ENSANさんの映画レビュー・感想・評価

ENSAN

ENSAN

映画(231)
ドラマ(5)

プレステージ(2006年製作の映画)

3.8

同じ時代にスターは二人はいらない…手品師達の狂った『偉業』への道のり。

たまに見たくなる手品映画。
二人の売れっ子手品師が互いに火花を散らして切磋琢磨する手品バトル映画だぜ!な展開にはならず笑
『グ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

別次元のスパイダーマン集合!

キングピンの企みで起動した加速装置、別次元への扉をこじ開けて失った家族を取り戻そうとするが…開かれた扉から現れたのは別次元のスパイダーマン達だった。

黒人の学生マイル
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

3.0

おいπ!内容に関係あるのかい?関係無いのかい?

…無ーい!(なかやまきんに君)

数学者マックス・コーエンは自作のPCで日々の株価を予想していた、ある日PCが異常な株価を予想し出し『216桁の数字』
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

…君はドルフ・ラングレンを感じたか?笑

『バットマンVSスーパーマン』では『怪奇!水中おじさん!』にしか思えなかったアクアマンの単独作品。

アクション多めでストーリーもちゃんとしてた…よかった、非
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

6種類の魔力×家族愛は最強

おいDC!待たせに待った隠し兵器がとんでもないじゃないか笑

これまでのアメコミ実写化ヒーローとは異なるキャラクターは新鮮で強烈で愉快だった。

うまくジャスティスリーグ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

私、死を繰り返して大人になる…!

『ハッピーデスデイ』の続編。

繰り返し殺される18日の月曜日をなんとか乗り越えた主人公ツリー、あの日を繰り返した原因が判明した束の間…再び始まる18日の月曜日…
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

殺される度素敵な私になる…!

18日の月曜日、二日酔いで目覚めたのは見知らぬ男子大学生のベッド…
朝帰りから始まる大学生活、いつものように1日が過ぎ去ろうとしていた。
パーティーへと向かう途中でベビ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

窓から外の地面から数十センチが見える半分が地上、半分が地下の『半地下』に住む貧困層の四人家族が長男の家庭教師バイトをきっかけに『ある計画』を実行する…

個人的には『グエムル』ぶりのポン・ジュノ作品、
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

3.5

デイブが作った迷宮とは…

アニーが旅行から戻るとデイブは部屋の中央に置かれた段ボールの置物の中。
段ボールの置物は迷宮らしく食べ物も取らず既に三日間を費やして作っている、しかも道に迷い出られないと言
>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.3

ルパン三世の映画を劇場で観るのはいつぶりだろうか…DEAD OR ALIVEかノストラダムスをぶっ飛ばせか!?

栗田貫一一味が広瀬すずと共に吉田鋼太郎と藤原竜也ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛に立ち向かう的な。
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

「母さんは母さんだ」

2004年のある一夜。兄妹達に暴力を振るう夫を引き殺した母親、残した家族へある言葉を残して出頭する…15年後、母親はゆっくりとゆっくりと時間をかけて家に帰ってきた。

出演者の
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

青春ホラー映画と化したリメイク版『it』の続編。
27年ぶりに『ルーザーズ』が集結し、忘れてきた『it』にケリをつける…

上映時間三時間…いやー、長い笑

前作に比べてドン!バンッ!ビクッ!乱発のビ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.3

残念ながら最終章が今までの中ではう~ん…だった。

大友は全三作通じて義を通して一貫して漢だった、そこがこの作品の肝。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.5

何度目かの観賞。

覚えていたのは『エイリアンディーヴァ』『石フーフー笑』『ブルースウィリスとミラジョボビッチ』ぐらい。

最近は自宅で観賞する時は吹替えで観る事が多い、「俺はオリジナルキャストの声が
>>続きを読む

新・桃太郎1(1987年製作の映画)

4.0

『桃太郎』をベースにした台湾のオリジナル作品。

昔テレビでやっていた物を録画して擦りきれるまで何度も何度も観ていた笑

桃太郎が目力のある爽やか青年(でも演じているのは女性!)
あの頃のキョンシー世
>>続きを読む

ROCK YOU! [ロック・ユー!](2001年製作の映画)

3.5

ただの貧困層の付き人だった青年が身分を偽り、槍一本でのし上がる『成り上がり』系作品。

知恵と勇気と友情!何でかわからないが何度も借りて観ている実は好きな映画、近所のレンタル屋の閉店セールでVHSを買
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

きたぞきたぞきたぞきたぞ!これこそ欲しかったDC作品なんだよ!(クリストファー・ノーラン病)

マーベルじゃ出せないこの重たいの随分と待ってました、『クロニクル』越えの超BADルートクリアって感じ笑
>>続きを読む

愛の施術 至極の教典TAO(タオ)(2008年製作の映画)

