COUNTRYMANさんの映画レビュー・感想・評価

COUNTRYMAN

COUNTRYMAN

singer/songwriter
ライブ情報随時更新♪
Twitter: @countryman_cmb

ジジィムービーを見つけた方はCOUNTRYBOYまで。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

これ好きなやつだ。
やっぱ哀愁漂ってこその男の色気だなぁ〜。
抱かれてもいい。

HACHI 約束の犬(2008年製作の映画)

3.1

もう渋谷にギアの銅像建てようぜ。
"え〜ハチ公前ゲキコミヤバイんだけど〜どする〜?みんな待ちすぎはんぱなくない?"
"え〜マジ〜じゃギア前集合で〜"
"デレ(シンデレラストーリー)っちゃう〜?ちょ〜ウ
>>続きを読む

園子温という生きもの(2016年製作の映画)

3.8

園子温ってこんな顔するんだ。
やっぱ映画は監督のものだとひしひしと感じた。
映画の感情が監督の感情そのもの。
監督の熱をその場で受けるような錯覚を起こさせてくれるこのドキュメンタリー。
できればあんま
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.7

飯食いながら見るべからズ
えー!ここで終わんの!?と思いながらも彼らの行く末を想像してしまう。映画が終わっても心の中で果てしなく続いて行く。

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.5

この甘美な愛の物語。
マンハッタンの洗練された街並み。
あぁなんと表現すればいい。
とりあえずただ一つ言えること。
埼玉生まれブロ畑育ちの俺には一切関係ない。

わが青春のアルカディア(1982年製作の映画)

3.7

俺の旗の下に
俺は自由に生きる。

俺もいきたいっスキャプテン!!

西遊記(1960年製作の映画)

3.8

改心。
誰しもが思い当たるテーマだから長く残るのだな。
てかむっちゃディズニーっぽい。
俺は好き。

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.7

ちょっともうゲイに水風船ぶつけるガキはいないかなぁ笑
今となっちゃゲイもよく見るしなんとも思わないな
それ自体がいいことなのかもな

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

街中にAIのひとりやふたりいてもおかしくないな。
てかポルノの趣味で選抜されたとしたら主人公何観てたんだ笑
社長もAIにキョウコて名前付けるとか笑

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.8

おっつぁんよぉ、いくらカントリーマンでもノーカントリーマンにだけは勝てる気がしねぇぜ。

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

2.8

深キョン心読めるんじゃ俺が深キョンかわいいって思ってることバレちゃうな。

デビルズリジェクト〜マーダーライドショー2〜(2005年製作の映画)

4.1

曲むちゃくちゃ好み。
完全に頭イかれた犯罪者たちなのに惹かれてしまうのはなぜだろう。
普段無意識に押し込められている何かが掻き立てられる。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.4

監督同い年て…
アドリブっぽいところが自然さを引き立てててよかった。
やっぱ女の子はちょっとくらい強引な方が好きなのか。勉強勉強!
最後受賞した映画のワンシーンいらないだろ〜。あれがクソすぎてそれ撮っ
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.7

確かに筋金入りのタマをぶらさげてはいたが、その中に愛が詰まっていなかった。

最後の戦い(1983年製作の映画)

3.2

最初ダッチワイフとヤってたのはウケたけどあとはよくわからん。。
あ、曲かっこよかった。

フェンス(2016年製作の映画)

3.7

ほんと、してやってる系親父はダメ。
なんとなく葛城事件と被る笑

鬼畜(1978年製作の映画)

3.8

こりゃヤバイ。
自分かわいさに人への愛を失えば人間は鬼にも畜生にもなる。
"若い親で育てる意思のないものが増えてる"
というセリフ。
40年前も言われてんのか笑
鬼畜みたいな許させざるニュースは現代も
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.9

将棋といって侮るなかれ。
ジョー、力石並みのライバル対決。
アツい闘いは燃えるなやっぱ。

ヒア アフター(2010年製作の映画)

3.7

天国にいる人と話せる人はちらほら聞くけど地獄にいる人と話せる人いる?
あの兄弟のやりとりはそりゃ泣くだろう。

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.9

あぁ、いじらしい、シュミットジイさん。
シュミットジイさんの気持ちもわかるし周りの煙たがってる感じもわかる!
やっぱ誰かに必要とされたいよね。人類単位で見たら小さい命でも、生きてるんだから。

ザ・ムーン(2007年製作の映画)

3.7

月面着陸はキューブリックがスタジオで撮ったという都市伝説があるけど、いや、行ったよ。
あれはやり遂げた男たちの目だよ。

ライトスタッフ(1983年製作の映画)

3.6

音の壁を越える、宇宙を目指す、サル。どこを切り取ってもひとつの話として面白そうなのに、いっぺんにやることで滲み出てくるアメリカマンセー感。
男たちの話、嫌いじゃないのに…

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.6

宇宙戦争と言っときながらドロドロのダメ親父物語持ってくるあたり流石笑
食パンパーンッは最高笑
てか宇宙人凡ミスすぎ笑
下調べしてからきなさい!

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.8

月に囚われた男が本当の真実を知ったときのあの果てしない孤独感。
自分が孤独だと思ってる人は一見の価値あり。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

1.5

ディズニー、スピルバーグ。
えー、その結末でいいの?
巨人たち何が悪いのかわからない。

パタリロ! スターダスト計画(1983年製作の映画)

3.6


とりあえず時空越えたり宇宙行ったりすれば劇場版。
安定のパタリロ感。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.5

最初からホラーとしてみれば星3.5
最初からクライムサスペンスとしてみれば星3.5

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.4

全てのいのちは繋がっている。
なんとなくわかるけどわかりにくいし長い。

吉原炎上(1987年製作の映画)

3.8

凄まじい。
まさに炎上。
嘘のお水で咲いたとしても
いのち短し同じ花
なんて唄ってみたくなる。

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

3.7

おっぱいマシンガンなら殺されてもいいけどペニバンマグナムはなんかやだな。

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.8

もっとみたい。
ハードボイルドな男たちの詩をもっと聴きたい。

>|