Yさんのドラマレビュー・感想・評価

Y

Y

3年A組ー今から皆さんは、人質ですー(2019年製作のドラマ)

-

死んでしまった理由を探すのは本当に悲しいからletsthinkくらいがちょうど良かった。

0

きょうは会社休みます。(2014年製作のドラマ)

-

サルーテとビンゴしたい

これから乾杯するときヒパヒパって言いたい

同期のおおしろくん、最初はなんかやなやつって思ったけどラストに向かっていくうちにめっちゃ好きになった

0

たったひとつの恋(2006年製作のドラマ)

-

君といる僕はいつも探し物ばかりをしている




放送時中学生だったのもあって見ているだけで一気にエモくなれた。
北川先生全盛期?の作品だと思うし台詞と横浜の映し方が素晴らしいと思うところがたくさんあ
>>続きを読む

0

泣くな、はらちゃん(2013年製作のドラマ)

-

世界中の敵に降参さ 戦う意思はない
世界中の人の幸せを祈ります
世界中の誰の邪魔もしません
静かにしてます  
世界中の小さな場所だけ あればいい
おかしいですか 人はそれぞれ違うでしょ
でしょ でし
>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

-

新垣結衣がひたすら可愛いし、星野源の真面目男性役ハマりすぎてやばかった。

しっかり社会情勢入れたりしていて、すべてが今時なドラマの仕上がりになっていてさらに良かった。

これからを生きることについて
>>続きを読む

0

THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2(2017年製作のドラマ)

-

大切な人がいない苦しさが、見ていてつらかったしラストのエピソードでケイトが結婚式をするときに思い出すジャックからの言葉があまりにも素晴らしすぎて泣きそうになった…。

0

家族ゲーム(2013年製作のドラマ)

-

どんでん返しが面白かった
サイコパスは見ていてやっぱりワクワクしちゃう

ラストまで展開が読めなかったのも最高!

0

フリーター、家を買う。(2010年製作のドラマ)

-

一見明るそうなのに、いろんな問題抱えているところが逆に現実味があって良い。
リアルタイムで見れなかった分今の年齢で見た方が色々な感情汲み取れて良かったような気がした。
原作も読んでみたい!

0

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから(2016年製作のドラマ)

-

悪い人が一人も出てこないから疲れていても見れちゃう。
タラララ〜♬て音楽聴くだけでなんかほっこりできちゃう。

0

愛の不時着(2019年製作のドラマ)

-

何度引き裂かれても想い合う二人、久しぶりに感情移入させられた。
見終わってしまった今は愛の不時着ロスで少しさみしい気持ちであったり、最後まで二人を見れて嬉しかったり…。
音楽がいちいち素晴らしいし、出
>>続きを読む

0

帰ってきた時効警察(2007年製作のドラマ)

-

ゆるい人ばっかで自分も時効課に所属したくなった

0

やまとなでしこ(2000年製作のドラマ)

-

20年前とは思えないくらい、古さを感じない素敵なラブコメだと思う。
桜子さんはただ美人なだけじゃなくて、性格は悪くても悪い中にも人間らしさがあって憎めないし最後の急展開にはきゅんきゅんしないわけにはい
>>続きを読む

0

世にも奇妙な物語'20夏の特別編(2020年製作のドラマ)

-

もっとハラハラドキドキしたかった。
奇妙ではあったけど、オチがいまいち。
秋の特別編に期待。

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

-

すごい怖いと思ってみたから、拍子抜けした。
ジュワッてなるやつ、意味わからなすぎて逆に笑えたしクエスチョンな部分が多すぎてJホラーは難しい!

0

凪のお暇(2019年製作のドラマ)

-

中村倫也にきゅんきゅんした。
あんな隣人いたら完全に沼。
せかせか生きてかなきゃって感じてるから、凪ちゃんのお暇見てゆっくり生きてもいいんじゃないかって思えた。

0

時効警察(2006年製作のドラマ)

-

日曜日にメガネかけるとかイギリス人じゃあるまいし。

0

アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録(2018年製作のドラマ)

-

s1とs3が合わさっててエモすぎた。
テイトとヴァイオレットは一生推せるし、長すぎた付箋回収が最高すぎてやばかった。
ラストのもっていき方もアメホラって感じで期待を裏切らない感じが好き。

0

全裸監督(2018年製作のドラマ)

-

音楽が最高
AVはただのエロティシズムではなく人間を映しているってセリフとか、セリフがいちいち素晴らしすぎて胸に刺さる。
自分の経験していない昭和がきらびやかでその時代を少し体験したくなった。
お待た
>>続きを読む

