ガーコさんの映画レビュー・感想・評価

ガーコ

ガーコ

試写会に行ったり、家で映画鑑賞したりと楽しんでます(o^^o)
1日一本が目標でしたが、現存難しい状況…。
可能な限りで感想を上げていきます!

基本的にジャンルは問いませんが、唯一苦手なのが恋愛映画。
特に好きなジャンルはSFやミステリーなどです(^^)

他の方の感想のレベルの高さに感動している日々です…。
自分も文章力を高めて、素敵な感想が書けるように頑張りたいと思います!

映画(481)
ドラマ(0)

町田くんの世界(2019年製作の映画)

5.0

私の隣に座っていたのが女子高生だったから、さぞかし共感するものかと思ったのだけど…。

意外と女子高生的には、町田くんの世界は、全然面白くないらしい。

なんとも、ダサすぎるのだろうか…。

対する3
>>続きを読む

バースデー・ワンダーランド(2019年製作の映画)

5.0

公開直前ということでスペシャル試写会!

原監督、キャラクターデザインのイリヤ・クブシノブさん、樋口真嗣監督という、豪華キャストを迎えた素晴らしい時間を堪能しました。

映画の裏話や、作画の苦労話など
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

5.0

これを戦争と考えるか、守備と捉えるか。

日本がもし、敵に攻められたとしたら、憲法9条を行使して、どこまで戦闘していくのか?

これをフィクションと考えるのか、数年後の未来に起こり得る現実と捉えるか?
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.5

子供がヒーロー!?

ちょっと不安な気持ちだったけど、全然心配なかった(笑)

大人顔負けに、見事にヒーローをこなす、ビリー少年の姿に、誰もが彼を応援したくなるはず!

大人がヒーローの映画が当たり前
>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

4.5

ジョン・C・ライリーさん大好き!

あの、優しくて包容力のある、愛されキャラの彼だからこそ、この役はぴったり!

2人のコンビが見事にハマっていました。

相方のヒョロッとしたスティーヴ・クーガンさん
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

4.5

前作の『さざなみ』の監督のことだけある。

人間の心の中を描くのが非常にうまいですね。

前作は熟年夫婦のすれ違いを描いた作品でしたが、今回は15歳の少年の人生を描いた作品。

このチャーリー君の演技
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.0

カンヌ映画祭で、脚本賞を獲得した期待作!

フライヤーにミステリーと書いてあるから、ミステリーなのだと思っていました。

でもふたを開けたら、童話のような寓話的ストーリー。

密かに教訓めいたヒントを
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.0

またまた、訳わかんない映画に出会ってしまった…。

解釈はその人に委ねられている系。

監督の意図することを、ああだこうだと考えながら鑑賞する映画。

結局答えの出ない終わり方をするので、もどかしい気
>>続きを読む

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

4.0

神様はなんて残酷なことをするんだろう。

あんなに可愛い笑顔の可愛らしい性格の彼に、白血病という宿命を負わせるなんて。

神様、神様、もし神様がいるなら、こんな純粋な彼にこんな酷い仕打ちをすることをや
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

5.0

鳥肌が…鳥肌が…。
鳥肌が止まらない!
始めから終わりまで、鳥肌地獄。
こんなにも精神が蝕まれるとは。

余計な知識を植え付けずに、素のままで観たのが良かったみたいです。

次々巻き起こる、不可解な現
>>続きを読む

トゥ・ウォーク・インビジブル(2017年製作の映画)

4.0

ブロンテ家の三姉妹の物語。

『嵐が丘』や『ジェーン・エア』を知っている人ならすごく楽しめる映画。

私はどちらも大ファンなので、彼女たちの生涯がわかってとても面白かったです。

男性と偽って、様々な
>>続きを読む

パパは奮闘中!(2018年製作の映画)

4.0

タイトルとのギャップにビックリ!
意外と深刻で深いテーマの映画でした。

実際殆ど笑えなかったし…。
でもこれは、家庭を持っている男女が是非見て、夫婦生活の在り方を考えてみて欲しい。

この映画に正解
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.5

戦争映画で、こんなにも手に汗握る展開になったのは久しぶり!

潜水艦という、新しい視点から繰り広げられる戦いにハラハラドキドキの連続でした。

5秒先はどうなるか分からないという、心臓はバクバクな展開
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

5.0

法律が国民の自由を制限させているとは、考えもしませんでした…。

法律は自由のためにあるべきではなかったのでしょうか?

法によって社会のルールは作られ、法によって多くの人が救われるべきはずが、多くの
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

4.5

やっぱりおそ松さんは最高だぜ!!


わたしの期待をはるかに上回る、バカ丸出しの6人に惚れまくり(^^)

6人の個性がここまできちんと描かれたのは、初めてかも!