3.0

深夜にケーブルテレビでたまたま出逢う、ながら見。

始終OPPAIとモザイク、OPPAIとモザイク。

夢遊病の青年と年上女性の性を通した交流と治療、一体俺は何を見せられているんだ…まさかヤっている最
>>続きを読む

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

3.5

レンタル落ちのDVDを見つけたので何となく購入。

見るのいつぶりだろう…VHSぶりだけどいつ見たかわからない笑

ほぼ全部覚えていなかった、ザンダクロスぐらいか。

…もうね、ぼろぼろと泣いてしまっ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.5

スタンリー・キューブリック作品。

上映当時、高校三年生の為R-18という壁が立ちはだかった…

俺と友達はただただ『この映画はきっととんでもなくエロい映画だ!今観るべきは絶対この映画だ!絶対エロい!
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

発売日に購入したのに終わって欲しくなくて今日まで観られなかった。

よーし、観るぞ!と決心して集中して観賞…

インフィニティーウォーの喪失した世界から始まり、急展開の連続…遅れて来たヒーローの帰還か
>>続きを読む

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE(2004年製作の映画)

3.2

週刊少年マガジンの漫画の実写化。

原作のシュールな世界観が良い感じにあります、最後の最後は蛇足…残念。

一番面白いのはオーディオコメンタリーの阿藤快のみバージョン笑

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

最悪の評価の総理大臣が投石によって記憶を無くす、記憶は無いが責務を果たすことに…

大笑いは無いが小笑い多数でした。

キャストの降り分け方がナイス!何人か「え、あの人がやってたの!?」みたいな楽しみ
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

3.0

ブリジットジョーンズの日記三作目。

最後までブリジットはブリジットだった…終わりよければ全てよしなのか笑

まさかまさかの最後の新聞の記事は何を匂わすのよ笑

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.2

修学旅行のバスでの事故で主人公は地獄へ辿り着いてしまう…大好きなあの子に会いたい、その一心で『輪廻転生』を目指していくコメディ。

勢い止まらず最後まで気持ちよく突き抜けてくれた!

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

32歳の弁当屋の娘でニートの一子が強制自立で家を飛び出て…ボクシングと出会う。

人生負け続けの彼女が少しずつ何かを取り戻していく様は観ていて熱くなった、段々と感情が飛び出し表情も豊かになり。

素敵
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.0

願いを言って右手を振るとそれが叶う力を手に入れたら…宇宙の秩序を守る為、一人の人物に銀河の力を与え数日間で地球の有無を確認する事に。(能力を与えられた人物はそんな重大な事になっているとは知らない笑)>>続きを読む

サイコメトリー〜残留思念〜(2013年製作の映画)

3.2

週刊少年マガジンで連載していた『サイコメトラーEIJI』を思い出して思わずレンタルしてみた韓国映画。

物や人に触れて記憶を読み取るサイコメトリーを駆使して犯人を突き詰めていくサスペンス作品。

サイ
>>続きを読む

珍遊記(2016年製作の映画)

2.0

我が青春のギャグ漫画『珍遊記』の実写映画をついに観る。

…あぁ、これオリジナル要素が多いやつんだね。

公開当時に劇場まで観に行った仲間が「ゼッタイニミルナ!ゼッタイニミルナ!」はダチョウ倶楽部の「
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

2.5

…間違えたー笑

観終わった直後の感想を一言で言うならそれしかない。

勝手にこっちで内容を勘違いしてたよ、予告も見てないしラジオの紹介で名前ぐらいしか知らなかったよ。

ただなー、そりゃあないよ笑
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

韓国映画のオリジナルを観ずに日本版を観賞。

自分がリアルに過ごしたから過去パートや当時の曲がとても懐かしいかった。

キャスティングと演技で過去と現在で違和感を感じず観れたのは素晴らしかった!

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.8

まさかまさかのシャマランが壮大な続編を作るだなんて…あのシャマランが…笑

信じては裏切られ信じては裏切られの繰り返しの我々シャマラーだったが、前作スプリットで見事に返り咲いた。

『アンブレイカブル
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.8

『チェイサー』『コクソン』の順で観てきて『哀しき獣』

ダメ男が再起すべく選んだ道は殺し…関わる人間全てが悲しい…

物語が進むにつれてぐいぐい引き込まれていく面白さ。

ナ・ホンジン監督の作品はなん
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

これはある一匹狼(狐狼)の物語。

昭和63年の広島を舞台に松坂桃李扮する刑事日岡秀一は役所広司扮するベテラン刑事大上章吾に同行を命ぜられる、金融会社社員の失踪事件を追っていくと二大勢力の暴力団が絡ん
>>続きを読む

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

3.5

あの頃のテレビ番組『川口浩探険隊シリーズ』を彷彿とさせるテレビがユルかった時代を思い出させる作品。

藤原竜也扮する隊長がUMAヤーガを追い、テレビクルーと共に冒険の旅へ出る!

昭和のノリがたまらな
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.3

実話モノ。

女性テニスプレーヤーが、同性愛がまだまだまだまだ世間で差別化されていた(未だにか)時代に起こった元優勝経験有りの男性テニスプレーヤー対現役トップ女性テニスプレーヤーの戦いとその最中に起き
>>続きを読む

>|