ピピさんの映画レビュー・感想・評価 - 7ページ目

ピピ

ピピ

ベストムービーに『時計じかけのオレンジ』入れたいんだけど、入らないんだよね。10本って少ない。

何でもかんでも観たい人。
スコアは直感ですが、3.5を平均にします。
ベストムービーはもはや全部1位。

レビュー&考察読むのが好き。
私が大傑作だと思っても、駄作だろと思う人がいるのが面白いところ。反対も然り。
映画廃人。

映画(1006)
ドラマ(36)

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.8

ちょっと笑かしにきてるとこが多くて良かった。ホラーにコメディー要素入れるエンタメ性高い作品が好きなので。

でもちゃんとこわくて、まんまと騙されて観てたし、弟くんのラップ良かった。

あれは潔癖症じゃ
>>続きを読む

El empleo(原題)(2008年製作の映画)

4.0

こういう作品、すごく好きです。

人は人のために働くのです。

https://vimeo.com/opusbou/el-empleo-the-employment

映画 山田孝之3D(2017年製作の映画)

3.0

マジで77分だったかってほどに長く感じた。

山田さんの恐ろしい演技法聞けたのは良かったです。すんごい。(本当か分からんけど)

『山田孝之のカンヌ映画祭』と同じ映像使ってくるとこがあったのは若干萎え
>>続きを読む

Candy.zip(2017年製作の映画)

4.5

他に聞いたこと、観たことない
プラバンコマ撮りアニメーション。

本当にキャンディーみたいで、プラバンとレジンのつる艶感が出てて良いな。

あんな上司か同期いたら嫌だな…
はたまた後輩かな…。

SK
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

神妙な面持ち。
ミーニャン。
一期一会。

関西弁っていいな。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

普通のラブストーリーじゃなくて、むしろヒューマンドラマ。

もしわたしがヒロインのルーだったらどうするか、もしウィルだったら、、と考え込んでしまいました。

でもさすがに彼氏の立場は可哀想だった。
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.5

【日本映画初サンダンス映画祭
短編部門グランプリ受賞作品】

カラコレ〜〜!!って叫びたくなるほど彩度ブチ上げててとっても良い。

狭山といえば狭山茶ですが、この作品にはもっとショッキングな緑の
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

3.5

男子高校生のウェーイ感がずっと漂ってて良い。ゆるーい作品。

婦人トイレ(笑)

エンディングの『マジ感謝』って曲、語彙力皆無で耳から離れません。

男子高校生なのに女子意識しすぎなピュアピュアすぎて
>>続きを読む

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

3.0

これこそ少女マンガの実写化で、
ドSな恭也↗︎くん(このイントネーションが大事。内田の裕也↗︎さんと同じイントネーション。)を見事に3次元に持ってきてて、まぁ、、、、ウザい。

あのドSな黒王子はマン
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.8

マイク・ミルズ監督作品。
期待を裏切らないいつも通りの、人生を見つめ直す温かい作品でした。幸せいっぱいです。

この監督毎回同じような作品撮ってるな〜と考えることもできるんだけど、良いんです!!なぜな
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

今私が生きているこの世界は実は誰かが作り出した物語で、もっと大きな世界が存在するのかもしれない。

そんなことを小学生の時に思って、これ小説にしたら売れるんじゃねとか考えてました。

仮想現実。マトリ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.7

まず、マカヴォイ老けたな〜と思った。
でも、マカヴォイの演技ってやっぱりスゴイ!

現実的であり、非現実的であり。
螺旋階段の構図とか、通路の構図とかは、対角線を引きたくなるほどに綺麗。

初、えむな
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

勝手にファンタジー映画だと思ってたからびっくりした…。

巧妙なんだろうけど、少年にこんなにも意図も簡単に騙されまくる国大丈夫かってなった。

さすがに医者はキツイ。

ずっと面白かったな〜
頭良すぎ
>>続きを読む

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

3.5

確か小学生の頃、朝礼前の読書タイムで、木下半太さんの原作小説を読んでハマって、悪夢シリーズを読んだ記憶…。

すっかり内容を忘れてたので、
しっかり楽しめました(笑)

話がしっかり練られてて良い。
>>続きを読む

亀虫(2003年製作の映画)

3.2

しゅーーーる。
レッドロブスター。

冨永監督と中原昌也さんのオーディオコメンタリーで、中原さんが何かをくっちゃくっちゃ食べながら、杉山ひこひこさんをディスってる(愛ある)のめっちゃ笑った。
「なんで
>>続きを読む

スイート・スイート・ビレッジ(1985年製作の映画)

4.0

すごく好きな作品に出会えました☺️
もっと多くの人に観てほしい…!

