4さんの映画レビュー・感想・評価

4

4

2018.7.5〜
大学生

映画(299)
ドラマ(0)

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

-

直接的でストレートな演出が良くも悪くも目立って面白い。
テレビ的とも言えるようなわかりやすい演出が多くて笑える。わかりきってることを説明してくるから笑っちゃう。
文字が滑り落ちるということを表現するた
>>続きを読む

7つめの大陸(2018年製作の映画)

-

近未来的な世界観のなかに薬をやった人が出てくる。
ずっともやもやする。最後もよくわからなかった。

私たちの愛は誰にも負けない(2018年製作の映画)

-

子供の世界は狭く限られているからこそ、その思いは純粋で素直。
子供を中心に描かれる作品は複雑にならず、真っ直ぐだから安心して観ていられる。
男の子の文章がかっこいい。
最後の女の子はいい表情をしていた
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

-

素晴らしすぎるミュージカル映画。
歌もダンスも完璧すぎた。名作中の名作。
ミュージカル映画の面白さが詰まっていて、観ているだけで楽しくなる。
主演の三人のすごさがよくわかる。他の人に代わりはできない存
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

-

大人の恋愛が妖艶な映像で描かれる。
お互いに配偶者が二人が、大人の立場をわきまえながらも惹かれていく。禁忌によって純度を高められた欲望。
色使いや音楽の美しさが大人の艶めかしい雰囲気を引き立てる。ひと
>>続きを読む

小さな手(2017年製作の映画)

-

子供の表情や動きは全てを解決しそうだな。
どうやって撮ったんだろ。演技なのかな。
舞台の背景はあまりよく理解できなかった。
子供とカメラワークによって描かれた短編映画。

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

-

不思議な魅力を持ったアニメーション。
このアニメーションの何がこんなに惹きつけるのかよくわからない。わからないけど惹きつけられる。
幻想的な世界観のなかに水や霧のリアルな映像が調和し、豊かで深みのある
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

恋愛の浮き沈み。
対照的な現在と過去が悲しい。
現在の時間は修復不可能な関係に向かって進み、過去の時間は二人が出会い愛し合う関係に向かって進む。この二つの時間が交互に映されることで恋愛の浮き沈みがはっ
>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

-

安藤サクラにどんどん惹かれていく。
行くあてもなく脅迫まがいの手口で老人に行き場所を与えてもらい、うまい具合に老人と仲良くなっていく展開が面白い。押しかけ方は乱暴だけど、性格がわかってくると気を許して
>>続きを読む

山<モンテ>(2016年製作の映画)

-

山と戦う人。
山に挑み、山を砕く。とにかくそれに尽きる。台詞の量が極端に少なく、動きと表情による演技がほとんどだったことで、特定の誰かというよりも人間という存在そのものが現れ、観ている人がそれぞれの山
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

-

頑固な老人と少年の関係に希望が見える。
ウォルトは序盤からとにかく頑固で何も寄せ付けない嫌な老人の印象を強く残していくのだが、隣の一家を助けるところから徐々に印象が変わっていく。この変化がちょうどいい
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

-

幸せがあれば辛い時もある。
ボクサーとしてのサクセスストーリーは本当に幸せで、流れる音楽のゆったりした曲調に合わせて時間は過ぎていく。そんな幸せな時間があるからこそ、その後の展開は辛くなる。過去を繰り
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

-

愛と憎しみで溢れている映画だった。
運命としか言いようのないものに翻弄され、それぞれの過去が交錯していく。
過去に罪を犯した人は赦されないのだろうか。みんな過去を背負って生きていかなければならないし、
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

-

ブッチとフィリップの友情物語が幸せ。
脱獄して逃走してる犯人と人質には見えない二人の関係がすごくいい。
逃走というよりも旅行しているような時間が流れ、この時間がずっと続いて欲しいと願ってしまう。
親子
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

-

上下の動きが強調される作り込まれたアクション映画。
最初のシーンから高さを意識させるような映像で始まり、最後まで高低差が意識的に用いられる。
他にも繰り返しがいくつも見つかるほど丹念に作られている。警
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

-

暗く不気味な世界観で作り込まれたバットマン。
一話完結でまとまっていて良かったけど、なぜバットマンとして活動し始めたのかなどの謎な点も多い。
レトロな雰囲気もある街が良かった。昔の映像も悪くないな。
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

-

悪魔に取り憑かれた少女が怖すぎる。
展開はそこまで難しくなくて、理解しやすかった。同時に起こっている出来事が繋がっていくのが見えやすい。
リーガンに精神的な異常がないのを観客はわかっているのに色々な検
>>続きを読む

不滅の女(1963年製作の映画)

-

男の記憶が入り乱れ、抜け出せない。
女性の記憶は夢なのか幻なのかわからなくなる。映像によってそれが表現されていて、不思議な感覚を覚える。
映画の舞台の街並みは美しいが、抜け出せない恐怖も兼ね備えていた
>>続きを読む

