ゆうきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうき

ゆうき

映画(499)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マダムのおかしな晩餐会(2016年製作の映画)

4.0

思いがけなく凄く面白かった。寝ちゃうかな?と思ったけど全然。笑ったり、ハラハラしたり、キュンとしたり、少し泣いたり。私も映画はやっぱりハッピーエンドが好きだよ。人は人の何に惹かれて、何を愛するんだろう>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

ちょーー面白かったーー!!!1作目もそうなんだけど、個人的に序盤はなかなか乗り切れないんだけど、エンジンがかかるとあとは猛スピード。面白さに振り落とされそう。で、私は来週続きを観られる予定なんですけど>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

原作読んだのがだいぶ前なので細かい部分は覚えてませんが、大筋は合わせつつ映画的に面白くしてあるな、と曖昧に思いました。映画はハリウッド版も本国版も実は未見で、でもだから変に比べることなくフラットに楽し>>続きを読む

特捜部Q -カルテ番号64-(2018年製作の映画)

4.5

めっっっっちゃ面白かったあああああ!!!過去作では「キジ殺し」が1番好きなんだけど、なんかもう余裕で超えてきてくれた。とても重い題材だったけど観られて良かった…てゆーかこれが一部劇場での限定上映なんて>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

もうだめ、目が溶けるほど泣いた…あんなの見せたらむり…でもでもさ、正直ヴィクターを応援しちゃったよね。ヴィクター、可哀想だよ、ヴィクター。2作目にありがちな事として主人公が途中ちょっと荒れるけど、前作>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

4.0

やっと観たー!!面白かったーー!!!機関銃のようにまくし立てられるイタリア語の響きに乗せられて、あれよあれよと言う間に吸い込まれていた。やっぱりね、賢い人たちが集まって何かやってやろうという話は面白い>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

4.5

めっちゃ良かった…映画納めにふさわしい作品でした。だいぶ予告詐欺で思ってたよりかなり重い映画だったけど、すごく良かった。過去の憎しみを捨てなければ平和は訪れない、それは真実なんだけど、第三者だから言え>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

完全に自分の中にもラルフがいる自覚があるので観ていてつらかった。友情も愛情も重荷にならないように気をつけたい…くるしい。D社のセルフパロディはいささかやり過ぎかなと若干鼻についたけどプリンセスたち最高>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

予告で「ははーん、さてはこうだな」と思ってた通りに話は進むんだけど、着地が予想外でびっくりした。オリジナルも最初のリメイクも観てなかったものですから…そこに至る過程は現代的になっていたのかもしれない。>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.0

観ることが出来て本当に良かった…あのさ、主人公のジョニーが最初びっくりするくらい嫌な奴で「まじなの?!」って思ったんですよ、でも捻くれざるをえない状況にあるのもわかるから、荒んだ姿が痛々しいの。そこへ>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

3.5

この手の設定の話には厳しくなりがちなんですけど(不倫は不倫ではないか!)、愛する人を失った悲しみ、苦しみを誰にも言えず、ただただ飲み込むことしか出来ないトーマスの揺れる瞳を見ていたら「好きになっちゃう>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

5.0

めっっちゃくちゃ面白かった。腰が抜けた。無理くりオールキャラ出して各々見せ場を作るみたいな映画版らしい作りをスパッとやめて、サイヤ人vsサイヤ人の戦いに特化させたのがとても良かったと思う。冒頭からいき>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.5

恋愛ものが苦手なんですが、これは予告観て「いけるかも?」と思ったんですけど、なるほど、こーゆースタイルなのか!
主演ふたり以外は全くセリフのない会話劇だったのでした。なるほど、なるほど。ウィノナに「一
>>続きを読む

プッシャー2(2004年製作の映画)

4.0

前半マッツがなかなかにアホな子で結構キツかったんだけど、ちょっと待ってよ最後泣くわこんなん…そんな顔するのかよ…マッツにこの役をやらせたレフンはやっぱり天才なのかよ…でもあのオムツは多分前後逆なのでハ>>続きを読む

メン&チキン(2015年製作の映画)

4.5

うおおおやっと観られたー!!めっちゃ面白かった!!!!!本国映画に出てるマッツ、ほんとハリウッド映画に出てる時と全然違って、いろんなキャラを見せてくれるから楽しくて大好き。他のキャストもちょー豪華、ブ>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

久々にこーゆーど直球のファンタジー観た。やたら説教くさかったりダークに寄り過ぎることなく、子供と一緒に安心して観られるなーとゆー洋画、こーゆーのもたくさんあっていいと思う。尺も100分と短くて思ったよ>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

邦題長いね、覚えられない。2作目から飛ばしてきたなぁ、前作で「どうぶつ♡」とか思って観に来た子供達を一気にふるいにかけるやつ。児童文学の枠を取っ払ったローリングはただの鬼畜だな。いろいろとつらい。
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

