんだ。離れて分かる地元の良さ。

またね(2014年製作の映画)

4.0

19分の中にちゃんと起承転結があって映像も音楽もきれい。素敵な作品でした。

ラストは思わず泣きそうに😢自分の部屋の窓って特等席。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

赤ん坊の頃に誘拐・監禁され、外の世界を知らずに育った青年ジェームズが主人公の一風変わったヒューマンドラマ。久々に泣きました。

どんな重い話しかと思ったら、出てくる人がみんな良い人で優しい世界。偽の両
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.8

起伏は少なく淡々と進んでいくのに最後まで飽きずに観れた。全編に渡って絵画のような構図が美しい。音楽も良かった。

グリートの絵の才能を伸ばしてあげればいいのにと思ったけど、時代背景を考えると厳しいのか
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.5

前半はかなりグロテスク+話しのテンポが悪くしんどかったけど、後半は笑いもアクションもキレキレで楽しかった。じいちゃんばあちゃん強すぎ。

特に笑ったのはゾンビとおじいちゃんの追いかけっこ。どっちも遅い
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.4

パレスチナの人気メロドラマの脚本を担当する事になった、エルサレム在住パレスチナ人青年のお話し。

ジャンルはコメディになってるけど、クリエイティブな仕事をしている人の葛藤を描いたヒューマンドラマといっ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

コメディ部分と70年代ネタはあまり楽しめなかったけど、ミステリーとアクションシーンは面白かった⤴️ライアン・ゴズリングのコメディ演技がめっちゃハマってた。

続きがありそうな終わり方だったので続編も作
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.6

自然の美しさと過酷さを描いた作品。邦題から受ける印象とは違いクジラが悪者じゃなかったので安心した。

生き残った少年の回顧録という形式で進行していくので、怖い場面も淡々としているのが良かった。帰港して
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.1

トリロジー三部作完走。三作ともヒーロー映画の枠を超えた素晴らしい作品だった。個人的にはライジングが一番好き。

ブルースを始めゴードンやアルフレド、ブレイク等魅力的なキャラクターがたくさん。その中でも
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

4.0

ゾンビと人間の異色ラブコメディ。笑いながら切なくなりラストは謎の感動…不思議な作品だった。

終盤にはアクションシーンもありエンタメ盛りだくさん。Rの親友ゾンビかっこいい!テンポが良くて上映時間が短い
>>続きを読む

ブロークン(2012年製作の映画)

4.2

若年性糖尿病を患った少女と近隣住民の交流を描くヒューマンドラマ。

嘘吐きで気のキツい隣人三姉妹にはイライラさせられたけど、全体的にはユーモアもありそこまで重い内容ではなかったので安心。ラストも良かっ
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

おもしろかった!こないだ似たような作品を観たのでオチは完全に分かっちゃったけど😅それでも終盤の怒涛の展開は気持ち良かった!

ケヴィン・スペイシーの演技がすごい。

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

3.6

孤児院で育った少年リッキーと偏屈な老人ヘクターの逃避行をユーモアたっぷりに描いた作品。

ニュージーランドの作品という事でロードオブザリングのパロディをする場面が一番笑った。あと出前一丁が出てきて驚き
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

SFだけでなく殺人事件や他人になりすましたりのサスペンス要素もあり、最後までドキドキハラハラしながら観れた。

こんな未来になったら嫌だなぁ。何となく漫画版ナウシカを思い出した。

ジュードロウがすご
>>続きを読む

リリィ、はちみつ色の秘密(2008年製作の映画)

3.8

可愛らしいタイトルとビジュアルでひと夏のファンタジーみたいな作品かと思ったら、なかなかシリアスな内容だった。

人種差別、女性の自立、父親から受けたリリィの心の傷と自己否定。重いテーマがたくさんあるけ
>>続きを読む

>|