エデン、その後(1970年製作の映画)

-

不思議で幻想的な世界はいつまでも観ていられる。
演劇なのか現実なのか夢なのか明確に区別できない世界観で、どの瞬間で止めても絵画のような美しい画になる映画だった。こんなに綺麗な映像の連続で構成しても映画
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

-

若おかみとして立派に成長するおっこ。
個性的すぎるキャラクターが物語にいい味を出していた。鈴鬼の能力が個性的なお客を呼ぶっていうの理由付けとしてずるすぎる。
普通ならもう少し深刻になるような話でも重く
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

不思議な世界がリアルに描かれていた。
物語は不思議で現実離れしたことが次々に起こるのに、それがリアルなタッチで描かれることで幻想的な世界観にならず、小学生の普通の夏休みから大きく外れなかったのが良かっ
>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

-

壮絶な運営に翻弄される男女の物語。
京劇によって繋がる人間模様が、中国の歴史と複雑にまじりあいながら描かれる。
中国の歴史を知っているとより楽しめたかもしれない。
舞台と現実の区別がつかなくなるほど京
>>続きを読む

ワイルド・ラブ(2018年製作の映画)

-

動物たちの復讐劇はくせになる面白さがある。
最初の平和なアニメーションの雰囲気が一気に変化する。見始めるまでは想像できなかった展開の仕方だった。
人間にとっては悲劇でしかないな。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

-

夢の中のような世界観の映画。
不眠症で悩み、眠るためにホテルに行くが…
夢なのか現実なのかわからなくなる。
怖いけど面白い設定。もっと長い物語で観てみたいな。

夜明け(2019年製作の映画)

-

柳楽優弥の危うさが映画全体の雰囲気を作っていた。
安心できない居心地の悪さを感じた。柳楽が映るだけで落ち着いていた空気も不安定なものに見えてくる。
いつ弾けてもおかしくない危うさが柳楽にはあって、小林
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

-

笑って泣けるいい映画。
国や宗教が違っても愛があれば憎み合うことはなくなるのかもね。
主人公は信頼できるいい青年。勉強ができることよりも大切なものを持っているな。
簡単でわかりやすいストーリーだから、
>>続きを読む

コレクション(2018年製作の映画)

-

重く暗い雰囲気で始まり、最後のシーンに向かって緊張感が高まっていく。
ラストは驚きとともに悲しさもあった。
目が見えない設定とかは短編だと使いやすいのかな。

万引き家族(2018年製作の映画)

-

何も縛るものがない繋がりのほうが強いのかもしれないな。
役者の演技が最大限に引き出され、役者によって映画が成り立っているのだと強く感じる。
スクリーンに映る全ての言動の積み重なりが登場人物を生み、その
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

みんな実は良いところあるよ。人間讃歌。
絶対的な善人も悪人もいないこの世界では物事を多面的に見れないといけないね。
理解できない行動も多くて感情移入できず他人事にしか見れなかった。ストーリー展開のため
>>続きを読む

沖縄スパイ戦史(2018年製作の映画)

-

沖縄戦の闇が闇のままにされる限り日本は変われない。
沖縄の少年兵という秘密裏に戦った子供たちの事実が暴き出される。実際の写真や映像が使われることで、観ている人に強いショックとこの世の地獄を感じさせる。
>>続きを読む

リヴ&イングマール ある愛の風景(2012年製作の映画)

-

二人の関係が素敵すぎる。
メイキング映像と映画の一部が使われていて、それだけでも観てよかったと思える。
女優と監督という関係だけでなく、普通の男女としての関係でもあり、親友としても支え合っているなんて
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

-

赤の美しさに圧倒される。
愛のない関係がとんでもなく恐ろしい。アグネスとアンナの関係だけが人間の救いのようにも感じられる。
表面的な関わりしかできない長女や三女の姿は、現代の表面的な人間関係をも想起さ
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

-

重くなりすぎず、賞賛するような描き方もされない。実話だからかもしれないが、現実をそのまま描いたような淡々とした映画だった。
主人公の主観ショットは、不自由な体を持つ人の感覚が感じられて良かった。
目を
>>続きを読む

一人の男、私の息子(2017年製作の映画)

-

家族の関係は難しい。
少しずつお互いを受け入れて近寄っていく姿が見れてよかった。生きていれば人は変わっていくからな。
物語の起伏があまりなくて少し退屈。
生きづらさがなくなる社会が来るといいな。

沈黙(1962年製作の映画)

-

何を意図しているのか理解できないシーンが多くて置いていかれた。ここまでわからなかった映画はひさしぶり。
解説などを読み、少し理解できたのだが、それでも難しい映画という印象が残った。
男の子が走り回るシ
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

-

人が生きるときには何かを演じることから逃れられないな。
映画を観るというのも新しい仮面を獲得することに繋がるんだな。
映画の始まりから面白いものが始まるというワクワク感が止まらない。
二人の顔が重なる
>>続きを読む

>|