ゆめさんの映画レビュー・感想・評価

ゆめ

ゆめ

映画(505)
ドラマ(1)

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)

3.0

ドンウォンはただひたすら可愛いし頑張ってた!私はオリジナルの日本映画しか知らないんだけど、その記憶は消してから見たほうがいいと思う。あとノドンソク監督の萌えをひたすら覗き見る戸惑い…。
基本的に感情移
>>続きを読む

Swing Kids(英題)(2018年製作の映画)

3.0

結構話動くのが遅くて、体調が思わしくなかったのもあり、1時間と1時間半経過したところで時計見た。しかし真のしんどさは終わった後。涙を流す暇もなく劇場が静まり返ってたよ……。体力のある日にそれなりの覚悟>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.0

やっと見終わったんだけど、これ戦争映画じゃないんだな。戦争映画だと思って見てたから前半ほんとつまんなくて全然進まなかった… 後半1時間でいい。そして前半特にだが、"すずさん"への製作側の"萌え"の視点>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.8

『殺人の追憶』は全然いいと思わなかったけど、グエムルは完璧。この疾走感、容赦のなさ、人の死にお涙頂戴もせず、じめっとしたところがない。軽快さすら感じる。
画の撮り方がほんといいよね。あの聳え立つ橋と下
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

-

思ってたんと違う感で開始30分で挫折。開始5分は『ハードコア』?って思ったし。女に母性を押し付けるストーリー嫌い

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.8

15年くらいずっと見ようと思っててやっとNetflixに入ったので見られた。いやーさすが名作。ブロークバックマウンテンの自然の映像美にまずは圧倒され、人と人との出会いと別れの交差が丁寧に描かれたストー>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

面白かった。どこに着地するのか分からないままハラハラ。でもちょっと長すぎかな。いつ終わるのか、何度か残分数を確かめてしまった。原作に忠実にしたということなので仕方ないのかもしれない。
ストーリーは基本
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

2.9

これさぁ、メロじゃなくてホラーじゃない?
演出がちょいちょい微ホラーなんすよ… コンユのビジュアルとパブリックイメージがあってなんとかファンタジーとして成立してるけど、もう私釜山行き電車のくだりくらい
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.2

ぶつ切りで見たのもあるのか全然わかんなかった… 後半の関係性難しすぎでは???おまえはどのキムだよ!!!って感じ。
哀しき獣のユンソクは全然怖いと思わなかったなー。いや怖いけどさ… どっちかっつーとお
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.2

これも邦題がミスリード案件じゃない?私はエミリーブラントが善と悪に翻弄されるようなストーリーかと思っていた(キャッチコピーもそんなんじゃなかったっけ)けど、暗殺者ベニチオデルトロの話だった。だからか話>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.6

良かった〜!ピョン・ヨハンの彼氏力がすごくてな… 程よいんだよなぁ、馴染み具合が。夢女子待ったなし!話は最後の方辻褄合ってんだか合ってないんだか良く分からなくなってしまったけど、タイムトラベルものだか>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.2

うーん無理じゃね???っていう感想w 作りが粗い。たしかにビョンマン所長の話とかはこっちの方が筋が通ってるね。テジュが17年前の事件の犯人かも!ってどー考えても未成年では?って感じだったので… 。
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.6

面白くて一気に見られてしまった。ソルギョングの顔面演技力の真骨頂って感じだったわ… 何あの表情筋。
話の内容的に『犯人は生首〜』をちょっと思い出した。ただラストの映像と、キムナムギルが全体的に何したい
>>続きを読む

マイPSパートナー(2012年製作の映画)

3.3

GYAO無料配信にて。
良かった!さすがソンヒョン監督、初長編でもうまくまとめてたなぁいう印象。やっぱりカメラワークと編集がうまいよね。ストーリーもフォンセックスというテーマからうまく広げられてて見応
>>続きを読む

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.6

GYAO 無料期間に。
面白かった〜 本当に最後まで飽きさせない!見だしたら止まらなくなっちゃったよ。特に考えさせる映画ではないが、クライムサスペンスたまにホラーとしてよく出来てる!役者陣も良いね。予
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.2

カットしてるだろう部分が多過ぎてキャラがもったいないから、ちゃんと本で出してくれないかな…ていう。クレル?(日系人キャストの)も意味ありげにしといて背景が全然分からないまま退場、リタもそうだし、クィニ>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

3.0

洒脱さは伝わったものの、いまいち乗り切れず、早送りで見たラストで余計ウェッてなってしまった…… なんで女にだけ"証"をつけさせて、しかもそれを殊更に見せるんだろうな。
ブライアンが彼女を両親に紹介する
>>続きを読む

Rampant(英題)(2018年製作の映画)

2.9

つまんなすぎてびっくりした 笑
ただのヒョンビンかっこいい映画。
"釜山行き"で味しめちゃったのかな…?って感じのゾンビホラー。ストーリーがわりとめちゃくちゃなので、期待しない方が良い。その上、上映時
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.2