返す返すも「1987」の前にこれを観ておけば…と思いますが、後追いでも観られて良かったです。とはいえこの先にまだ「1987」があるのかと思うと暗澹たる気持ちにもなる。これはまさに韓国の闘いの歴史なんだ>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.5

す、凄かった…何度も口がポカーンとなってしまい顎が外れるかと思った。1作目も凄かったけど、ちょうど酷い低気圧の日に観たら体調悪くて前半は睡魔との戦いだったんだよねー。今回は寝る暇無しです。余計なものが>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

とても良かった…クイーンはフレディが亡くなってから聴き始めたので完全に後追いなんですけど、だからこそやっとリアルタイムで彼らを見て、音を聴けた気持ちになれた。あのライブエイドの会場へ連れてってくれてあ>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

あ、ちょっと、これ好き…すごい好き…ずっと見ていたい。ヴェノムとゆーとライミ版スパイディのあれしかイメージが無かったので単独作と言われてもずっとピンときてなかったんだけど、あぁそうなの!ヴェノムってこ>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

4.0

「運命は踊る」観たー。運命がたとえばどこへ行っても同じ場所に戻ってくるダンスのようなものであるのならば、出来るだけ苦しみも悲しみも無い最短距離でその場所へ連れて行って欲しいと願った。でも犬には優しく。>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

面白かったー!最初は画面の閉塞感がつらくて入り込みにくかったけどいつの間にか忘れていた。ここはどう見せるのかな?とか楽しみながら観ました。見せ方の面白さにこだわり過ぎてミステリとしてはわりと穴だらけな>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

うっ、つらい…つらいつらいとは聞いてたけどほんとにつらかった…フロリダ娘が連れてきた南国の空気も一瞬で凍らす雪の大地よ。つらいことがとても多かったのですが、個人的にとても刺さったのがお父さんの「誰にも>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

すごく面白かったのに、こんな悲しい気持ちで映画館を出ることになるなんて…どっちでも良かった、どっちでも良かったから、同じ方向に振り切れてくれたら良かったのに。どっちにいったって応援したのに。切ないよう>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.5

桁外れな金持ちがやることを見るのは楽しいなぁ。私も「きれいなお花が咲いたので」ってパーティー開いてみたい。あの結婚式も素敵だったよね。濡れるじゃん?!って思ったけど、真のリッチはそんなこと気にしないん>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

うう、言葉にならない。どっちもどっちだし謝っちゃえばいいじゃんと思うけど、それぞれに傷があり、過去があり、誇りがあり、簡単にはさせてくれない。でも、だからこそ、やっぱり言いたい、謝っちゃえばいいじゃん>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

ちょー良かった…猛プッシュしてくれたみんなありがとう。物語の世界は嘘だけど、物語に人は癒され慰められ生かされる時もあるし、時には物語が偽りの世界を真実に変えることもある。ずっとブリグズビーの世界に浸っ>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

もっととんでもない映画かと思ったら意外にちゃんとしてた。冒頭一気に引き込まれてあれは上手いなぁと思ったよ。そこから本題に入るまでがちょっと長いかなと思ったけど。ロック様は繊細な感情表現も本当にお上手。>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.5

韓国映画ってすごい勢いで泣かせにかかってくるじゃないですか、その波に乗っかるのがまた気持ち良かったりもするんだけど、この作品はそーゆー流れは全然感じないのに気がつくと涙が溢れて溢れて止まらなかった。久>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

100エーカーの森があんまりにも美しくてそれだけで涙が出てしまった私、疲れているのかしら。「くまのプーさん」が特に好きでも嫌いでもないのでそれほど期待してもいなかったけどじわじわ良かった。何もしないっ>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

生まれて初めてプレデターさんと結婚したいと思いました。ちょっとドジっ子であわてんぼうさんの一面もあるけど、ひとたび武器を手に取ると誰にも負けないプレデターさん。わりと律儀なところもあるプレデターさん。>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

いやぁ、夏ですねぇ。夏は1本くらいサメ映画観ないとね。しかもステイサム主演だってんだからこりゃ贅沢だ。ステイサムがいなかったら成り立たなかったのではとも言える。中華美女がガンガン現場に出張ってくるのは>>続きを読む

デイブレイカー(2009年製作の映画)

5.0

「良い」しかない…うっ、全てのイーサン・ホークが良い。血みどろの未来も最高。あとサム・ニールめっちゃセクシーね!これはソフト買うでしょう。
ちょっと「ガタカ」みがあってすごく好き、デイブレイカー。イー
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

前作もだいぶ軸は歪んでたけど一応ストーリーがあって、物語の舞台を生かして、ちゃんと話しを作ろう!って気概はあった気がするんだけど、続編はそのあたりはもうぶん投げて「とにかくABBAが最高だからさ、みん>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

4.5

スポーツ全般に疎いので、さすがにマッケンローの名前は知ってたけどボルグはこの映画で初めて知りました。当然こんな凄い試合があったことも。テニス無知の私でも息を呑み、拳を握ってしまう凄い試合だった。そして>>続きを読む

>|