Okanoriさんの映画レビュー・感想・評価

Okanori

Okanori

映画(137)
ドラマ(0)

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

2.3

みんなと喋っていてやっと、かなりの本音が言えたかなと思った瞬間があった
それがどう聞こえようとも、大丈夫だと思える人たちと観られた事が幸運だった
1人だったら、消化し切れずに憤悶していた気がする

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

まったく特異ではない、私たちのための物語だと思った
疑ったり濁している場合ではないと、あまりの美しさにひるんでしまうけど

パンク・シンドローム(2012年製作の映画)

4.5

観る側の色眼鏡をぶち割ってくれるサイコーな映画
いい仲間についての映画な気がして、仲間に挟まれながら観たこと含めてサイコーだった

神聖なる一族24人の娘たち(2012年製作の映画)

3.0

神秘、に含まれる理不尽さが美しい色彩の中で放出している

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

あまりにも知らない アフリカ
あのビートと鮮やかな色、もっと知りたいと思った
知ることが まず一歩

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

たぶん、「ドリーム」と同じくらいの時代ですね

アメリのような…というと野暮かもだけど、色味とかも、近いなと思った

個人的には、男たちの粗暴さが本当に嫌で…そちらの嫌悪感が強くて素敵!という気持ちに
>>続きを読む

エルミタージュ幻想(2002年製作の映画)

3.8

人の夢の中を彷徨うような、夢うつつのロシア

ワンカット、私たちの目線に1番近く感じるカメラワークなのかも

つまりこの人生も壮大ワンカットとも言える

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

ミュージカルシーンの高揚感が素晴らしくて、キラキラ過ぎて泣けたけど、
はずれもの達のこれまで・これからとか、仲間や家族への態度の取り方とか、自分の現実と重ねて観ると引っかかってしまって、今も考えている
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.2

あらゆる要素が盛り付けまくりの感情のフルコースだったけど、ふと生まれるピュアな疑問が胸に残る

歌と踊りで終わらない訴えがあった

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

自分が作ることや活動することで、家族や周りの大切な人たちを傷付ける事はしたくない

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

こんなに胸が熱くなれる映画、スクリーンで観られて本当によかった!

あらゆる細部に誰かの気配を感じてゾッとするほどのクオリティ

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.5

驚き、戸惑いつつも凝視してしまう美しさ。
私には流れてない血が流れている。

きっと全て大丈夫(2006年製作の映画)

4.4

何が、とかをあまり具体的に言葉にし難いんですが、やさしい線画・悲惨なモノローグ・時折挟まれる美しい風景が一気に押し寄せました…悲しいけど一生忘れないだろうな、と思ったアニメーション
「ドン・ハーツフェ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.3

ティムバートンさんやっちゃってくださいよ!ばりの世界観で「キミョかわいい」どころではない

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.2

ニューヨークで、ちょっと残念な女の子が、踏ん張る話です。
東京に暮らす1人の女として、あんまり他人事じゃない映画な気がしている。

好きな事と、やりたい事と、自分の能力。
都会で自分の居場所を確保する
>>続きを読む

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

5.0

冒頭のカラスの街俯瞰タイトルロールが視覚的快感強すぎる

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.8

ハッと見惚れていたら後ろから刺し貫かれるような
何かを作る・発信する事に関わるモチベーションと消費する⇄されるについての映画だと思った

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

4.2

全然知らなかった職業
そもそも人生の選び方が、今の価値観と全く違うので、才能とは…とか天職とは…とか考えていた最近にバシッときていた
すごくチャーミングな2人がハードな人生を軽やかに語るのが、とにかく
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

自分でも冗談みたいだと思うけど、観てる間に風邪ひきました

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結果的にこの映画ではしょうもない悪として描かれた神様が、
生命に初めて出会った時「がっかりした」と言っていて
この世は神様の箱庭である説だったら確かにひっくり返して終わりだよねと思いました

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

フラッと行ったらスーパー素晴らしかった…
まずお父さんと馬の愛に泣いた…

>|