突然これだけ見ても全く意味がわからなくて笑った。ただひたすらエズラフラッシュが可愛いだけの2時間だったけど、まぁそれはそれで満足した。BvsS見てから臨んだほうがいいのは分かってたけど、DCに深入りす>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.3

ゲーム的な面白さもあり、ディストピアものとして発想も面白いんだけど、なんか物足りないんだよなー。あとオクジャと似てる。貧困、格差、環境破壊、食料問題…。ティルダスウィントン、あまりに同じようなキャラす>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

やっと最後まで見たんだけど、これ1回で人間関係とスパイ情報の諸々を把握できる人いるの…?少なくとも私は無理っすね… そして何回も見たい映画でもなかった。豪華俳優陣の共演だけを楽しんだ感じ。
ゲイリーオ
>>続きを読む

監獄の首領(2016年製作の映画)

3.5

面白かった!荒唐無稽な設定なんだけど、話の整合性はそこそこ取れてるので楽しめる。発想が良い。
キャストとしては、ハンソッキュの普通のおじさん具合が逆に怖い 笑。キムレウォン初めて見たけど落ちぶれ感が役
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

おすすめ!これまであまりピンときてなかったジェニファーローレンスの女優魂を見た。
スパイものらしく二転三転するストーリーで最後まで飽きさせない作りになっているし、人間としての尊厳を踏みにじられても屈し
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

-

開始5分で挫折。二階堂ふみが壊滅的。文語的な古いセリフで金魚っていう幻想的なキャラなんだからあんなハキハキ喋っちゃダメでしょ。もっと往年の銀幕女優みたいな、岩下志麻とか吉永小百合みたいに喋んなくちゃ

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.6

やたら長いなと思ったら3時間もあった… いつも中途半端で、拠り所がなくて不安そう不満そうで、エマのように芸術的になることもできず、同性愛者としても壁の向こう側に行くことができず、その勇気もないアデルが>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.3

音楽の使い方とか前半の色使いとか良かったし、何より構成が良かった。ああいうストーリーになると思ってなくてぼーっと見てたので。へぇ、こうなるんだーと思って。現実世界とリンクする映像使いが素晴らしい。
>>続きを読む

工作(2017年製作の映画)

3.7

すげーーー面白かったです!!!
話は(英字幕と政治的無知により)そんなにちゃんと分かってなくてアクションもないのに面白いのすごいよね。
ユン・ジョンビンはやはり信頼できるな。意図のわからないシーンがな
>>続きを読む

人狼(2018年製作の映画)

3.4

色々ストーリーに引っかかるところはあったけど、ジウン監督作ってGBWにしろ甘い人生にしろ悪魔を見たにしろ、ストーリーや登場人物の感情の動きはさておきこれを見せたいんじゃオラー!!みたいな力技なので今に>>続きを読む

ワンライン/5人の詐欺師たち(2016年製作の映画)

3.4

騙し騙されの手に汗握るストーリー展開も、色んな矢印が交錯するキャラ造形も、役者陣の演技も良い。オフショ超可愛いのに日本版には一切特典が入っていないことを知って愕然としたけど、私は元気です(韓国版買った>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

3.0

途中まではふわふわファンタジーだと思って見てたのに突然超ホラー展開になってしまい、思ってたんと違う感。ストーリーだけなら☆2。
画面作りとか伏線の張り方はさすがに見事だけど、策に溺れてる感じが好きじゃ
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

-

国家や大義、敵味方さえもない、ただ生と死があるだけの戦争映画。ゾンビが主人公のゾンビ映画ってこんな感じかな…って思った。
ちなみにこの話にぐっときた人はNHKの戦争証言ドキュメンタリー『インパール作戦
>>続きを読む

ベルリンファイル(2013年製作の映画)

3.0

話がややこしすぎて(理解力がないので3カ国以上関わってくるともうダメ)全然分かんなかったし、そうじゃなくても面白くなかった。ただのハジョンウカッコいい映画。そしてなんだあの終わり方は。続編いらないぞ。>>続きを読む

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2008年製作の映画)

-

テンション合わねーなーと思いながらも我慢して25分見たんだけど、ユ・アインが出てきた時点で「好きな!顔の!!男が!!いない!!!」と限界に達したので視聴断念。原作未読。お疲れ様でした。
チュ・ジフンが
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

-

ハートフルヒューマンものなのかなくらいの気持ちで臨んだので非常に心臓に悪かった。
じわじわと心に鉛を飲まされるようなしんどさ。個人を切り刻み、点数化し、"切り捨てても構わない人"を選別していく体制に怒
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.1

途中から女の連帯の話なのかなって思って見てたら主役が自らそういう総括し出したのでびっくりした 笑 思った以上のものは得られなかったけど、サスペンスとしてはそれなりに。
エミリーブラントの演技良かった。
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.1

ブラックジョーク満載の、さすが性に奔放なフランスって感じだった。もはやギャグとして観た方が良い。不穏なのかと思いきや要所要所で笑える。
イザベルユペールの常に顎が上向いてる演技良かった。フランス女って
>>続きを読む

>|