イソベやんさんの映画レビュー・感想・評価

イソベやん

イソベやん

極めたい暗記パン

映画(1193)
ドラマ(2)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

序盤の方で、え?なんで笑ってんの?ってシーンあったけど、リピーターの方々が笑ってたのね、納得。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ライアンゴズリングまーーーーーーーーーーーーーかっこいい。
ドラえもんとのび太が再会したら、日本人みんな泣くじゃん?6巻7巻の、さよなら、ドラえもんと帰ってきたドラえもん読んだ後の気分と同じ。泣いた。
>>続きを読む

サタニック -悪魔に呼ばれて-(2016年製作の映画)

-

つまらなくないよ、面白くないだけ
そして本当にb級ホラーが好き

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

-

ラストシーン電車で暇な時間に見て号泣してしまった。たつやの存在がとことん切ない。多分私もああいう死の受け入れ方しかできないから、日々、怖い。
なんかウィザード感じる場面の多さと、色々な死の有り様を流す
>>続きを読む

凶愛 デートレイプ(2017年製作の映画)

-

所々飛ばしちゃったけど、あゝ、病気。
病んで、病んで、病んだ。
でも、下乳が

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

-

高校生ぶりの鑑賞
私の心の方が気持ち悪いのではないでしょうか。という強気で控えめな気持ちで鑑賞。殺人シーンにクラッシック音楽かける邦画よりも、気持ち悪さの上塗りがすごい。草間彌生のようでしたね。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

-

ちょっと何してるか分からないけど、質のいいフリー素材で、GIF画像乱用って感じで良かった。なんか見たことある人いっぱいいた。でも、青いクジラか、妙にリアルだよね

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

-

田中圭がいる、それだけでこの映画はいい映画なのではないでしょうか。

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

-

高校生の時心臓えぐり出してもいいくらい好きだった時期ある。なのに、知らんおっさんにこんなん誰が見るんだって小馬鹿にされて避けてた1本…
やっぱ好き……まとめサイト映画化した感じで面白かった。中弛みも無
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

-

踊るのだけは勘弁して欲しかったけど、まあこんな町もある。歌うたいのバラッド可愛い。可愛い映画。

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

ルーカスヘッジズが好きなんだけど、やっぱティモシーシャラメに憧れたい、憧れてたい。。。!!
両親がつけてくれた名前が愛おしくなる時期ってくる。私も色々とあり、今そこにいる。人類皆が自分にとって良い人と
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

the whoなんで(笑)京アニ製作の絵が大好き。漫画読んでたから、内容見るのは2度目、ちょっと2度はきついけど、面白い。なんか、ちょっとドラマチックな展開ではあるよーな。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

-

ナンバガが主題歌だし村上虹郎君だし、鑑賞。森の木漏れ日の中で死にそうな儚げボーイが好きなんだけど、村上虹郎強い、演出かも知らんけど透明感凄まじい、強い。
柳楽優弥はどうしても、んふふに入ろっかな〜♪の
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

-

カメラワークね、暗闇で見たらだめ。
演技が好き。俳優さんはこうあって欲しいなと。
どちらが被害者で、加害者なのか。考えさせられる映画ではあったんだけど、無知で脳みそ使い物にならなかったから勉強しよ。。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

1を見てから大体10年経った!!見る気無かったけど見てしまった。
相変わらずカメラワークと音楽がだだだだスーパー好み。ザクラッシュが1番かも、いや、クイーンかも。

青春時代の旅人たちよ。戻りたいなー
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

幸せを感じた。昭和44年生まれにしてこの鋭さ。感性が感電しそうなくらいビリビリしてる。脳みそは何を突っ込んでも綺麗に映える水みたいにキラキラしてる。なんていう生命体なのだ、彼は。。。

いつもはメイク
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

さすがラブコメ映画。
さすがビル。
なんか、ちょっと眠かったから、ブラピのインパクト強すぎた。
絶対2の方が面白いけど、1が好き

ピーターラビット(2018年製作の映画)

-

デッドプールよりデッドプールしてた。
立ち止まるタイプのうさぎじゃ無い

ボックストロール(2014年製作の映画)

-

やっと見れたー!大好き!快作!!
全体的な色使い死んでるのに豊かで、明るい。オチまでの段階がありがちだとしても秀逸で、心地いい。ボックストロール史。これは史実。
パイソンズの人エンディングの書き下ろし
>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

-

センセ…夢と希望詰まったセンセ…
こういうとっちらかった作品好きだから楽しかった。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

ちょっと派手だな。あ、春じゃないんだ。季節感がわかりづらいわ

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

-

意外と面白かった。
斉木楠雄のΨ難漫画4巻くらいまで読んで飽きてやめたからこれくらいが丁度いい。
みんな顔綺麗〜〜、賀来くん好き

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

-

実話かよ
無駄に音楽で盛り上げようしてくるけど、盛り上がらんて
最後の方画面真っ暗すぎて何やってるか分かりにくい。腫れ物b級映画

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

乙女の声もかなり良いんだけど、先輩の声かなりグッとくる。困っちゃうくらい純粋だ。酔っ払いにならないのが不思議じゃない。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

-

見所は、黒木華が歌うぼくたちの失敗。
絶対関わりたく無い世界だと思うけど、見やすいから岩井俊二すげえわ

アーロと少年(2015年製作の映画)

-

ニンゲン可愛いわ、ちっこいし。
映像綺麗だし、人間出てこないから見てて楽。規格外な大地でわりかし小規模な動きするから好き。安心感。

>|