わたしは、とど松推しなんですが…(
>>続きを読む

サンセット(2018年製作の映画)

3.5

久しぶりに訳の分からない映画を観てしまった…。

終わった瞬間ポカーンとなったのは、私だけではないはず…。

この映画は解説がなかったら、かなり厳しい作品と成り果てていたでしょう。

解説してくださっ
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.0

「私は私でよかった」

そう言えたら、病気だけの人生も少しは報われる気がします。

この映画は、不治の病で死ぬ運命にある、少女と少年の愛の物語。

発光病で死を目前にした主人公のまみずは、楽しみなんて
>>続きを読む

きばいやんせ!私(2019年製作の映画)

3.5

全国津々浦々色々な祭りはあるけど、鹿児島の最南端にこんな祭りがあるとは…。

タイトルの雰囲気から、もっとドタバタの破茶滅茶な映画かと思ったのですが、思ったより真面目な作品。

てっきり夏帆ちゃんと太
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

5.0

なんて深い映画なんでしょう。

これは、麻薬密売を行う運び屋のアクション映画ではなかった。

一人の老人の人生を描いた、愛情深いヒューマン映画でした。

この映画を作ろうと思ったきっかけは、NYタイム
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

4.5

女同士の政治バトルにハラハラドキドキ。

エリザベスVSメアリー。
イングランド対スコットランドの火花がバチバチと闘志を燃やしています。

一度も顔を見たことのない女王同士が、手紙のやり取り一つで、互
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

5.0

見事に騙されました(笑)

『ゴーン・ガール』以来の大どんでん返しに、まんまと罠にはまった私。

最初から最後まで、一瞬たりとも退屈しない、ノンストップミステリーを堪能しました。

女の執念って本当に
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5

涙が止まらない映画でした…。
久しぶりに心を揺さぶられる映画を観ました。

ずっと観たかった映画だっのですが、期待以上の素晴らしい作品。

インドでは、今でも年間8万人もの子供達が行方不明になっている
>>続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

4.0

葛飾北斎の娘を題材にしたアニメーション。

娘の声を杏ちゃんが当てていると知って鑑賞しました。


気風の良いサバサバした雰囲気は、杏ちゃんそっくり!
誰にも臆することなく、分け隔てなく話しかける自然
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.5

顔は笑っているけど、心では怒っている。
そんな営業スマイルのうまい役者を、よくぞここまで揃えました(笑)
と、拍手したくなる映画でした。

木村拓哉さんのピキッってなった表情情。
長澤まさみさんの引き
>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

4.0

ずっと観たかった映画の一つ。
ようやく観れて大満足です。

この映画は、フランスの第一次大戦で負傷した兵士の物語。
戦争で生き残った彼が、戦後どんな人生を歩むのか?
家族への嫌悪、友達への熱い友情など
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

5.0

生と死の狭間の島で生きる沖縄の人々。
彼らの生命力の強さに感動しました。

東側に島民が暮らし、西側にお墓を置いている。
この島の作りは、まさにあの世とこの世が並列した神秘的な世界。

人は死んでしま
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.5

清水富美加ちゃんの事件がすごく印象的だった映画。

どんだけ酷い話かと思ったら…。
意外と真面目。

人間の世界で吸血鬼がどうやって生きていくかを悩ませる話。

人間は彼らを駆逐しようとするけど、喰種
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

4.5

なんて素敵な神木隆之介君…。
なんて可愛い有村架純ちゃん。

2人の恋に胸がキュンキュンして、心臓がばくばくしてました!

スクリーンに釘付けになる程、2人のことを見入っていたので、目が少し痛いくらい
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

これが実話なのだからビックリ!
20歳とは思えない落ち着きと冷静さを兼ね備えた、まさに鋼鉄のような男。

上等兵だった彼が、脱走した先で手に入れたのは大尉の制服。
この制服には、無敵の力を秘めた恐ろし
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.5

ずっと観たかった映画の一つ。

原作をすでに読んでいたので、何となく結末は分かっていたと思っていたはずが…。

映像としてみると、よりリアルな世界を感じることができました。

そして、より一層命の重さ
>>続きを読む

乳酸菌飲料販売員の女(2017年製作の映画)

3.5

ちょっとエロすぎた(笑)

もう少しパロディ入ってるのかと思ったら、想像以上にエロかった…。

販売用の制服着た女の短パンと胸元がエロいこと。
あれでサラリーマンを誘惑して、たくさん売りまくってたのか
>>続きを読む

フロントランナー(2018年製作の映画)

4.0

誰を悪者とするのか、その判断に困るというか、何を持ってして正義というのか…。

うーん…。
真実はうやむやにされ葬られた感じ。

マスコミの汚さと、政治家のエロさだけが残る後味の悪い作品でした。
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

5.0

これは、半沢直樹以来の最高傑作でした!
キャスト、脚本、全てが面白かった!

これこそは、池井戸潤さんの作品の中でも、1位2位を争いそうな作品でした。

どれもこれも、見逃してはいけない重要なシーンば
>>続きを読む

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

4.0

涙が…涙がとまらなくなる…。
二人が出会ったのは、運命としか言いようがない。

出会い方が素敵!
偶然道端で拾った文庫本がまさかの運命の赤い糸。
本に書かれている詩が、二人の心を強い絆で結びつけてくれ
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

5.0

チワワちゃんの笑顔に引き込まれる〜。

主役が門脇麦ちゃんのように見せかけて、実は違った…。

この映画の主役は、チワワちゃんを見事に演じ切った吉田志織ちゃん!

線の細い体と大きな胸、すらっと長い足
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.5

グエムル=怪物って意味だとは知らなかった…。

下水に大量の化学薬品を垂れ流したことで、水害が発生。

そして…魚のようなタコのようなヤモリのような謎の巨大生物の誕生です!

人間を喰らう為に地上で暴
>>続きを読む

>|