maiさんの映画レビュー・感想・評価

mai

mai

  • List view
  • Grid view

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.8

設定は無理があるものの、松村北斗くんと森七菜ちゃんのビジュアルと演技に惹きつけられて満足感たっぷり。

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.9

娘に勧められて視聴。
元男バスマネージャーとしては、バスケシーンのレベルの高さに満足。
そして、杉野のカッコ良さも大満喫。

F4ばりのメンズに囲まれる羨ましい位置付けの土屋太鳳ちゃんが、ありがちな「
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

見に行きたかったけど見逃した映画。
見応えがあった。
ストーリーの展開、小栗旬や星野源の演技が小気味良く、グイグイと引き込まれた。

樹海村(2021年製作の映画)

2.4

ファンタジーが強すぎて全く共感できず、途中で眠ってしまい、もう一度見直したがやはり不可解。恐怖も嫌悪感も湧かず。
せめて、後味の悪さぐらいは残して欲しかった。
#ジャックと豆の木 ?

原日出子が祖母
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.8

実話に基づくとは思えないほど、残忍で不可解な犯人。
その何とも言えないしたたかさと、気味の悪さを、チュ・ジフンがうまく醸し出していた。
宮のときのぎごちない演技がなつかしい。

燃えよ剣(2021年製作の映画)

4.1

今さらながら岡田くんの顔力に感服。
情報量が多すぎて頭がついていけないのが難だが、何度でも見たいと思える作品だと思う。
ウーマンラッシュアワー村本がいい味を出していた。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.6

役者が揃っているだけに、期待値が高まってしまっていたせいか、後半の犯人にたどり着くところがやや雑な気がして、満足度は伸びず。
長澤まさみの立ち姿が美しかった。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.3

ディレクターズカットのほうが、主人公の気持ちを丁寧に表現できていた気がする。

でも、いずれにしても劇場では観ていられなかったと思われる。

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

4.2

やっぱりイ・ビョンホンって、すげーッ!って素直に思える演技力。
ハ・ジョンウとの、昨日の敵は今日の友、的なやり合いが素晴らしかった👏
マ・ドンソクも安定の面白さ。
スジも頑張ってたなあ。ミスAで歌って
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

キャストが豪華なのは知っていたけど、実際に観てみると、いま観たい俳優さんが勢ぞろい。
あえて予備知識は無しで臨んだら、ストーリーも面白かった。
殴り合いのシーンが、私には長く感じられ、それでやや減点。
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

不条理すぎてとにかく怖い。
効果音や劇中曲も怖すぎる。
突っ込みたいところはあるものの、役者の演技力の結集につい引き込まれる。

ニコール・キッドマンの相変わらずの美しさに魅了されつつ、コリン・ファレ
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

4.0

実話に基づいたフィクション、ということで覚悟をして見たが、やはりかなり狂気に満ちた内容だった。
見終わった後に検索すると、実話は映画よりも残忍な犯行だったと知り、驚愕した。

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

3.0

昔から見たいと思っていて見ていなかった作品。
その期待が大きかったせいか、途中までが退屈で寝てしまった。
後半から面白くなってきたが、やはり画面や登場人物に変化がないため、いまひとつ。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.3

想像以上の恐怖と不条理。
倫理や道徳はその組織のルールのもとに成り立つもので、必ずしも共有できるものではないと思い知らされた。
吐き気がするような残忍なシーンがあるものの、景色や衣装の色彩の美しさに目
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.8

韓国映画独特の皮肉と、どんでん返し。
SKYキャッスルのヨム・ジョンアの目力がすごすぎる。
ストーリーがよく理解できず再度見直したが、自分の解釈が合っているのか自信が持てず、霧の中にいる感じ。それがま
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

気になっていた作品。
思っていたより面白かった。
日常が奪われるという状況は、大きな括りではコロナ禍とも共通するので、感情移入できそうだったのに、緊急事態に陥った後で子をなしているという夫婦事情にちょ
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

