haseさんの映画レビュー・感想・評価

hase

hase

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

4.0

感想がまとまらない系。
当時のロシアの様子も生々しく伝わってくる。
映画はやっぱりエンタメだけじゃないね。

複製された男(2013年製作の映画)

2.0

解説よんでやっと理解。ジェイクギレンホールだから見れた感。

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

3.0

何年かぶりに鑑賞。
オダジョーと加瀬亮コンビの良さ。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

1960年代の同性愛はこんなにも差別的で決して公には出来なかったんだなと。
最後のシーンで、イニスのシャツがジャックのアウターを包み込むようにかけてあってじんときた。愛だ。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.0

バーでの経験とかナタリーポートマンとの出会いとか最高だったので恋愛のくだりいらないかも。
あと何ヶ所かgif動画みたいにカクカクなるのはなんだったんだろ。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.5

ジェイクギレンホールはちょっとイカれたヤバイ奴がよく似合う。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

切り取ってみると面白いんだけど、全体として振り返るとよくわからない。

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.0

最後の方に流れる「17」が最高すぎた。
ニックロビンソンのこれからも楽しみ。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

いまいち入り込めず。
緊張感のある音楽は良かった。

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.5

5時間ずっとジェットコースターに乗ってる感じ。
エネルギーが画面から溢れてきて、何よりキャストが全員素敵!
疲れたけど、多分一生頭のどこかにいる作品。

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.0

簡単なことが、年を重ねるごとに難しくなってしまうのね。初心忘れるべからず。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.0

ちょっと小難しい感じはするけど、ゴットファーザーの凄みが終始。2と3も観なければ。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.4

ゾンビ映画初体験。設定がリアルでもしも...を考えながら見てしまった。

守るべきものがある人は強くてかっこよくて美しい。

残像(2016年製作の映画)

4.3

全てが滑らかというか、突っ込みどころがない。
全体の色味も衣装も住まいも素敵。質素でも確たる軸がブレなければ人は腐らないんだなと学んだ。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.4

なんというか、今時の映画って感じ。
黒人の肌の色は本当に美しい。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.3

ミシェル・ゴンドリー感を勝手に期待しちゃってたからスカッと空振りした感じ。少年の目がキラキラ澄んでて、ただただ美しかった。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.2

感想とくにないけど、最後のアナ・ケンドリックの衣装は狙いすぎやで。。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

父と娘のぎこちない関係がとても自然に描かれてた。愛しいなぁ、もう一回見たい。

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.5

青春のもやもや系映画はふと観たくなるやつ。
キアヌリーブスが良い事いっぱい言ってた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.7

プライベートライアンぶりの戦争映画。
太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として任務を全うした人のお話。戦争の生々しい描写は直視出来なかったけど、自分もその場にいるような臨場感。生きるか死ぬかは運と判断力の早さ
>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

3.2

日曜の夕方くらいになんとなく見て、せつない気持ちになるやつ。学生生活を垣間見れて良い。

海月姫(2014年製作の映画)

3.3

途中途中で突っ込みどころはあるものの、起承転結しっかりあって楽しかった。
全力のオタク女子良い。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

映画というか短編ドラマを立て続けに見たって感じ。役者が素っぽいのが◎。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

色んな人に見守られて人は育っていくんだなぁと。後半の息子から母へのセリフでお母さんはだいぶ楽になった気がする。
そしてタバコ吸うの教えるシーン好き。

父、帰る(2003年製作の映画)

3.9

見終わったあと映画に置いてかれてしまった感じ。見ながらもやもやしてたものはそのまま残る。普段撮影風景とかキャストインタビューとか全然見ないんだけど、この作品では見てしまった。
監督、カメラマン、キャス
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.5

構図がキメキメで少し疲れるけど、スケボーで走りまくるシーンとか最高。本能に任せて行動するってやはりかっこいいな。
そして25番の写真はぐっとくる。

17歳の肖像(2009年製作の映画)

3.3

こんな出来た話あるかーいって感じで話は進み、最後はあのおじさんを一発殴りたくなる映画。でも17歳であんな体験できるのは確かに憧れるかも。

>|