menokiさんの映画レビュー・感想・評価

menoki

menoki

映画(282)
ドラマ(41)

獣人雪男(1955年製作の映画)

2.2

初代「ゴジラ」のスタッフが制作した封印作品。


あらすじ

日本アルプスで怪事件に遭遇したK大山岳部のメンバーは、駅の待合室で取材に来た新聞記者にその不可思議な体験を語り始めた。
冬山に挑んだK大山
>>続きを読む

なにぬねののの(2012年製作の映画)

2.9

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

ひらがなの「ぬ」が踊りながら10人に分身したと思ったら メガネになって死んだ。

な… 何を言っているのか わからねーと思うが、俺自身も 何を言ってるか わ
>>続きを読む

君と、徒然(2019年製作の映画)

2.3

Episode1 .17歳と17歳


いるよねー、こっちが小説(旅のラゴス)を読んで世界観に浸ってる中、横でごちゃごちゃと猿のように喚いて現実に引き戻してくるカス。
いるよねー、こっちが小説を読んで
>>続きを読む

「いる。」 ~怖すぎる投稿映像13本~(2013年製作の映画)

1.5

1.「渓谷の吊り橋」

投稿者は旅行を楽しんでいるカップル。
吊り橋から見下ろす渓谷は正に絶景なのだが、その笑顔も凍り付くことに・・・。


カップル2人が吊り橋を渡っていると、吊り橋の奥からババアが
>>続きを読む

ぞくり。怪談夜話~恐すぎて眠れない物語~(2016年製作の映画)

1.9

1.「おしなさま」

一人暮らしをする学生の陽子。
彼女には親戚から変人と噂される叔母がいた。
ある日、風邪をひいて寝込んでいる陽子の部屋に、その叔母が見舞いに来る。
親切心から陽子を気遣っているよう
>>続きを読む

絶対に怖い話(2015年製作の映画)

2.4

1.被写体のない写真

夜の山道を走る一台の車。
突然、目の前に下着姿でボロボロになった少女が現れた。
駆け寄る車のカップル。
放心状態の彼女の手には一枚の写真が握られていた……。



この話の構成
>>続きを読む

油断(2011年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

極力セリフを少なくし、演出・音楽・役者の演技で物語を表現している志は素晴らく、ある程度成功していると思う。

ただ、オチが余りにも分かり易すぎる。
最初の衣服を袋詰めはまだギリギリいいとしても、2回目
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ7(2003年製作の映画)

1.7

1.【死者から返却されたビデオ】

延滞されたレンタルビデオが家族から返却された。
借主が急死したという。そのビデオに重ね録りしたような不可解な映像が…。


心霊映像自体は全然怖くないし、エピソード
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ6(2003年製作の映画)

2.1

1.【再生出来ないビデオテープ】

交通事故を起こした車の中で撮影され、事故の瞬間もおさめられたビデオ。
撮影していた女性は死亡したというが…。


車内にて事故の瞬間を収められた映像らしいが、とても
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ5(2003年製作の映画)

1.7

1.【卒園式】

1985年に撮影された、投稿者自身の卒園式の模様。
カメラマンが撮影するフラッシュの光の中に不可解な顔が…。


どうやらこの動画を観ると熱が出るらしく、かなりの曰くつきの動画らしい
>>続きを読む

女雀龍伝  流血篇(2002年製作の映画)

2.1

まず本作のレビューの前に・・・。


N村大臣「みんな気が緩んでるよ。今までの苦労が水の泡だよ。」 (超上から目線)

A呆大臣「10万円、欲しい奴にはくれてやりますよ。」(超超上から目線。てかお前の
>>続きを読む

Lights Out(原題)(2013年製作の映画)

3.7

傑作ホラー「ライト/オフ」の原作となった、完成度の高いショートホラー。


本作は電気を消すと幽霊が出現し、電気を付けると幽霊が消えるといった非常にシンプルなコンセプトであるが、人間が本能的に感じる暗
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ4(2003年製作の映画)

1.6

1.【待合室】

待合室の監視カメラに写った幼い子供の白い足。
交通事故により両足を切断された亡くなった少年の浮遊霊であろうか…。


守衛が看護師に


守衛「何か変なの映ってるよ!!」


と、連
>>続きを読む

69コカンズ(2001年製作の映画)

1.6

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは ニコラス・ケイジ主演のどんな車でも60秒で盗み出す伝説の車泥棒を描いた「60セカンズ」を観ていたと思ったら いつのまにか どんな女も69秒でイかせ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ3(2003年製作の映画)

1.7

1.【野球場に現われる少年】

投稿者が知り合いの出場する野球の試合を応援しに行った際に撮られたビデオ。
グラウンドに少年の霊が…。


いや、霊じゃなくて生身の人だろ!!
ありえない場所にいた訳でも
>>続きを読む

SEX-MEN(2000年製作の映画)

1.4

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 「X-MEN」を観てたと思ったら いつのまにか 複数の女性と狼姦を繰り返す低脳ドスケベ狼男が、女性とSEXを重ねる度に野獣化(犬化)していき、最終
>>続きを読む

渋谷の女子高生たちが語った“呪いのリスト”9(2008年製作の映画)

1.6

1.川辺にて(再現VTR)


幽霊がキャンプに来たスイカを持っている女子高生にスライディングする話。

今まで物理攻撃をする幽霊は何度も見たことがあるけど、幽霊がスライディングで攻撃する話は初めてだ
>>続きを読む

チク・ビル(2004年製作の映画)

1.4

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 「キル・ビル」を観てたと思ったら いつのまにか 性感を失った女性が、乳首を立たせる意味不明な修行をする話になっていた」

な… 何を言っているのか
>>続きを読む

逃げ去る愛(年製作の映画)

