STYさんの映画レビュー・感想・評価

STY

STY

映画(132)
ドラマ(0)

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

今年劇場鑑賞11作品目。

美しい映像とアングル、不安を煽る音・演出でひたすら嫌なモノを見せ続けられる…でもホラー映画というよりはアート感が強い作品。例えるならキューブリック風な明るい『サスペリア』(
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.5

地上波にて鑑賞。

予告などから想像していた内容と全く違うことに驚き。キャストはたしかに豪華でしたが、それを楽しむだけというにも少し物足りない内容でした。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

IMAXにて鑑賞。
今年劇場鑑賞10作品目。

ワンカット風の撮影により戦場にいるような臨場感と緊張感で没入感が生まれ、それが主人公との時間の共有に繋がり、まるで自分自身も伝令の物語を体験しているよう
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.6

酒、狂気と暴力、醜悪、そして臭いまで感じてしまう殺人鬼の日常。それは目を背けたくなるが、でも孤独とどこかに哀愁も感じてしまう…そしてこれこそ現実なのかもとも思ってしまう。
まさに超ヤバの衝撃作品です。

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半の雰囲気はJホラーとしてとても良かったのですが、中盤以降話が急展開し、テイストも少し変わってしまった気がしました。
POV的なカメラワーク、映り込み・カットイン演出、電話ボックスシーンなどはホラー
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

クリスティー作品のような王道ミステリーの雰囲気から始まりながら、特異な設定をいかしたストーリー、散りばめられたユーモア要素など全体の完成度がとても高く、最後まで楽しめました。
ダニエル・クレイグの探偵
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

マット・デイモンとクリスチャン・ベイルがカッコ良く、レースシーンは迫力があり、何より勝負に賭ける男達の物語に感動しました。
そして男同士の友情、夫婦、親子それぞれの印象に残る素敵なシーンもあって素晴ら
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

ナチス時代のドイツを少年の目を通じてユーモアたっぷりに本当の”カッコよさ”を学ぶ成長物語。

笑って、泣けて、そして心揺さぶられました…いやぁ最高です。
スカーレット・ヨハンソンをはじめとする個性的・
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.9

シリーズ完結に相応しい作品だったと思います。
スターウォーズらしさという意味でもファンならきっと満足できる、というよりやっぱりファンのための映画だと思います。
素晴らしかったです。

ラストレター(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

美しい映像と音楽、演出、印象的な台詞とやはり岩井俊二監督の創る空気というか雰囲気が好み。

そして広瀬すずさん、森七菜さんの2人が素晴らしすぎた!可愛い!みずみずしい!二役であることも今回の物語ではと
>>続きを読む

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.5

全編エル・ファニングの魅力が満載。儚い美しさと歌唱パフォーマンスとファンならこれだけで大満足です。
それこそ『エル・ファニングの総て」というタイトルでも良いくらいに(笑)。

そして忘れてはいけない音
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

まさにこれこそエンタメという最高の作品でした。格差社会をテーマにコメディ、サスペンス、ホラーとあらゆる要素が盛り込まれていて面白すぎる!
ストーリーだけでなく、印象的なカット、カメラワーク、演出も素晴
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

地上波にて初鑑賞。原作は未読。

本格ミステリーというよりは、どちらかと言えば群集劇の印象が強い作品。
誰が犯人なのか?という部分が強調されておらず、謎解きらしいものはあまりなく、割と淡々と話が進んで
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.7

吹替にて鑑賞。

前作よりもストーリーは大人向きになった気がしますが、映像の美しさはよりパワーアップ。ミュージカル感もより強くなった気がします。

個人的には前作よりも今作の方が好きでした。

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

シリアルキラーものではありますが、猟奇的・残酷な殺人シーンはほぼなく、本当に犯人なの?冤罪では?と思わせながら物語は進行。一瞬ラブストーリーか法廷モノかと思ってしまうくらいに😅。今年はシリアルキラーも>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.6

原作は発売時に読み、あまりに面白かったので周りに薦めまくっていました。

そして映画ですが…大筋や設定は踏襲ながらも結構別物になった印象。上映時間の関係もあるとは思いますが、事件や謎解きがかなり駆け足
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

キューブリックの『シャイニング』の続編ということで期待と心配半分だったのですが…面白かったです!

