すぎもryさんの映画レビュー・感想・評価

すぎもry

すぎもry

限界突破

映画(326)
ドラマ(0)

キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗(1926年製作の映画)

4.1

無声映画ならではの顔で全てを語るキートンすごい、しかも行きと帰りで違うギャグを使ってるのも素敵

博士の異常な愛情の挿入曲のWhen Johnny Comes Marching Home使われてたけど
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

4.6

上映時間とリアルタイムで進んでく西部劇とか古典なのに超斬新

緊迫感の表現がとってもクールでキャラも立っていてとってもおもしろいです

民衆の日和見主義と主人公の孤独がより一層物語に哀愁をただよわせて
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

5.0

限界突破最強古典派ラブコメ間違いなし。やっぱり映画はこうでなくっちゃ。

性表現が厳しくチェックされてた中で工夫に工夫を凝らした演出が皮肉にも、生々しい描写より遥かにセクシーに描かれていて最高です。

卒業(1967年製作の映画)

4.4

ちょっと荒削りだけど保守世界からの逃避って感じのテーマ性といいサイモン&ガーファンクルの音楽といいカメラワークといい素晴らしい


アメリカンニューシネマの旗手なのは言うまでもない

渚にて(1959年製作の映画)

4.9

人類の滅亡を前に慎ましく生きる人々の姿ってほんとに美しい

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

4.7

悪いことしててもなんか哀しいアメリカンニューシネマ

ラストシーンでしょやっぱり

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

記憶ってこんな風に簡単に書き換えられるって考えるとホラーよりホラーな映画

アニー・ホール(1977年製作の映画)

4.9

気持ちの良い消化不良、見続けたいって思える作品。歳をとるごとに色んな感想を持てそう。

アニーホールのことだけ考えながら眠りに落ちれる幸せ

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.2

超絶怒濤オシャレ映画好き!!!ケイトブランシェット好き!!!

デビーのセリフの誰のために犯罪をしているのか〜のくだり、昨日見たボニーとクライドの逃避行と同じなのかも

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

4.8

強盗映画だけど、シドナンシーよりももっと物哀しいな

ダーティハリー(1971年製作の映画)

4.1

イーストウッドの決め台詞カッコ良すぎて漏らすレベル

線路の上でバス待って仁王立ちしてるポーズ似合うランキング1位

承太郎モデルなのか〜エモ

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

4.4

間違えて2作目最後に見る羽目になったけど、なんかこの順番も悪くない。
なんだかんだ他作とちょっと雰囲気違うけどかなり好き。

どんでん返しだらけの脚本すごい!!!
オーシャンたちが盗みに入るときとフォ
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

4.0

アルパチーノかっこいい

オーシャンズ12観ないでこっち先見ても、ベネディクトが仲間な所以外はスッキリ理解できた。やっぱ1つの盗みを2時間の長尺で描くジワジワ感好きだな

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

怪獣映画なのにゴジラ以外のリアリティがすごい、対してゴジラはCGだからちょっと違和感

特撮の方がリアルっていう逆説〜

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

4.3

同一場面でショットがパチパチ変わるのって、本でいうインデントのみの改行みたいな感じに捉えればいいのかな

初ゴダール

殺人遊戯(1978年製作の映画)

3.7

観終わってから、後半ほとんどセリフないの気付かせる松田優作の演技やばくね?

プロット完全に黒澤の用心棒で面白かった〜

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.7

クソしょーもね〜けどなんかしっかり面白かった〜

見てる人にあんなおじいちゃん欲し〜って言わせようとしてちゃんと言わせるデニーロ凄い!

ピンクのオープンのミニをデカい女性のアソコって言えるセンス最高
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.3

フランス政府発注かと思うほどの超出来のいいパリのPV、ほんとパリに行きたくなる。

ギルの性格とか懐古主義とかわかりすぎてなんか自分を見てるみたい〜あの元カレ超嫌い。

ラストシーンみたいな感じで幸せ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.0

トム・クルーズのシリアスな演技良い!好き!

キューブリックの遺作これか〜って感じ、良くも悪くも。最初の数秒観ればキューブリックってすぐわかるくらい、らしさがある

超面白いわけではない

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.9

あまりのヤバさに限界突破、トム・クルーズいつ死んでもおかしくないだろ。超絶最強アクション映画ここに極まれりって感じで本当に面白かった。一番好き。

スマホ操作のBMW、007 トゥモローネバーダイのB
>>続きを読む

>|