1.2

最初から最後まで糞寒いポエムを恥ずかしげもなく話しているだけの虫未満の塵のような作品。

彼女「愛って何??」

彼氏「僕の瞳にあるものだよ」

彼女「愛はいつか風になって散っていく。」

彼氏「僕は
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ2(2003年製作の映画)

2.1

1.【作業服の男】

見た者すべてに災いが降りかかる呪いのビデオ。
旅行に行ったあるカップルが電車内で撮影したビデオに作業服の男の霊が映っていた…。
その映像を撮影した投稿者の恋人は失踪、ビデオを見た
>>続きを読む

Mrs. Tomiko(原題)(2017年製作の映画)

1.9

受験生は絶対に鑑賞しない方いい作品。


あらすじ
節子の40歳の誕生日の前夜に、40歳で他界した母が会いにやって来る。



よくハリウッド映画内で日本人がモブで出る場合、

「日本人の役をどうして
>>続きを読む

パール・マーラー(2001年製作の映画)

1.5

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 「パール・ハーバー」を観てたと思ったら いつのまにか 戦場にいる兵士が看護師のレズシーンをひたすら妄想する話になっていた」

な… 何を言っている
>>続きを読む

一妻多夫制(2014年製作の映画)

1.4

伊坂幸太郎の「オーファーザー」を不真面目なモキュメンタリーにしたような話。

あらすじ

夫婦関係とはただでさえややこしくて大変なものだ。
しかしもし夫が三人もいたらどうなるか?


よく映画を撮った
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ(2003年製作の映画)

2.0

1.【白い着物の女】

新居へ引越しした若夫婦。
作業も一段落つき、仲間たちと飲んでいる様子をおさめたビデオ。
まだ電源も入れていないテレビのブラウン管に白い着物を着た女の霊が写っている…。


記念
>>続きを読む

Darth Maul: Apprentice(原題)(2016年製作の映画)

3.6

史上最高の「スター・ウォーズ」ファン映画!!


あらすじ

未知の惑星で、ダース・モールは自分の能力を訓練し、ダース・シディアスの下でシスの訓練を完了するために敵を研究している。
そんな中、惑星の周
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 86(2019年製作の映画)

1.5

回を重ねるごとに劣化していく投稿物作品。


1.「シリーズ監視カメラ カーテンの向こう側」

投稿者の男性が、自宅マンションに設置したという、カメラ映像。夜中に窓を叩くような音がするため、監視用のカ
>>続きを読む

フェラディエーター(2000年製作の映画)

1.8

2001年、アカデミー賞を5部門受賞した作品といえば、リドリー・スコット監督の「グラディエーター」であり、古代ローマを舞台にした非常に完成度の高いスペクタル活劇である。
その作品をパロディ・エロスにし
>>続きを読む

写真会議委員の上陸(1895年製作の映画)

-

写真会議委員がリヨンに上陸する光景を映しただけの作品。
タイトルを見ないと上陸している人々が写真会議委員だと分からないし、そいつらが何しに上陸したかも不明。
そもそも写真会議委員って何だ??

何人か
>>続きを読む

悪夢(1896年製作の映画)

-

タイトルで「悪夢」となっているが、夢の住人が主人公に嫌がらせをするだけなので、どちらかと言えば「イライラする夢」な気が・・・。
特段面白い作品でもないが、映画史を勉強する為には鑑賞してもいいかもしれな
>>続きを読む

精氏902(2004年製作の映画)

1.3

新年1発目のレビューで、道端に落ちてる犬の糞の足元にも及ばないゴミを書くのもどうかと思うが・・・まぁいいか。

2004年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品といえば、マイケル・ムーア監督
>>続きを読む

カメラを止めるな!スピンオフ「ハリウッド大作戦!」(2019年製作の映画)

2.4

駄目なスピンオフの見本。

ヒットした作品は決まって続編を作られがちだが、大体の続編は前作よりも予算が増え、単純にパワーアップさせただけで、基本的な中身は前作と同じなパターンが多い。
B級スプラッター
>>続きを読む

ヒドゥン・フェイス(2011年製作の映画)

3.7

あ…ありのまま
今起こった事を話すぜ!

おれは、「女を取っ替え引っ替えばかりするイケメン低脳チンポマン」と「普段は清楚系を装っているが、イケメンを見るとケツがヘリウムより軽くなる清楚系淫乱ドスケベビ
>>続きを読む

まんが日本昔ばなし “桃太郎”(1977年製作の映画)

3.4

恐らく日本で一番有名な昔話「桃太郎」を「まんが日本昔ばなし」にて映像化した作品。


あらすじ

川に洗濯にでかけたおばあさんは、川上から流れてきた桃を家に持ち帰ります。
その桃を食べようと切ると中か
>>続きを読む

自動ソーセージ屋(1895年製作の映画)

-

生きた肥え太った豚を横長の箱に入れると、箱から豚の頭やらソーセージやらが出てくるだけの話。
一応マジックをしているつもりなのだろうが、レベルとしては「欽ちゃんの仮装大賞」以下のクオリティなので、何一つ
>>続きを読む

馬芸(1895年製作の映画)

-

鞍が装着されていない馬に乗ろうとしている紳士を描いた作品。

個人的には単調でつまらない作品であったものの、3才になる息子がズボンをぶん投げながら喜んでいたので別にいいのだけど、ラストの紳士の腰振りは
>>続きを読む

バンビの息子、ゴジラに会う(1999年製作の映画)

1.3

前作以上にプロダクション・バリューが低いブタのチンカスのような作品。


本作では東宝のゴジラではなく、エメリッヒのイグアナゴジラと前作で踏み殺されたバンビの息子が対峙(?)する。
そして前作の単純な
>>続きを読む

>|