lovetonさんの映画レビュー・感想・評価

loveton

loveton

映画(250)
ドラマ(8)
アニメ(0)

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.9

アンジェリーナ・ジョリー以外考えられないハマり役

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

2.7

アディクションに到るまでの環境設定とか心理描写が弱い。だから共感できない。

黒蜥蜴(1968年製作の映画)

3.7

若かりし頃の美輪明宏が堪能できる貴重な映画

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.9

パラレルワールドの描き方がいつも独特で好き。今半別館がクールジャパン過ぎる!

メトロポリス(2001年製作の映画)

4.3

サイバーパンク好きには堪らない作品。メトロポリスの画が素晴らしい。もっと評価されてもいいと思う!

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お化け同士の会話と、家が壊されて消えちゃうのと、飛び降り自殺のシーンが好き

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8

映画というよりドキュメンタリー観てるみたいな空気感がいいね

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.8

ソフィア・コッポラはビル・マーレイの使い方が上手いなぁ!絶妙に脱力しているのがお洒落。けど、まだ浮気疑惑は拭いきれていないと思う!笑

アス(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初めどっちが帰ってきたか分からないと思っていたけど、最後のバトルで実際どっちがどっち?という展開で答えが分かった。息子も気づいたと思う。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.7

実話ベースなのが面白い。クリストフ・ヴァルツが最低野郎を演じきっていて不快!

Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む(2022年製作の映画)

3.8

Tinderでスペック高くてすぐに打ち解けてくるのは、それが本当の仕事だとしてもサイコパスの遊び人だとほぼ断定しちゃう。
my enemy って何?なんでそこを誰も突っ込まないの?笑

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

1.5

ストーリーが稚拙すぎて、、ベッソンもう映画撮らなくていいよ、と思わされた。

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.3

キャスティングとチェシャ猫とアブソレムがよかった。原作知らない方が楽しめるかも?

リング(1998年製作の映画)

3.7

20年空けて見直したらほとんど忘れていてた中に、貞子の登場シーンだけは強烈に記憶に残っていた。音響がさりげないけれど効果的。この雰囲気はハリウッドには出せないね!

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.3

クラシック映画の雰囲気がありながら話にキレがあって面白い。ケビン・スペイシーとラッセル・クロウの見た目が似ててちょっと混乱した笑。

サイレントヒル(2006年製作の映画)

4.0

クリーチャーのデザインや動きがかなり暗黒舞踊で独特の美がある

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.8

イメージが素晴らしい。体感すべき映画。原作を読んでから観た方がずっと楽しめると思う。

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

視点が新しくてびっくりした。認知症の擬似体験ができる。余計なもののない、シンプルな会話劇だけですごくシャープ。

トレジャーハンター・クミコ(2014年製作の映画)

3.6

あらすじからシュールでコミカルなものを感じたので観てみた。コミカルというか日本社会への風刺がすごく効いている。ラストシーンの血色がよくなって宝物を見つけに行くシーンすごく象徴的で物悲しかった。

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

4.0

この時代にこんなブッ飛んでいたなんて!恋愛が芸の肥やしになってるね。エンドロールで本人が変なダンス踊ってるのよかった。他人の目を全く気にしない性格が伝わってくる笑。

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.0

筒井康隆の原作は面白いよね。原田知世主演の実写番には遥かに及ばないけれど。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.8

イーサン·ホークの役回りや動機がイマイチ掴めなかった。なんとなく丸め込まれちゃった感じ。もう1回観ようかな。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.2

表現が古臭くて恥ずかしい部分もあったし、なんで?なストーリー展開もあったけど、とりあえず自意識過剰でネガティブな鈴が最後解放されてよかった

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

just ok film コリン·ファレルの顔って何度見ても覚えられない

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.5

全く新しい形のエイリアン映画。この設定の方が現実に有り得そう。エイリアンを表現する映像も見事で惹き込まれた。

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

3.0

このときのロバート・パティンソンがめっちゃヴァンパイア顔で良い。ストーリーは月並み。

真実の行方(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

面白いけど落ちに若干無理矢理なところあるよね??エドワード・ノートンの演技が怖い。

ユニコ(1981年製作の映画)

3.7

原作が大好き過ぎる。比べるとこのアニメーションは子ども向けになっていて物足りなかった。

A.I.(2001年製作の映画)

3.5

同じAIものではアンドリューNDRの方が心理描写でグッとくるものがある。後で原案はスタンリー·キューブリックであると知って驚いた。制作はさすがのスピルバーグクオリティ。

彼女(2021年製作の映画)

1.5

ストーリーが雑すぎて30分で消した。映像もかっこ良くみせようとしてて逆にダサい。表面的には吉田修一の悪人に似てる。水原希子この映画であんなに脱ぐのは勿体ない。

>|