シロさんの映画レビュー・感想・評価

シロ

シロ

人間の非完璧さと邦画を心から愛しています

評価はついつい甘くつけがち

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

2.7

このシリーズは早くタイトルをGreedy Women and Their Social Anxietyに変えたほうがいいな

ナラタージュ(2017年製作の映画)

1.0

なんか見ててイライラした 登場人物の恋心がどれひとつ美しくなかった
もっとみんな自分を愛して欲しかった

女子が初恋に深入りしすぎて自滅したり、男子を堕落させちゃうことがあるのはよく分かるんだけど、好
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

なんか良い。人間の尊厳とは、自分が苦しい時に、自分よりももっと苦しい人間に手を差し伸べ救ってあげられる度量と志のことなのだと学ぶ。

主人公がスタイル良すぎるしイケメン!
映画としてはとてもよい!カメ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

2.8

うーむ。まだ前編で何も完結していないからか、ちょっと内容薄いように感じた。後編のための種蒔きだけを目的とした映画だったとしても、お金払うならもうちょっと心に何か残るものを期待したいところ。

細かい部
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.7

最後の女性が"what the fuck"を吐いた瞬間、心の底から「それな」と思った。あれは観客全員を代弁してくれてたわ。まじでくだらん!最高

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.2

動機が快楽でも憎悪でも保身でもない殺人は、どうも責任の所在が難しいらしいということがよくわかった。精神が人間らしくなる前の美紗子を善人と分類してよいのかわからないけど「善人による、悪意はないが恣意的な>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

2.8

似たような映画いっぱいあるのに、他の映画よりインパクトや心に残るものに欠ける。

もちろん心動いたのだけど、こんなにお金かけてキャスト揃えてこれかぁという印象。脚本なのかな?

小栗旬の最後の「ありが
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

4.0

勝負の中の様子の描き方が文学的で好き。違う戦い方をする最強のやつ同士の戦いとか私の大好物すぎるので高評価にした。

ただしよくも悪くも漫画っぽい。原作漫画だからしょうがないのだが…映画ならではのオリジ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

落とし所がすごく嫌ーーーーーだけど設定面白い。世界観もリアル。原作の方が面白いんだと思う。読んでみよ。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.7

世界観いいです。

千と千尋の神隠し、魔女の宅急便、ハウルの動く城、となりのトトロの掛け合わせ映画です。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

人間って頭悪く単純に生きた方が幸せなんだよな。きっと人は三大欲求程度まで満たされると自分の幸せを相対評価で測り始めるから、ピンとキリの両極以外の大多数の人は、冷静に現実的になればなるほど不幸になりやす>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

割とよかった。米映画特有の、正義としての戦争論的なものを推してくる映画かと思ったら思いの外そうではなかった。信じる者は救われる的な宗教推し映画でもなかった。

主人公の思想に一貫性があるようでどこか若
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.5

やっぱりパイレーツシリーズは世界観がいいよね。細かく作り込まれてて夢がある

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

子供向けのファンタジー系映画かと思って見始めたら、地域紛争と政治を取り巻く社会系ヒュードラだった。

途中くらいからグロすぎて「あれ?どうやらこれハリーポッター系じゃないな」みたいな感覚になるんだけど
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.8

イケメンを大量登用していたり、原作が漫画だったりと、ゴリ押しのパワープレー映画だったけど気持ち良くやりのけてくれた。最高!

原作に忠実すぎないところもあったがそれはそれでまた違う味が出ていい作品にな
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.3

公開される半年以上前からずっと観たかった作品をやっと鑑賞できた。

ひたすらに菅田将暉と小松菜奈の美しさを愛でる映画。特に菅田将暉の水浴びと射るような視線は、殺人的に美しい。身体的な美しさって本当に抗
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.8

とてもとても好き!今敏作品から過剰な気持ち悪さを差し引いて、ユーモアを足したような感じ。シュールで掴みどころがない世界観のアニメーション邦画が大好きな私にとって、この映画のカオスな絵面は大好物。

>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

2.5

T2が公開されるということで今まで先延ばしにしてきたのを鑑賞。世界観がすごい。映画を通して伝えたかったことはよくわからない。もっと暗いストーリーかと思ってたけど、思いの外最後はスッキリする。

脱ヘロ
>>続きを読む

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

4.5

天職を見つけた人は、一挙一動が仕事の糧になる。

そういう人間こそ無敵だと思う。天職見つけたい。

ハゲタカ(2009年製作の映画)

1.8

M&Aとかファンドの知識インプット用に見た。興味深かった。

しかし映画としてはあまり評価できない。オチも心理的背景描写も雑すぎる!勉強になったから全然いいんだけどもね!

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

純愛映画です。恋したら、相手を見かけただけでドキドキするし、自身の容姿を整えようとするし、その相手が誰かと話していると息苦しくなる。人種が違ったって性別やジェンダーが違ったってそれは同じ。

人は善や
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.3

純粋に面白い。前半は全部伏線、後半は全部その回収、みたいな映画だった。だけど、ありがちなただのミステリー映画ではなくて、「女の子の多面性という美しさ」「圧倒的な美への女子の執着心」というメッセージの軸>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

池脇千鶴が尾野真千子を抱きしめるシーンは、みんな泣いてたけどなぜか私は全然心に来なかった。

私の両親はかなり手をあげる方だったから、尾野真千子が「なんでこんな簡単なこともわかんないの!」とか支離滅裂
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

重いし長い。かなり長い。色んな意味で体力を使う。しかし、常にキャストとの一定距離を保ったカメラワークのお陰で、Voyeurismっぽく、非常に傍観者的な鑑賞ができた。伏線、構図、演出、最低限の脚本と音>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.8

It was nice but I just realized I don't have much to say about this film.

This film's pure entertai
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.3

Stanley Tucci is the best!
下ネタは世界共通で面白い。もともと冴えない女の子だっていう設定だが、あんなに可愛くて悪口ぶっ込める女子が高校にいたらほっとかれるわけない。

あと
>>続きを読む

ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート(2012年製作の映画)

4.8

もっとちゃんと勉強したい( ; ; )
Literally, I want my ashes scattered at bergdorf's...

Wes Gordonのところでチラッと豊さん映り
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.7

期待してなかったけど結構泣いた。親子愛にも泣いたけど、いつも負け腐ってる私としては、「努力→諦め→悔しさ→負けてられっか→再奮闘」のリアルさが割と響いた。

このサイクルをテーマとしている映画は多いけ
>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

2.2

うーむ。
タイトル的には無双する男の根性努力系かと思ってたのだが。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

ただのメルヘン系かと思いきや意外とグロい。期待値そんなに高くなかっただけに不意を突かれた感じ!

双子お前らまじかって思った。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.5

自己肯定感が低いくせに、心のどこかでいつも他人を馬鹿にしている。情けない主人公に、少し自分を重ね合わせてしまったし、かつて深い付き合いのあった誰かの面影を見たようでもあった。

雰囲気としては "Go
>>続きを読む

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

テーマがとても好き。監督としてもドラマとの連続性的にも、きっとコメディっぽさを出したかったんだろうけど、全然重めのテーマものとして出した方がよかったと思う。

「神様への仕返しだよ」って言葉が印象的。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

観るつもりなかったが飛行機でやってたから鑑賞。

ストーリー作り込まれてて思いの外よかった。制作した人は日本の組織のことをよく知っていて、その上で良い部分と改善すべき部分を示そうとしているのがよくわか
>>続きを読む

>|