イソベやんさんの映画レビュー・感想・評価

イソベやん

イソベやん

極めたい暗記パン

映画(1165)
ドラマ(1)

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

ちょっと派手だな。あ、春じゃないんだ。季節感がわかりづらいわ

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

-

意外と面白かった。
斉木楠雄のΨ難漫画4巻くらいまで読んで飽きてやめたからこれくらいが丁度いい。
みんな顔綺麗〜〜、賀来くん好き

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

-

実話かよ
無駄に音楽で盛り上げようしてくるけど、盛り上がらんて
最後の方画面真っ暗すぎて何やってるか分かりにくい。腫れ物b級映画

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

乙女の声もかなり良いんだけど、先輩の声かなりグッとくる。困っちゃうくらい純粋だ。酔っ払いにならないのが不思議じゃない。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

-

見所は、黒木華が歌うぼくたちの失敗。
絶対関わりたく無い世界だと思うけど、見やすいから岩井俊二すげえわ

アーロと少年(2015年製作の映画)

-

ニンゲン可愛いわ、ちっこいし。
映像綺麗だし、人間出てこないから見てて楽。規格外な大地でわりかし小規模な動きするから好き。安心感。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

確かに最強の時間潰し映画だ
7,80年代か、
VRの演出は不親切気味?
でもインパクト勝負か、最期までインパクト勝負が通用してたから最優秀。

ポップカルチャーは私の青春、1人でネチネチ向き合うのが好
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

-

恋愛偏差値低すぎて2人の幸せがイマイチ掴めなかった…てか雑草好き過ぎだよ…身体緑色になっちゃうよ…

初めて見たけどこの映画のタイトルはすごい懐かしいや

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

小松菜奈ちゃん美人すぎて、5回くらい泣いた。好きなんです本当に。。
物語は始まりから終わりにかけての下がり具合凄かった。
漫画だったら面白いんだろうなとは思った。なんだろう、海辺なのは分かるけど、海辺
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

-

地上波の日からちょこちょこ見進めてようやく見終わった。
うーーーーーーーーーーん、インキャ広瀬さん時代のが見た目可愛い。

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

-

適当に飛ばし飛ばしで見たから秒で終わった。女の人≒神戸直送の神戸牛、では無いことを祈る。
キングで好きな作品ってあんまり無いから、簡単に当たりが引ける訳がない。前半のシーンがないと、後半のシーンはワケ
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

-

地上波でまた見たけど、やっぱ和葉ちゃんの声の周波数合わないなーーキンキンしてる

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011年製作の映画)

-

このしんちゃんいつも以上に下品だからちょっと嫌い。でもレモンちゃんは好き。是非またお会いしたい。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

名演説とやらを聴くと秒で泣く体質だけど。。ただ、ただ、、もうちょっと、、演説オタクとしてはガツンと入って来るタイミングあったかなと思ってしまう。ダンケルクが良かったからかな。
でも多分ゲイリーの演技が
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

アンロス………。
機密文書を扱ったシリアスな映画ではあるんだけど、グレハムの新聞会社に人生賭けられる単純な理由も見つけられてすごい好き。私もレトロな印刷機の生の匂いや音を聞いてみたい。
伝えたい真意が
>>続きを読む

デビルズ・トレイン(2015年製作の映画)

-

面白い、超面白い。
最高のウマウマb級映画。b級界にて星4.2。エログロに走りそうなb級映画ではえりますが、この映画エロに走るのすら失敗してる!なんならおじいちゃんの怯えた表情が。まあ各方向に失敗して
>>続きを読む

天才画家ダリ 愛と激情の青春(2008年製作の映画)

-

不意にアンダルシアの犬出てきて興奮した。ダリ大好きで、ダリって名前しか気にしてなかったけど親友のお二人でしたか。そしてアンダルシア出身でしたか。。この映画見てからアンダルシアの犬見たら面白いだろうな。>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

神頼みが気休めにならない人生だ。この映画にとって青が何かは勝手にしてくれって感じ。まあでも黒人のこういう映画作る時点でまあなんか。なんか

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

-

30階建のビルの屋上で見てたならば、私は自殺してる。うるさい、そのうえうるさい、おまけに鬱陶しい。

怒り(2016年製作の映画)

-

やっぱホモは乳首で感じるやん
すごい面白かった。時間軸も起承転結もちゃんと考えられてて、視聴者に優しい。話は重たいけど、ちゃんと終わらない問題にもそれなりに答えを付けてて、視聴者に優しい。続きがあるっ
>>続きを読む

チャット 〜罠に堕ちた美少女〜(2010年製作の映画)

-

実際美少女でもタイトル詐欺ィ!て言いたくなるよな。

思春期だなーー。まあ失敗に失敗を重ねて取り返しつかないところまで来て親に到達するやつ。でも今回は犯罪だから失敗、経験、成長なんていう群像劇でまとめ
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

-

おもしろーーーい!!!
感想書くの難しいしなかなか濃くて良い人情話だったからこれでまとめるけど日本の昔の言葉遣い大好き!
あと斎藤工と豊川悦司生で見れたのが激アツ。激渋。

ATM(2012年製作の映画)

-

なんかそんなにうまい作りではないから、オチに辿り着いても起承転結の結ほど綺麗な感情は芽生えなかった。
だけど、なかなか面白かった。多分犯人魔法使い

東京闇虫(2013年製作の映画)

-

分かってる。けどこう言うの興味そそられて見ちゃう。桐山漣に免じて、以下省略

殺し屋1(2001年製作の映画)

-

悪趣味って書いてるけど、それ。そもそも浅野忠信が嫌い。むかーしの浅野忠信のツイッター大好きだった分の反動で今大っ嫌いだから拷問だった。映画の内容以前の話で申し訳ないけど浅野忠信嫌いは見ちゃだめ。いや、>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

-

大多数のエイリアンに立ち向かう映画だと思って見たのに1匹かよ。演出うま過ぎ。これっきりエイリアンシリーズ見てないけど。お決まりすぎて好きにはなれないんだよな。

スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険(2017年製作の映画)

-

なんでこんなスマーフ好きかも分からないんだけど、強いんだよこいつら。大量にいるからかな。みんな青いのに個性的だからかな。個性的だよ。安心しろって

ピーチガール(2017年製作の映画)

-

伊野尾くんの顔好きだから見ちゃった。なんか高校生ならありえるって思ってしまった。年取ったな、さようなら

>|