ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

4.5

アメリカ南部ヴァージニア州で、初の白人と黒人が一緒に学べる様になった高校の、フットボールチームの実話。

あの時代のヴァージニア州で、人種の隔たりをなくして同じ目標を目指して行くということは、スポーツ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

酷い人種差別。そんなに昔の話では無いことに驚いた。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

ノマドという生き方に、私自身は共感が出来ない。
ただ、「こうなってしまったんだ」という人生ではなく、「敢えてこういう人生を歩んでいる」という点では、ノマドという生き方もアリだよなと思った。

広大な景
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.9

Disney +導入!記念すべき1作品目の鑑賞がコレ。
今年1番、いやいや、今まで見た中でも上位に入るおもしろさ。

ゲームには疎くてモブキャラの意味すら知らなかった私。よくわからないまま話が進んで行
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

3.3

伯母をたずねて三千里。


私にはあまりピンとこない作風でした。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

パトリオット・デイ(愛国者の日)に起こった、ボストンマラソン爆弾テロ事件の話。

所々で実際の映像が出て来てとても臨場感があり、また、エンドロールの前にも登場人物のご本人のエピソードが流れ、感極まって
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.6

優しい映画。
優しい気持ちになれるし、優しい人でありたいと思わせる、とても良質な作品です。

ただ、ひねくれ者の私としては、
実話らしいけど、本当にこんなに周りの人は良い人だらけだったの?
と思ってし
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.0

どうしたらあの人達を救えるのだろう…

あまりにも悲惨で酷くて。アニメでなければとても見られなかったと思う。

とにかく、全世界の人々にこの映画を知って欲しい。

パンドラ(2016年製作の映画)

2.7

福島第一原発事故をモデルにした、同じく原発保有国、韓国での話。

前半は見なきゃ良かった…と思う程、日本の過去の映像が思い出されて辛かった。

後半は…泣けた泣けたというレビューが多い中、私は全然泣け
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

過去鑑賞。エドワード・ノートンが好きになったきっかけの作品。

そして今回再鑑賞。
やはりあの演技は素晴らしい!
映画自体、色褪せる事なく、今見ても全く古さを感じさせない。

法廷物が好きな方は、絶対
>>続きを読む

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

3.5

公開当初に劇場で見た筈なのに、断片的にしか記憶が無く、結末なんかはどうだったか全く忘れてしまっていた。

ので、13年経って再鑑賞。

あーこれは結末忘れても仕方ないわね、というような終わり方。
話の
>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

4.3

日本にも似た様な事件はあるけれど、フェイクだとわかっていても、こうやって映像で見せられると、子供を守る法律はどうにかならないものなのかと心の底から思わずにいられない。そんな映画でした。

結末が想像出
>>続きを読む

ビジョン(2015年製作の映画)

3.9

長いけど、ずっとハラハラドキドキしっぱなし。

何かにつけて「学が無い」と言われる父親だが、巧妙に人間の心理を突いた、壮大なアリバイを考えて家族を守り抜く。

すごく自己中心的な家族愛で、最後の父親の
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

これはホラー映画なのかな?
恐怖の色合いが所謂ホラー映画とはちょっと違う感じです。

全体的な景色が綺麗な為か、グロさが際立ってしまうけど、思った程ではなかった。
それよりも、風習とか慣習とか集団心理
>>続きを読む

>|