YukiSanoさんの映画レビュー・感想・評価

YukiSano

YukiSano

SFが好き。

映画(366)
ドラマ(7)

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

ポール・トーマス・アンダーソンの映画は全部がセックスの暗喩であり、リビドーが歪んだ先にあるものを描いていると思う。

性の代替え行為だったり、自己存在の証明のための依存と執着、その対象との性的なコミュ
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

4.3

キング・オブ・ザ・カルト
そう呼ばれているサブカル最高峰の珍作。

フルチンの子どもを連れて砂漠を旅する黒装束のガンマンの幻想的な人生狂想曲。

砂漠に住む4人の達人ガンマンを全員倒せば最強になれるの
>>続きを読む

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン(2014年製作の映画)

3.2

孤高の鬼才、素顔を見せる。

妻の視点によって綴られる迷作「オンリーゴッド」の舞台裏メイキング。


天才、奇才、カルト、色んなマニアから愛されるレフン監督は意外にも人の評判ばかり気にして、興行成績も
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.4

人生が重なり合う。

ロッキーが息子の誕生とアポロとの再戦に挑んだ2にも、王者の座から落ちてハングリー精神を取り戻す3にも、そして勿論ドラゴとの因縁が始まる4とも。

焼き直しに見えるはずの重複は、多
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.2

クリード2に備えて、約二十数年ぶりに観賞。

小学生高学年の時に初めて観た感想は最高の娯楽映画というものだった。

しかし、映画オタクになるにつれて評判の悪さを聞きつけて、再観賞するのが怖くて今に至る
>>続きを読む

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.8

自分の原点である作品を35mm上映で30年ぶりに観賞。

初恋の思い出は、美しいまま置いておきたくてテレビでもビデオでも見ずに、そっとしておいたけど、ついに解禁してしまった。

あの頃、凄まじい迫力だ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

15分に1回泣いたかも。
我慢した分もあるので、1時間45分の間で5回泣いただけで済んだと思われる。

もしこれを、ひねくれていた二十代で見ていたら感動ポルノだの、こんな都合の良い話なんてあるはずない
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

スーパー家族、今度は子育て篇。

ディズニーの時代を読む嗅覚は、ついに主婦の社会進出と夫の家事子育てにまで向けられた。

特殊能力を沢山持つベビーを見る大変さは、そのまま現実の子育てと容易に重ね合わせ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

これは魂の物語。
誰もが抱える孤独。劣等感。自己嫌悪。

それら全てを昇華し、天国へと旅立つ魂の体験を世界中の人に味わわせる作品。

我々はフレディ・マーキュリーの肉体と魂に乗って、自分を許し本当の自
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

アメリカでメキシコ差別が吹き荒れる中、ディズニーが果敢にも作り上げたメキシコ文化万歳映画。

凄まじく細かい所までメキシコの文化や歴史を調べあげたと分かる緻密な設定と美術に魅せられる。そしてメキシカン
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.7

天才音楽家の短い一生を描いたドキュメンタリーと言うと重く聞こえるが、ひとりの傷ついた女の子の哀しい話だった。

ジム・モリソンやショニス・ジョプリンにカート・コバーンなど天才たちと同じ27歳で死去した
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.1

あれ?何このミニマムな話。
凄いスケールで炎の王国が描かれるかと思ったら、お屋敷ものスリラーになった…

本当に「インポッシブル」の監督?
スペクタクルシーンと子どもが独自の行動に出る所はポイけど、あ
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.6

ロッキーは、心の「父」だ。

彼は色んな人の心に住んでいる。
沢山の人を励ましてきた。

親父の説教で叱咤激励し、最後に戦う背中で語る。

誰かに馬鹿にされても、それでも挑戦することをやめない。自分を
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

全ての人の心を浄化しようとしてくるファミリー映画の傑作。まさに世界を救おうとしている。

全盛期のスピルバーグや宮崎駿、ピクサーに勝るとも劣らない娯楽映画の鑑。

子熊の冒険物語を装いながら、実は移民
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

痛い系女子物語。
「フランシス・ハ」でヒロインを演じたグレタ・ガーウィグの監督デビュー作。そしてあの作品のヒロインの過去のようにも見える。

シアーシャ・ローナンが恐らく完璧にグレタ・ガーウィグに成り
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

この世で最大級の恐怖をつるべ打ちで叩きつけてくる。子どもの死、そして過失でも加害者になってしまう恐ろしさ。精神的エグさが凄まじい。

アリ・アスター監督の実体験を元に作られたという物語。オカルト悪魔教
>>続きを読む

ザ・ディザスター・アーティスト(原題)(2017年製作の映画)

3.8

映画史上最低の作品「THE・ROOM」の舞台裏を描いた奇跡のような実録コメディ。
アメリカ版「カメラを止めるな!」とも言える。

自主映画したから分かる舞台裏の熱気とスレ違いが痛々しく胸に刺さって他人
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

この作品で一番恐ろしい魔法は「言葉」。
太平洋戦争前に圧倒的なカリスマが、あらゆる差別と不寛容を利用して社会を二分しようとする物語だった。

差別される者、またはする者は、血統であったり、人種、性差、
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

