ユウさんの映画レビュー・感想・評価

ユウ

ユウ

自分のメモ用に。
毎週1本目標!感想も3行くらいだけでも!

映画(12)
ドラマ(0)
  • 12Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.2

自分用。

各々の視点から犯人を探っていく話。
主人公の綾野剛は、正義感ではなく自分がディレクターとしてのし上がるためのネタとして事件を追う。
その中で彼の中で変化はあるのだろうか。
→結局は操られて
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.0

自分用メモ。


音楽、中田ヤスタカ。
あまり自分の知ってる中田ヤスタカらしさを感じなかった。

面接
採用する側
うまい人間ではなく、売れる人間がほしい
だから個性、独特さ、唯一無二、使い所のイメー
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.2

自分用メモ。

友人と語ってスッキリしたからサラッと残しておきたい感想だけ。

音楽が良い。
好みだったから中田ヤスタカかと思った。
あと美術も美しい。

スキンがかっこいいのはもちろん、ボンベロにこ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.9

自分用メモ。


「あーあ。私って本当くそヘタレ。
思ってることたくさんあるのに、なにひとつ言えてないんですよ。」から始まる。

なんだか、やたら自分を卑下して自尊心低そうな主人公。

口の悪さとか、
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.3

自分用メモ。

鬱について理解が得られた。
堺雅人の鬱のお芝居が少しソフトに表現してあるから見やすかった。

うつ病は誰でもなる。心の風邪みたいなもの。

眠れないのと、やたら眠いのどちらがマシだろう
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.3

自分用メモ。

アキコ(高畑充希)の甘えっぷりがかわいい
色々な夫婦が出てきたけど、死んだ後も最後まで冷めずに愛し合える相手できたら良いなぁと月並みに思ったり。

アキコと先生はどういう出会いで結婚し
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

4.0

自分用メモ。

阿部サダヲが面白い!
声の幅広くて、普段の対話重んじようとしてる時とキレた時のギャップ良いなぁ。
・ヌマタ!
・フリップボードめくる時
ここ好きw


岡田将生、目つきがやらしいって言
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.5

自分用メモ。


建設現場で働き、左目が見えないシンジ。
昼は看護婦、夜はガールズバーで働いてるミカ。


難しく感覚的にしかつかめなかった。
一番なにを伝えたかったんだろう。

○シンジのうるさい感
>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

自分用メモ。

1時間ちょいの短めの作品。

男女の友情は成立するのか。
友情→恋愛→これを更に飛び越えた先に真の男女の友情がある、ってこと?

どこまでして友達のままいられるか実験しようって言ったの
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.5

主人公たちの年齢に近づいた今改めてみると当時とは違った見え方するかなと思って10年ぶりくらいに観た。

長澤まさみがかわいい、エロい。
こういう大人の恋愛もあるんだなぁと自分に教えてくれた。
直接的な
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.5

有村架純は表情が良い。
良い子そうなのにどこかミステリアスというか知的さがあるというか。
底が見えない。

坂口健太郎が嫉妬で怒るとこは良かった。
普段温和なだけに顔は笑顔で、言葉が強いのがこわい。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

究極の愛の話。
最初阿部サダヲは、不気味な人だったが最後に実はそれは愛ゆえの行動で蒼井優を守るためのものだった。

蒼井優の濡れ場の色気がすごかった。
松坂桃李は仕事できる男なのにどこか変態チックで面
>>続きを読む