0

14才の母(2006年製作のドラマ)

-

命を授かることの尊さ、生きづらさ、誰も悪くないはずなのに攻撃しあっていて見ているのがつらかった。

0

あなたのことはそれほど(2017年製作のドラマ)

-

好きって苦しいしつらいよ
自分のことを好きになってくれる人しか好きにならないようにしてくれればって思う
お互いが想い合えても、永遠なんてないから尚更苦しい

0

女王の教室(2005年製作のドラマ)

-

すべて的確すぎて素晴らしかったし、こんな先生に出会いたかった

ひかりちゃんは顔が可愛くて目立ちすぎ

0

Fleabag フリーバッグ シーズン 2(2019年製作のドラマ)

-

観終わった後の虚無感やばい。
イギリスドラマは明るすぎなくてブラックジョークあってやっぱ好きだなぁ。
主人公のラストの目が最高すぎた。

0

Fleabag フリーバッグ シーズン1(2016年製作のドラマ)

-

身始めたら止まらなかった。
カメラ目線とブラックジョークが癖になる。
オバマの演説で、アレができちゃう主人公に好感度もってしまった。

0

東京女子図鑑(2017年製作のドラマ)

-

欲しいもの全て手に入れられたらどんなに幸せだろうか。

強欲な女の子の挫折も成り上がりも見ていて大変面白かったしせつなかった。

0

リップヴァンウィンクルの花嫁 serial edition(2016年製作のドラマ)

-

見るのがつらくなってしまったけど、真白が出てきてから安心して見れた分ラストは悲しかったけど出会えたことが本当に尊くて素晴らしい事だって実感できた気がする。
BARで二人が歌うシーンは素晴らしかったし野
>>続きを読む

0

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)

-

人間に視力がある限り美醜の格差は埋まらないからこそ、加賀くんみたいな人間に恋してしまうだろうな。

0

わたし、定時で帰ります。(2019年製作のドラマ)

-

会社のためだけに働くのではない

自分のため
やりがいのため
仲間のため
経済のため
生活のため
未来のため

理由なんてみんなそれぞれで良いでしょ?

0

夢を与える(2015年製作のドラマ)

-

最後のシーンが薄気味悪くて泣きそうになった。

人を愛する姿が醜いですか?って台詞最高だったな。

0

アメリカを荒らす者たち シーズン1/ハノーバー高校 落書き事件簿 シーズン1(2017年製作のドラマ)

-

一見くだらない事件のはずなのに、ひとつひとつを考えていくとすごく重かった。
10代ってなんでも重たく考えてしまう年齢なのかな。最後までどうなるかまったく予想がつかなかったし見終わったらすごいものを見て
>>続きを読む

0

アメリカを荒らす者たち シーズン2(2017年製作のドラマ)

-

いまを生きる10代は本当につらいな。

つらいのに見たくなってしまうから、本当すごい。

0

ギルモア・ガールズ<サード・シーズン>(2002年製作のドラマ)

-

ローリーの10代の葛藤もローレライの大人のモヤモヤも分かりすぎてハイペースで見てしまった。
チルトン高校卒業の回は感動したし、ローリーが家族に恵まれすぎていて羨ましかった。スターズホロー最高。

0

ギルモア・ガールズ<セカンド・シーズン>(2002年製作のドラマ)

-

ローリーになりたくなった。

頭で分かってても心で動いてしまうティーンエイジャー見てるだけで若返った気分になった。

0

獣になれない私たち(2018年製作のドラマ)

-

びっくりするくらい働く現代人に見て欲しいドラマだと思った。
ひたすら気遣う深海晶も本音をそのまま言ってるから悩みなんてなさそうな恒星も結局同じだった。
私の代わりはいくらでもいるってみんな感じてしまっ
>>続きを読む

0

100万円の女たち(2017年製作のドラマ)

-

このレビューはネタバレを含みます

とっても悲しい話だった。
悲しみの中で生きる道間慎に
どうしようもなく幸せを願ってしまう。
ねこって名前の猫が再び現れるシーンと、結ばれるべく人と結ばれた感はあるけど、死んでしまった二人のことを思うと
>>続きを読む

0

ギルモア・ガールズ<ファースト・シーズン>(2000年製作のドラマ)

-

片田舎に住む親子の何気ない日常なんだけど、日常の中にいろいろが詰まっていて泣けるし笑えるし癒されるし何よりギルモア親子の関係性が素敵すぎて憧れる。
ローリーとディーンのカップルがとにかく可愛いし、チル
>>続きを読む

0
>|