天才子育て映画。
とても心優しい気持ちになれる。

自分も娘を育てているので、客観的に見られないくらいに共感して観賞。

子どもを育てるなら悩んでしまう、本当に大切なことは才能を伸ばしてあげることなの
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

最高級の家族映画。
あらゆる娯楽要素が丁寧に品よくサンドイッチのように積み重ねられていて極上の90分を味わえる。

とにかくセンスが良く、メジャーになったウェス・アンダーソンといった雰囲気の美術や衣装
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

5.0

IMAX観賞。
凄まじい迫力でオープニングの地球と太陽で大感動。

特撮の細部まで観ることが出来て、改めて半世紀前とは思えぬ緻密なディテールとセンスに脱帽した。

ハイライトのスターゲイトでは、地響き
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

奇跡のように美しい映画。

少女漫画的な文学を、そのまんま映像化したみたいな作品。音楽も異常に良い。

同性愛を扱っているがLGBT問題の社会的メッセージが無いため、純粋な恋愛映画として見られる。また
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.3

今の若い人たちは知らないだろうが、リュック・ベッソンと言ったらかつてはお洒落映画の代表みたいな人だったのである。

それがフィフス・エレメント位から少しずつB級風味が出てきて、ついに今に至る。10作品
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

アメリカはディズニーランドのような虚構を投影しただけのハリボテなんですよ、って言ってる映画。

嘘臭いパステルカラーに染め上げられた魔法の王国に住む子ども達のキラキラな日常と、大人達のギラギラした現実
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

3.8

毒舌満載映画。なのに出てくる人物に共感し、同情し、愛しく思えてくる。

最悪な暴力と罵詈雑言しか吐かない主人公と、気が強過ぎる女子高生が心を通わせていく様子はとてもベタベタなのだが、その愚直さが心に刺
>>続きを読む

Junior(原題)(2011年製作の映画)

3.6

RAWの監督処女作。
ネットで検索すると字幕なしで見られる、とても瑞々しい青春作品。
RAWの元ネタであり、これを後にホラーリメイクしたのがあの作品。

町山さんがRAWの有料解説でストーリーの説明を
>>続きを読む

デヴィッド・リンチ:アートライフ(2016年製作の映画)

3.0

リンチの創作の原点に迫るドキュメンタリー。

意外と幸せな家庭で育っていたことが明かされて、それが一番の驚愕だった。トラウマと不幸の塊かと思えば、そうではなく大切に育ててもらいながらグレていったことや
>>続きを読む

E.T. 20周年アニバーサリー特別版(2002年製作の映画)

4.5

約30年前全く乗れなかった作品。
今こそ、本当に心に響く。

フランソワ・トリュフォーに「子供のために映画を作ってみなさい」と助言されたスピルバーグが比較的低予算で作ったヒット狙いではない作品。公開し
>>続きを読む

スター・トレック(2009年製作の映画)

4.0

理想的なリブート。
無個性だけど天才のJJテクニックが異様に光っている。

戦闘するスタートレックというコンセプトにショックを受けて、劇場公開時には好きにはなれなかったのだが新シリーズにも慣れて見直す
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

少女が大人になる時の戸惑いと嫌悪感をホラーとして表現したメタファー映画。

性とホラーがここまで上手く融合していると感じた作品は珍しい。

全部がメタファーなので筋が通ってまいが、心情が理解できなかろ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.9

誰も死なないヒーロー映画。
子ども向けと言ってしまえば それまでだが、心から観客を楽しませようという信念が貫かれて、ニコニコしながら観られた。

マイケル・ダグラスとミシェル・ファイファーの共演って今
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.1

猿版「許されざる者」
重厚な西部劇SFの傑作。

復讐に囚われたシーザーが、自己の中に相対する敵と遭遇する。それは前作で憎しみに囚われた同族コバの影。

そして同じリーダーという立場でありながら、マジ
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.6

スピルバーグの自己模倣映画。
レディ・プレイヤー1で示されたイースターエッグを探し求めて、彼の中でも未見作品の1つをようやく観ることが出来た。

驚くことに彼は30年ほど前から、タンタンとインディ・ジ
>>続きを読む

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

3.4

ハリウッドをこれから支えるであろう新星たちが出ているので、ずっと観たかった作品。

色んなビデオ屋回っても見つけられ無くて、ついにAmazonで見つけた頃には、フェリシティ・ジョーンズはスターウォーズ
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

2.4

寒い。スベってる。
この作品の正しい表現な気がする。

もともとバカ映画を作ると宣言してる作品に、出来をどうのこうの言っても仕方ないのは百も承知。

ただ、そうである以上は笑わせてほしいし、予想を越え
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.8

心の底から愛してる一品。
好きすぎて客観的に観ることができない。

16歳という青春ど真ん中で観た、この作品はどの日本映画よりも鮮烈でスタイリッシュに映った。観たことない映像と世界観。MVのように流れ
>>続きを読む

>|