ゆさんの映画レビュー・感想・評価

ゆ

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

映画館で見ておけば良かった〜と後悔。曲は知ってるけどQueenについては殆ど知らずに見たから驚いたことことも多々。メンバーを家族だと思っていたからこそ孤独を感じてしまう辺りから胸が苦しくなった。“I >>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

-

お父さんがいてお母さんがいて。それが当たり前でそれだけが家族じゃないんだよって教えてくれるあたたかい作品。お互いを大事に思い合えたらもうそれは家族。どんな形だっていい。國村隼さん演じるお義父さんが素敵>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

-

お弁当ってあの小さな空間に愛が詰まってる感じがする。『毎日きっちりなるべく満足できるように食べること。そしたらなんでも上手くいくから。色んなものを食べるってことはそれだけ世界が広がるってこと。』ってセ>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

-

失ってから気付くようじゃ遅い。『自分を大事に思ってくれてる人を〜』のセリフ、一生忘れないようにしよう。西川監督の映画、『すばらしき世界』の時もだけど秀逸なのよ…終わってからその意味を色々考えさせられる>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

-

パリの街並みがとっても素敵。夜でも雨でもパリは美しい。今じゃなくて過去に憧れてしまう気持ちもなんとなくわかるなぁ。ダリだよ〜!って繰り返すダリが一番可愛かった(笑)

キツツキと雨(2011年製作の映画)

-

役所広司も小栗旬も愛おしい。自信のない監督が徐々に自分を持っていくようになるのと撮影陣の中の関係性と彼らとと村の人たちとの関係性、そして役所広司と小栗旬の関係性それぞれが段々と近くなっていく様子が、見>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

-

こんなの現実で見たら人類みな生きる力が漲りそう。死を受け入れるのか闘うのか、まず始めるんだ。ってセリフかっこよすぎたなぁ…。途中専門的すぎてついていけなかったとこあるけど生きるためには知識を持ってるこ>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

-

1つの食事をみんなで分け合って徐々に家族になっていき、懐かしい思い出の食事であの頃を思い出す。家族と食べたご飯って久しぶりに食べてもその時の思い出も一緒に思い浮かぶよなぁってお通夜の話だけど何だかほっ>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

-

当時のあの悲惨な状況の中でも何としてでも子供達を守って生きないとという保母さん達の強い思いを通してどれだけ辛くて悲しくて耐えられないことが続いても生きていたら何とかなるということを改めて教えてくれた映>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

-

この2人の組み合わせの映画は見てみたいと思い…。人を見る時はその裏っ側。影の1番濃いとこを見んだよ。って言葉が印象的。心を許した友人の知らなかった本当の姿を知った時、信じるのか、受け入れるのか。今迄見>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

有名俳優が沢山登場するからみんなが怪しく見える。ホテルマンの長澤まさみ、木村拓哉かっこいい…東野圭吾作品やっぱり面白いなぁ…続編楽しみ!

ステップ(2020年製作の映画)

-

こういう題材の映画だと子供が学校で孤独を感じるシーンや周りの人達の心無い言葉に苦しむシーンが描かれることが多いイメージだけど周りの人達がみんな暖かくて私まで優しい気持ちになれてすごく良かった。感動した>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

-

吉高由里子の視力を失った人の演技がすごかった…ボクシングのシーンは痛そうすぎてほぼ見れてないのと野間口さんと町田啓太を嫌いになりそう(笑)『日頃何となく見ていたものが意外と覚えていなかった』というセリ>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

-

さすがコナン!久しぶりに映画館で見たけど面白かった!赤井さんかっこよかった……流石に今回はみんな死ぬかと思った…内容忘れちゃってるのとか見逃してる過去のコナン映画見たくなった!

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

-

久しぶりのコナン。相変わらず解決までの最後15分くらいが激しい(笑)安室さんのこと好きになる理由がわかる…!

天気の子(2019年製作の映画)

-

やっと!なんて綺麗な映像。雨はあんまり好きじゃないけどこの映像を見てると雨も悪くない、美しいかもって思ってしまうくらい綺麗。こんなのあり得ない不思議な世界の話とか思ってしまいそうだけどTVで放送された>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

なぜあんなに2人が急速に惹かれあったのかだけが展開が急過ぎてわからなかった…。『未来は常に過去を変えている』というセリフは私の知ってる過去は変えられないという考え方とは違ったけど過去の事実は変えられな>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

全てがPC上で展開する今までに見たことのない映画。SNSとかネットで全てがわかるように見えてそれだけではその人の本当の姿は分からないというところがこの映画の面白いところなのかなと思った。とは言えSNS>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

-

今更だけどすごく良かった…親友との別れのシーンと最後のダンスシーンめっちゃ泣いてしまった。蒼井優ちゃんのダンスシーン素敵過ぎた…すごい練習したんだろうなぁ…最後みんなで踊るシーンはみんな涙流しながらも>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

-

タイムパラドクス系の映画。物語の進み方は突然過ぎるところはあったけど…私も高橋一生の隣の部屋に引っ越してきてケチの言い合いをしたい人生だった…

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

-

生きてること息してることが当たり前すぎて人生のタイムリミットが分かった時にやっと今生きてることを感じられるんだろうなぁ…って感じる映画でした。絶対見終わった時龍也〜〜〜!ってなる…

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

-

夜の星空も真夏の日々も一つ一つのシーンがすごく優しくて綺麗だった。清原果耶ちゃん目当てに見たけど家族に対する想いとか恋してる感じとか繊細に表現されてて果耶ちゃんの涙を見て私も泣いてしまった。星ばぁとの>>続きを読む

チア男子!!(2019年製作の映画)

-

後輩ちゃんにおすすめされて。部活の熱い感じはやっぱりグッとくるものがある。どんどん成長していくのが目に見えてシンプルにすごかった!男の人のチアもステキ!私も応援されてる気持ちになった!

>|