ゆうとさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうと

ゆうと

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

昔、1回観てすごく大好きになったんだけど、もう1回観るとやっぱし傑作だな、と。ただのヴァイオレンスじゃなくて、タランティーノらしいわユーモア溢れるコメディ。

時間軸をいじるという工夫が面白い。

>>続きを読む

闇のあとの光(2012年製作の映画)

2.0

カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったので観た。

びっくりするくらい物語について行けなかった。

映像美は感じた。アート作品。

犬の虐待てだったり、スワッピングだったり、ラグビーだったり何が何だか?

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

3.7

たけし演じるハラ軍曹の笑顔がずっと脳裏に残る。それにしても、デヴィッド・ボウイがイケメンすぎ。

映画館で坂本龍一の音楽を聴けたのが、凄く嬉しい。

ハラ軍曹が酔って、2人を釈放するシーンは大好き。そ
>>続きを読む

ある過去の行方(2013年製作の映画)

3.4

第66回カンヌ国際映画祭の女優賞を撮ったと聞いて、当時、映画館に観に行った。

巧い。美しく、繊細で力強い映画。アスガー・ファルハディという監督を初めて知ったんだけど、かなり脚本力のある人だなぁ。評価
>>続きを読む

嵐電(2019年製作の映画)

3.2

正直言って意味がよく分からなかった。難しい。映画としては優れていると思う。
ただ、異世界系みたいな感じがどうも難しい。

それにしても名前が一癖あるな。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.5

面白いんだけど、面白いんだけど、説明が足りてない。面白いんだけどね

色々とクエスチョンなとこが多かった。

監督・ばんざい!(2007年製作の映画)

3.0

全く評価が付けれない。意味不明。
ただ、ひとつも面白くないことは確か。

世界の北野の破壊と構築。それの破壊の時期。

冒頭でヴァイオレンス映画は二度と撮らないって言ってる割には、「アウトレイジ」シリ
>>続きを読む

素晴らしき休日(2007年製作の映画)

3.3

本編の「監督・ばんざい!」より好き。
キッズリターンのファンとしてはたまらない。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.6

面白いんだけど、いささか長尺。少し疲れたなぁ。この映画を作るにあたって監督も結構な勇気が必要だったんじゃないかな。かなり攻めてるもんね。おいらは好きだよ。東出昌大も花菊の子も十勝川の子も大さんの子も演>>続きを読む

座頭市(2003年製作の映画)

3.6

北野武で1番売れた映画。まぁ、1番エンターテインメントだもんね。勝新太郎の座頭市とは全く別の座頭市を見事に見せてくれた。

とにかく、たけしの殺陣がかっこいい。めっちゃ速い。北野武らしい血しぶきでバイ
>>続きを読む

失楽園(1997年製作の映画)

2.5

今、ドラマでリメイクしたら話題になりそう、あ、でも性描写が激しすぎか。

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.6

おいらの好きな北野武監督ではなかったけど、面白い。

北野武の静けさが完全に消えた。

椎名桔平、加瀬亮カッコよすぎ。

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.5

伊勢谷友介がめっちゃかっこいい。

綾野剛がみんなに感謝されるシーン泣いたな。

沢尻エリカも山田優も綺麗。

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)

3.6

正直、石井裕也監督はあんまし好きじゃないんだけど、やっぱし天才なんだなと思わされた。

田舎の恐さと良さの描き方が上手い!

「アンアンだけが女の真実」ってこの発現まずいだろ笑

あの彼氏(?)が嫌い
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.7

おいおい、ここまで来たらロマンス通り越して
ラストの方はホラーじゃねぇかよ。
先に観てた友達が言うように登場人物みんな狂ってる。
個人的には共感出来るところが少しある
仲原くんを応援してたよ。「葉子さ
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

1.5

ディズニー嫌いを公言してたけど、意外と見てるのね

>|