4.3

全く知らなかった作品。
何の予備知識もなく、神木くんだから見てみたら、素敵な感動作だった。
神木くんみたいな彼氏、憧れるなぁ。

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

のんびりとした序盤に反して、ぐいぐいと恐怖の中に引き込まれる。キャスティングがピッタリすぎて、逆にちょっと裏切って欲しかったぐらい。
ラストが、シュールすぎてそれがまた乙。

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

4.1

ただの謎解きコメディーかと思いきや、驚きの展開。
浜辺美波の不思議ちゃんぶりや、中村倫也の変人ぶり、そして何より神木隆之介の緩急をつけたキレのある演技が良かった😃

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.9

期待していたほどには楽しめず、ややガッカリ。ストーリーの詳細がぼやけていて、恐怖が半減。設定自体はすごくいいのに残念。
ただ、高島礼子の怪演は天晴れ。

ソウ2(2005年製作の映画)

4.0

思っていたよりも筋が通っていて面白かった。
頭脳戦に持ち込めないように神経ガスで思考も体力も奪う、というやり方は圧巻。
最後のどんでん返しに驚愕。

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

どうしても観たかったわけではなく、他に観たいものがなく、何となく選んだ作品。だが、観て良かった!!
見終わった後、爽快感とオシャレをしたい気持ちで満たされて、前向きな気持ちになれた。
女優同士のバチバ
>>続きを読む

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

3.8

リバーズ・エッジの後味の悪さを払拭したくて、またしても吉沢亮を追いかけてこの作品へたどり着いた。
今見るとあまりにも豪華なキャストに目を見張る。
主役の2人の演技に、きちんとキュン発動。
強いて言うな
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.1

吉沢亮を追いかけて、この作品を見ることに。
何の情報もなく見始めたら、けっこうなエロと暴力で、思いのほか描写がエグくて良かった。
吉沢亮の美しい顔がボコボコにされるのは不本意だったけど、二階堂ふみのカ
>>続きを読む

あのコの、トリコ。(2018年製作の映画)

3.9

吉沢亮くんからキュンが欲しくて視聴。3人の美しさを堪能し、休日のリフレッシュになった。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.6

倫理観、道徳観を揺さぶられる映画。
でも、もう一歩踏み込んで欲しかった。

背徳の王宮(2015年製作の映画)

4.0

チュ・ジフンの演技が素晴らしかった。エロや暴力も満載だけど、歴史もラブもきちんと筋が通っていて、満足できる内容だった。

サスペクト 薄氷の狂気(2019年製作の映画)

3.9

90分という程よい時間の中でかなりドキドキさせられた。所々よく分からないシーンもあったが、それよりも事件の真相が知りたくてさほど気にならず。途中見ながら検索したところネタバレを目にしてしまい、驚愕が半>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.9

ヨシヒコのように、毎週テレビドラマとして観たい感じ。映画館では思いきり笑えなかった。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

観たかったのに観に行きそびれていた作品。あらすじは聞いていたものの、予想以上に面白かった。よく出来た話だなーーと思ったらやはりフィクション。菅田将暉の演技力で実在した人物だと思い込まされた😅

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.3

半年以上ぶりの映画館での鑑賞のため、あえて予習せず期待しつつ行ったものの、前半は舞台のお芝居を見ているような退屈なやりとりで寝てしまった。後半は面白かったが、期待値が大きすぎたのか、さほど感動もなく、>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.4

久々に映画を一本通して見た。一流のキャストにもかかわらず、何も考えずに笑えて最高のエンターテインメントだった👍

クルーエル・インテンションズ(1999年製作の映画)

-

かなり前に何度か視聴。お気に入りの映画。
富豪のお嬢とボンボンのキケンな遊び…
これは韓国版にリメイクしてほしい!

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

ストーリー上、全編を通して画面が暗く、暗闇の場面も多いため、眠くなって何度も中断。想像力を働かせないと話の筋が追えず、しかもひたすら耐える状況が続く話。

危機的状況下で暮らすには、都会が良いか田舎が
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

食い気味のセリフの掛け合いがオシャレ。テンポの良い展開と、衣装や背景の色選びにセンスを感じた。

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.9

何とも皮肉で残酷な話。
忙しい時ほど子どもから目を離してはいけない、という教訓を得ると共に、管理ではなく見守る親の目のあり方を考えさせられた。

>|