RIRIさんの映画レビュー・感想・評価

RIRI

RIRI

幼い依頼人(2019年製作の映画)

4.5

「口では助けると言って助けてくれない」
「愛し合わない親から生まれた子は普通に生きちゃ駄目なの?」

子どもがこう思う現実がある
涙腺は無事崩壊
見て見ぬふりをするのが上手な大人たち
虐待は収まらない
>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

3.5

才能がある子が虐めというトラウマに襲われ救いようがなく生きる希望がなくなってしまった作品
母親にはばれたくないという優しい子、「ビール飲む?」って言って冷蔵庫を開けて一呼吸して見透かされないように本当
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.5

子どもができるとこうも変わるのか
付き合ってた頃のあの優しさがどこへやら
でもそうなるのはお金が無いから余裕がなくてああなるのか喧嘩のシーン面白過ぎ
馬鹿な夫過ぎて無理
愛がなさそうで本当は愛してる感
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.0

仕事仲間のどんでん返しが胸糞悪い
少年法を改めないとこういう事件は直らないんだろうなと思います
マスコミはマスゴミ

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

4.5

天真爛漫盲目彼女は可愛い
焼肉のシーン結構悲しくなりました
こぼした後の頑張って話を逸らす感じもつらくなりました
犬が駆け寄ったシーンとかあかりを観た時の横浜流星とか後半は涙腺崩壊しました
横浜流星が
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.5

主人格は火曜日
毎日変わるの大変
みんな多彩で良かった

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.0

安楽死にもメリットとデメリットがある
望んでる人にはメリットがある
釈放するのはやはりアホ

北川景子の演技が気になる

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

4.0

山田くんが来ると空気感が柔らかくなるところがとても好きです
轟には何故人が寄らないのかちょっとこの作品を見ただけじゃ分からなかったです
小田嶋有剣は気だるそうで緩そうなあの感じが最高に格好良いです

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.5

妹の気持ちが分かったから「なんで悲しまないといけない立場なのか」という葛藤がよく分かる、でもそれが段々と消えていって悲しくなってる姿に少しモヤモヤ
主人公がはっきり言えないタイプでそこも不快に思った
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

4.0

主人公が何をしたかったのかわからなかったしたとえくんもなかなか怖かった、「嬉しかったら態度で示せよ」的な発言に「?」が止まらんかった
過激なシーンあってちょっと苦手でした
そしてカラオケのシーンはいら
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.0

あの人達が言う「何歳でも関係ないさ」
バレないと思っているからそう言って女の子達を食い物にしている
日本にもこういう人達が沢山いる事を忘れないで
神経すり減らさせるような人達は1度刑務所へ行ってもまた
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

「危険な目に遭うのは本人の不注意のせい」聞き捨てならない発言と失望を感じた。夫が良かった、理解力があって、唯一の光だと感じた、身近にああいう人が居てくれたら助かる、でも病院行って欲しいって言うだけで付>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.5

クルエラを観てからヴィランズが気になってマレフィセントを観てみました。
悪役が最初から悪なわけではない、何かきっかけがあって悪になるだけで本当は優しい心を持っている。
マレフィセントが男運が悪い事だけ
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.5

格好良すぎて言葉に表すのが難しい
ドラケンの家族に対する思い、マイキーが隣に居る理由が分かったしどら焼き落とした時の可愛らしい感じ好きです
日向がいなかったら武道は成長しなかったし愛する人の気持ちや言
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.0

るろうに剣心を見る事ができなかったけど映画館で観たらめちゃくちゃ良かった。どうして彼がそうなったのかとか知らなかったけど理解ができた。他の作品も見てみたいと思いました。
有村架純がいい女過ぎる………
>>続きを読む

羊とオオカミの恋と殺人(2019年製作の映画)

3.0

はちゃめちゃサイコパス映画
運命的なふたりでどちらも気狂ってて好きです

ブラウン・バニー(2003年製作の映画)

1.5

セリフが少なくて好みじゃない
あらすじ見ないと分からない
人の心を弄ぶ主人公は好きではない
面白さがよく分からなかったけど
失恋したらああなるのかと思った

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.5

音楽から何から何まで最高でした
酔っていた方が悪いなんてそんな事自分の大事な人がそういう事になったり自分がそういう事になったりした時に言えるのか?!って感じで女も男もろくでもない人が多かった
最後はあ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

最初観た時は訳が分からずこの作品の何処が泣けるのかすら分からなかった、2回目視聴してやっと理解出来た、そして最後の最後にそうなるなんて誰が予想できたのか

ドアロック(2018年製作の映画)

3.6

どこの国の警察も無能
犯人が序盤で分かった女の勘凄いと改めて感じた
恐怖でも萎縮せず立ち向かった友人が一番格好良かった
ドアガチャガチャとエレベーターが怖いのに共感

さくら(2020年製作の映画)

3.0

一お兄ちゃんは私が助けます。
美貴の笑みが終始憎い。
薫くんがいてくれて良かった。
現実にあるような気がして重いのでもう一度観ようとは思いません。

キャストが豪華なだけあって期待し過ぎた

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.0

よく分からなかった、理解するのに時間がかかる。喧嘩のシーンと仲直りが早過ぎてそこもよく分からない。最後だけ良かった………なにあの終わり方…素敵…

飛べない鳥と優しいキツネ(2018年製作の映画)

2.0

初めは希望、中盤の苦しみ、最後は解放と幸せが見えた作品でした。

Dear Friends ディア フレンズ(2007年製作の映画)

2.5

人の痛みが分かる女性に成長出来た事が良かったと思いました。

メソッド(2017年製作の映画)

2.5

同性愛者か?
いいえ、でも好きなんです
この台詞良いと思いました
終わり方がヨンウ勝利って感じですね

ロマンスドール(2019年製作の映画)

2.5

男の人の怒った時に大声になる感じ本当に嫌い過ぎる
切ない感じ

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

歩くと頬が揺れるうさぎ達可愛すぎたし普通に面白かった、結構好き

完璧な他人(2018年製作の映画)

2.5

期待してたからか面白くなかったし結末があれなのは家庭があるからなのかそれか皆馬鹿なのか

公的な生活
私的な生活
秘密な生活

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

全曲良い曲でした。何故か孤独感が凄くてお金を持っていても寂しくて傍に沢山の人がいて沢山愛されているはずなのにそれを感じる事が難しく、フレディーも孤独感強めだと感じました。

クルエラ(2021年製作の映画)

5.0

最初からテンポも良くてダラダラするところは一切ないところでもう素晴らしい作品だと感じました。見れば見る程クルエラに釘付けになりました。金ボタンの服の正体があれだった時の興奮は忘れられないです。好きな作>>続きを読む

>|