ふとっちょちっさいおっさんと、
ヒョロッと細長いにいちゃんの、
とあるチェコの小さな村での物語🌳

まずこのおっさんパヴェクと、に
>>続きを読む

ある優しき殺人者の記録(2014年製作の映画)

3.8

同じ白石監督の『オカルト』に似てる…。

日本人出てきてからカオスなシーンがあって笑っちゃう。

この作品を一応女子の私に勧めるかね、先生よ…(有難い、面白かったって伝えなきゃ。)

またそのパターン
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.4

東京の人は冷たいとか言うけど、その大半が地方から出てきた人だから。(持論)

最果タヒさんの詩があまり好きじゃないのに観に行って、やっぱり苦しい。エモい。

詩が原作だから当たり前だけど言葉が多すぎた
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.3

映画はエンターテイメント。
こうでなくっちゃ!!

今日はTOHOシネマズデイで、場内満席、すんごい観にくい端の席だったけど、とっても面白かった。とってもきれいだった。

莫大な宣伝費を持った薄っぺら
>>続きを読む

サムサッカー(2005年製作の映画)

4.0

マイク・ミルズ監督の心に寄り添うような作品がだいすき。

高校生の時に観た『人生はビギナーズ』のテレタビーズのとこ面白かったなぁと思いだして、ずっと観たかった『サムサッカー』を。

幻想シーンを描く時
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.0

プログラム買って相関図を読みこみ一通り理解した上で観て良かった3時間56分。

本当にどこを切り取っても美しい映像が続いてて、話も面白いけど何より画!映像!な3時間56分。

お手本のような映画だった
>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.6

以前、WOWOWで。
帝一の國観たいなあと思ったら同じ監督だった。

CM界にもカンヌがあることをこの映画で知った。

めちゃくちゃふざけてる。
福田組ぐらいふざけてる。笑

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.9

みんなが『スウィート17モンスター』で盛り上がる中、あえての『ゴーストワールド』

そんな変にこじらせちゃうのか〜つらいつらい!素直になって!!と見守り鑑賞。







↓ちょいネタバレ
>>続きを読む

マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~(2007年製作の映画)

3.0

マークジェイコブスとルイヴィトンが同じ傘下だということも知らない人間でした。映画感ないけど、編集の仕方が面白かった。

これを見てプレタポルテの裏側がわかった気がする。マークジェイコブスはオリジナリテ
>>続きを読む

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

2.8

謎の瞬間移動と変顔にンフッって笑いが漏れた映画。

なんでブタ?🐷

POVなのは面白かったけど、全編じゃないんだね。。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.1

吉祥寺はずいぶん変わってしまったんだけれども、変わらない場所もある。それが井の頭公園(PARKS)なんだなあ〜と。

演劇だったらよかった。
ロロが演劇版PARKSやったらしいけど、時を刻む感じはまま
>>続きを読む

POV(ピーオーヴィ) 〜呪われたフィルム〜(2012年製作の映画)

3.1

鶴田法男監督のフェイクドキュメンタリー。
ほん怖っぽいなと思ったら、鶴田監督ほん怖の人だった、納得。

文字通り終始POVショットの映画。

志田未来ちゃんは志田未来ちゃんを演じすぎてるし、川口春奈ち
>>続きを読む

その男狂棒に突き(2003年製作の映画)

3.3

山下敦弘監督のフェイクドキュメンタリー。

え、山本剛史さんじゃん(笑)って思いながら楽しく鑑賞。

すんごいキレるキレる。刑事なのに完全にヤバイ人(笑)

山田孝之の東京都北区赤羽とか山田孝之のカン
>>続きを読む

小村は何故、真顔で涙を流したのか?(2014年製作の映画)

3.7

すっかり二宮監督と小村昌士さんのファン。
ルーテというサイトで28日16時まで観れるというから観てみました。

踏切→カレーのシーンからいい意味で裏切られ(まんまと騙され?)、楽しかったですね。

>>続きを読む

MATSUMOTO TRIBE(2016年製作の映画)

4.4

なんかすごく悔しいけどすごく面白かったよ!!!!!!!

この作品もどこまで本当か分かんないフェイクドキュメンタリーだったけど、松本ファイターと小村にイライライライラしながら、この作品の虜になっていた
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.3

巨匠アッバス・キアロスタミ監督作品の助監督経験があるらしい、パナヒ監督。

どこまでが本当なのか。
本当にドキュメンタリーなのか。

画面に映った血が、本物の血なのか血糊なのか見分けがつかなくて怖くな
>>続きを読む

ロジャー・ラビット(1988年製作の映画)

4.4

80年代にこんなに綺麗にアニメと実写を融合して、ゼメキス監督は本当偉大。

今じゃ考えられない豪華キャラクターメンバー。

2017.30