キューブリックの作品性とは別の方向性としてスティーブン・キングの作品らしいテイストに仕上がっているな
>>続きを読む

ゾンビ-日本初公開復元版-(1979年製作の映画)

4.0

いまこうやって劇場で鑑賞できることに何よりも感謝、そしてやはりゾンビ映画はこの作品はありきだなとあらためて実感しました。

日本公開時のバージョンを観ると、他のバージョンも観直したくなりますね。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.8

前夜にT2を観直してから日曜日の朝から『ターミネーター:ニュー・フェイト』を鑑賞。

冒頭からなんとな展開や、そんなことあるの的な描写や設定などたしかにツッコミどころはありました😅。でも…シリーズファ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、期待以上に面白かったです。
テンポの良いストーリー展開、そしてアクションシーンの新感覚の映像とB級作品というには勿体無い良くできた作品でした。
SF感が少し先の未来というところもあってAIのリ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.6

前作とはまた違った意味でホラー感はなくなり、クリーチャー映画に近い雰囲気に。でもホラー版スタンド・バイ・ミー感は前作から引き継がれていて安心(やや薄まってはいますが)。他キング作品や映画へのオマージュ>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

4.0

IMAXにて『マレフィセント2』を鑑賞。

アンジョリーナ・ジョリーとエル・ファニング、そして作品全体の映像全てが美しかった。そしてマレフィセントというキャラクターがより幅広く描かれているところもよか
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.9

強烈な印象を残すダークファンタジーでした。不思議な世界観とそれを表現する描写、恐ろしく、気味が悪く、美しく、切ない。まさに異色。
『JOKER』とある意味では同様のまさに虐げられた弱者の物語ですね、素
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

単純明解に楽しめるパニックムービーで細かい突っ込みはなし、タイトル通り水泳がストーリー上ポイントになるのも予想通り、そして何より主人公親子の無敵ぶりに驚きました(笑)。映画館で観るパニックムービーはこ>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

IMAXにて鑑賞。

ホアキン・フェニックスの演技はもちろん作品全体の雰囲気・トーンがとても良かったです。階段やダンスなどの印象的なシーン、鏡・廊下・地下鉄・ステージ裏などの素晴らしいショット・アング
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

映画サービスデーなので夜から『アド・アストラ』へ。もちろんIMAX。
ブラピはやっぱりカッコいい、宇宙の孤独感も出ている…でも『インターステラー』や『オデッセイ』のレベルまではもう少しという感じ。前半
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.6

『JOKER』を鑑賞する前にシリーズを全てもう1度観ておこうと思いNetflixにて。
劇場で観たのは今から30年も前になることにまずは驚き(笑)。

今観直すとティム・バートンらしさは控えめだったか
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

シャロン・テート殺害事件を根幹としつつ、その時代とハリウッドの光と闇が描かれているのですが…やっぱりタランティーノ監督はすごいなと。

ノスタルジーでゆったりした時間の流れの中でブラピはひたすらカッコ
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.7

IMAXで鑑賞。

「これはアナベル版ナイトミュージアムさ!」とジェームズ・ワンが言っている通り、ストーリー性よりもおばけ屋敷的な怖さと驚きを楽しむべき作品。なんか出ますよ的な脅かし演出(賺し含む)が
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.6

予告編を観た時からどんなストーリーなのか気になっていたのですが、こんな展開だったとは・・・。これもまたホラーって感じではないですね。
メッセージ性、伏線、ユーモアとジョーダン・ピール監督らしさを感じま
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.1

IMAXのリバイバル上映にて鑑賞。
今の時代にIMAXで観てもその世界観は色褪せることはありませんでした。
大好きな作品が劇場で観ることができたことが何より幸せです。

今回劇場で鑑賞して音楽がとても
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.8

いやぁ笑えました。結構ベタな演出もありましたが、それも含めて本作の魅力ですね。個性的なキャラクター&キャストが多数登場してコメディとしてはもちろん、サクセスストーリーとして優しい気持ちになれるハッピー>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アンディやボニーのためにというウッディのおもちゃとしての役目・存在意義。でも必要とされなくなったことを悟った時、新しいことに気がつき、新しい世界に旅立つ。
まさに誰もが経験する人生。迷子になったときは
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

前作を観て早く観たかった「ハッピー・デス・デイ 2U」をやっと鑑賞。いやぁ、さらにホラーじゃなくなりました、これはSF&コメディです、もちろん良い意味で!
前作に引き続き主人公ツリーのキャラクターは最
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.8

「スタンド・バイ・ミー」、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」、「ストレンジャー・シングス」的な80年代ジュブナイル物として登場人物・キャラクター設定・登アイテムはもうこのパターンしかないよ>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

「天気の子」を鑑賞。物語のテーマである天気・雨と、新海誠監督の素晴らしい映像美は相性が良く、そして音楽も素晴らしかった。
賛否両論、「君の名は」との比較など色々言われている物語は設定、ディテール、伏線
>>続きを読む

>|