COUNTRYMANさんの映画レビュー・感想・評価

COUNTRYMAN

COUNTRYMAN

映画は人生よりも奇なり。
Twitter: @countryman_cmb

ジジィムービーを見つけた方はCOUNTRYBOYまで。

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.8

もっとみたい。
ハードボイルドな男たちの詩をもっと聴きたい。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

英国の男の子って超キュートよね?いや〜ん、食べちゃいたーい♡っていうセクシーブロンド女の気持ちがちょっと理解できる。

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション(2011年製作の映画)

3.9

メッセージ明確、しっかりファミリー向け、スパイ道具カッコイイ、やっぱロバロドいいわ〜。

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.8

死に急ぐ男たちの死に急ぐ男たちによる死に急ぐ男たちのためのなんだ、あれだ、バイブル的ななんつーかあれだ。まぁ、観ろ!死に急ぐ男たちよ!

マチェーテ(2010年製作の映画)

4.6

やばい、理屈抜きで好き。
勧善懲悪!女!銃!
大味中の大味!
露店で買ったタコスにタバスコぶちまけてかぶりつく!
美味くないわけがない。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.6

トムクルーズ骨折記念第二弾。
ジャッキーチェン組に見られるようなカット!の後敵と味方が仲良しにしてそうな雰囲気がジャックリーチャー組に見られた。
嫌いじゃない。

ペット(2016年製作の映画)

2.8

感動ポルノって言葉あったけど言うなればかわいいポルノかな。
いやらしいと思ってしまう俺の心がいやらしいのか?
白いふあふあのウサギとワンコでふあふあはしたい。

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

3.8

な〜にが欲しいとい〜う〜の〜
わたし?それとも愛〜?
せつねぇ笑

チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生(2013年製作の映画)

3.4

がーん!とかキラキラ〜!とかハリウッドなら恥ずかしいことをなんの迷いもなくやってのけるところがボリウッドのいいところ!
ダサい!を突き抜けるとカッコいい!になる。

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.6

豪華だしジジィいじりがもう完全にジジィムービー。
ヘレンミレンに抱かれたい。

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.9

すごく嫌〜な映画だけど教訓が詰まってる。
盗むやつが悪いか盗まれるやつが悪いか。
多分、うまく盗めるやつは盗まれるようなマヌケではない。

メゾン ある娼館の記憶(2011年製作の映画)

3.7

いつの時代、どこの国にもこういう世界がある。
いいも悪いもない。ただ、ある。

インビジブル(2000年製作の映画)

3.5

まぁ、ケビンベーコンに透明の能力与えたらこうなるわな。
この手の映画は大体主人公とヒロイン生き残るけどベーコンくらいになってくると違う笑

デスペラード(1995年製作の映画)

4.8

酒に殺しに女にギター。
なんだ俺のための映画じゃないか。

泥の河(1981年製作の映画)

4.1

ふらりと川を下ってきた船の子供が歌う歌。
その子が歌うは遠く満州を想う歌。
そうか、この子も、そういう子。
もはや、戦後ではない。
そう言い放つ社会から取り残された人々の
心にいつまでも響く歌。

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

3.6

ペドゥナきゃわうぃうぃ。
下手くそなバンド練なごむな〜。
バンドやりたくなるな。

最後の1本 ペニス博物館の珍コレクション(2012年製作の映画)

4.2

すばらしい。
これ一本にいろんな教訓が詰まってる。
人の価値観を変えたい、人が目をつけないことを探究したい。すごくよくわかる。そして人目を気にせず突き進む館長に男として憧れる。男は死ぬまで探究の日々。
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.2

時代もどんねぇんだ。
ちょっと説教じみたありがちなアイドル映画。

可愛い花(1959年製作の映画)

3.7

ザ・ピーナッツの生誕が映画になっちゃうとは。
この時代の邦画は気品があり、個人的には好物。
レコードなどもそうだけど、歌の割れ具合がたまらない。

ユキとニナ(2009年製作の映画)

3.6

前半すごくいい。
親の離婚を止めようと奮闘するユキとその友達ニナ。パパママ宛の、愛の妖精からと綴った手紙をポストへ投函する2人。誘拐されたことにしようかと相談する2人。とにかく2人の行動が全て愛おしい
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.2

途中プライべートライアンっぽかったりミストっぽかったりトイストーリーぽかったり、様々な作品を踏襲したいい作品になりそうと思わせといてからのちんこまんこ。

マイ・バック・ページ(2011年製作の映画)

3.7

結局何がしたいの!?
という問いに答えられない梅山の挙動が真実なのかなと。
世界変えたいとか言ってしまうやつは大体信用できない。
学生運動を生きていないCOUNTRYMANからすると、当時の熱は青春の
>>続きを読む

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.3

u-nextで鑑賞。テレビから版権買ったのか、cm前と後の砂漠ザッパーン(見せ場)がそのままの編集でちょっと懐かしかった笑
他でほとんど見かけない俳優たちがなんだか愛おしい。

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.9

まさかまさかの隠れジジィムービー!
B級っぽいけど見方によって化ける。

少林寺木人拳(1977年製作の映画)

3.4

ただ木人とイチャイチャするだけじゃなかった!
俺がこの映画と出会ったのは…
因果!阿弥陀仏。。。。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.7

人間はいつまでも同じままじゃいられない。
だから、ずっと変わらないでいてくれる映画をまた観てしまうのかも。
…え?フィンランドだから日本語わからない?えっと、つまり、、キートス!

凍える牙(2012年製作の映画)

3.7

主演ソン・ガンホ?イ・ナヨン?
いえ、狼犬チルプンです。
切なすぎるよチルプン。。
クライムサスペンスってよりは南極物語とかHACHIとかそっち系です。
しかしイ・ナヨン美しいなぁ。

小川町セレナーデ(2014年製作の映画)

3.8

"次の恋が始まったら、思いっきり愛しなさい。"
エンジェルさんいいこと言うなぁ。おっさんだけど。
良作です。

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

曲すげーいいよゴッチ。
心配すんなよゴッチ。
本当に自分で書いたならだけど。

波止場(1954年製作の映画)

4.0

スタローンが好きだと言ってたので鑑賞。
ロッキーはここから影響受けてるのか!と納得。
ゴロツキが自分に挑むテーマや、キスシーンなんてまさに!
ロッキー好きにはたまらない作品となるでしょう。

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.9

博打に生きる男たち。
博打のために金を賭け、女を賭け、家を賭け、命を賭ける。
騙し合いばかりなのに勝負の上での嘘はない。
こんなに信用できる男たちもなかなかいない。

>|