ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

映画(629)
ドラマ(28)

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

-

キリングタウン的な暗さ。ストーリーはいわゆる少年アドベンチャー物の決まり通りには進んでくれず後味悪め。
主人公若い時のマイケルセラみたいでかわいかった、骨の細さよ…

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

-

何転もする構成がすごく良くできてたし、彼等のキャラクターが絶妙に気味悪くていかれてて好きだった。

CHECKERS in TANTAN たぬき(1985年製作の映画)

-

チェッカーズの正体はタヌキだった!というとんでもない設定。
私熱烈なファンではないけど終わる頃にはもうフミヤ〜泣、ってなるような愛にあふれた映画でした。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

-

スティーブンキングらしいファンタジー表現が多かった。ラストの例の音楽が流れてからはそういう流れか〜いいじゃん〜ってなりました。心に浮かんだのは貞子vs伽倻子。

若い恋人たち(1959年製作の映画)

-

宝田明がかっこよくなくて、宝田明のお父さん役の方がいい眼鏡で素敵だった。

角帽三羽烏(1956年製作の映画)

-

川喜多雄二の小さな顔と近代的なスタイルに対して大木実の昔ながらの大きな凛々しい顔が並ぶのがとってもいい。あんまり知らないけどそれが松竹お決まりの3人組の型なの?
野添ひとみがとにかくかわいくてそれだけ
>>続きを読む

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

-

8年越しに見られた。アンドリューヘイ監督の作品に出てくる人間は弱いようで強くて優しいな。腋の下を見せてもいいけど触らないでって言うのに、美術館かよって返事いいな。

キリング・タウン(1996年製作の映画)

-

音楽が良かった。スタンドバイミーみたいな少年の成長物語だけど、少し普通。

プラトーン(1986年製作の映画)

-

久々にみた。ウィレムデフォーの若い時かっこいいなー。

モーリス(1987年製作の映画)

-

ケンブリッジでの寮生活の描写は良さしかありません。
胸を張って気高く生きてほしい。ヒューグラントのラストの表情は色んな感情が込もっていて良かったです。

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

-

車屋さんでの始末が1番ワクワクだった!坐骨神経をああにすると痛いなんて授業で教えてもらわなかったな。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

-

ジャッキーチェンの安心感よ。道すがらのやっつけ筋肉トレーニングで笑った。

>|